挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
彼と彼女の千文字会話 作者:江見村元素

同棲編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

59/1933

賞味期限

 コタツの中で足を温め、窓の向こうの夕焼けと街の灯りを見つめながら。
 一日の終わりに、二人は他愛ない会話を始めます。



「今日の晩御飯はツナマヨにしましょう。無性に食べたくなりました」

「たまには手抜きでもいいか。じゃ、ツナ取って」

「はーい。あ、この缶詰、賞味期限切れてます」

「それは多分、昔実家から送ってもらったやつだ。どのくらい前?」

「えーっと、だいたい七百七十七万秒」

「なんで秒単位なんだ。何ヵ月前?」

「三ヶ月です」

「オーケー、そのくらいなら許容範囲。缶詰なんて開けてみて匂わなければ問題ないよ」

「そんなものですか。食べ物の賞味期限って、切れた後いつまで大丈夫なんですかね」

「消『費』期限なら切れた時点でダメなんだろうけど、賞味期限だと物によるよね。卵とか牛乳は一週間もしたらヤバい気がする」

「人にもよりますよね。一週間くらい大丈夫って人もいれば、一日越えたら使えない人もいますし。生鮮食品に限れば私は後者です」

「潔癖だな。でも君の場合は賞味期限切れてようが切れてまいが関係ないだろ。どうせ食べられなくなるし」

「そう言いつつも、ちゃんと食べてくれるあなたが好きですよ」

「もったいないから。別に君が作ったからだとかそういうのはない」

「ツンデレですね」

「デレてない」

「ところで、あなたの賞味期限はあと五年ほどですかね」

「ところでじゃないよ。いきなり何を言い出す。そして地味に短くてリアル」

「まあ何年過ぎても食べてあげますから、安心してください」

「良いこと言ってる風だけど最低だ。そういう君の賞味期限はあと何年?」

「今日です」

「短っ! え、それでいいの?」

「毎日劣化する一方ですよ。だから早く覚悟を決めてください。まあ腐っても鯛という言葉もありますが」

「それはただの腐った鯛じゃないかと前々から思ってる」

「腐っても美少女、と言い換えればあら不思議」

「僕はゾンビ趣味ないから」

「でも例えばですよ? 私が死んで、お墓から甦って、あなたに性行為を迫れば」

「いつもの君じゃないか」



 日は山に隠れ、星々が輝き出しました。
 月が今日を急かしていますが、二人の一日はまだ少しだけ続きます。
勝手にランキング参加中↑↑↓↓←→←→BA
小説家になろう 勝手にランキング

cont_access.php?citi_cont_id=361022146&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ