挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
彼と彼女の千文字会話 作者:江見村元素

同棲編

58/1866

いい風呂

 コタツの中で足を温め、窓の向こうの夕焼けと街の灯りを見つめながら。
 一日の終わりに、二人は他愛ない会話を始めます。



「今日はいい風呂の日ですね」

「十一月ってなにかしら記念日が作れるよね。『いい』で始められるからだろうけど。いい夫婦だとかいい風呂だとかいい肉だとか」

「残念ながらいい夫婦の日は逃してしまいました」

「そもそも夫婦じゃないし」

「まだ夫婦じゃないことが驚きですよ。思えばあの日に入籍しておけば良かったんです」

「急展開……でもない気がするのが恐ろしい。なんだこの外堀を埋める早さ」

「さぁ、そのぶん今日はいい風呂の日を満喫しましょう。というわけで、一緒に入浴しませんか?」

「そうくると思った。二人で入ったら狭くなっていい風呂にならないからヤダ。一人で入れ」

「狭いのがいいんじゃないですか。意図せず密着してしまう感じが」

「明確な意図が見えるよ。僕はもっとゆったり入りたいの。それじゃ疲れが取れないだろ」

「むしろ疲れますかね。明日は腰痛で起きられないかも」

「風呂に入るだけが目的じゃないよね、君」

「そりゃあ若い男女が一緒に入浴してなにもないわけないでしょう。水の掛け合いに始まり、ふざけあっている内にだんだんエスカレートしていくのです」

「妙に生々しい妄想やめろ」

「洗いっこしている内にエスカレートしていくパターンがいいですか?」

「一人ずつ入浴してエスカレートしていかないパターンがいい。いい風呂の日だから。風呂が主役だから」

「いい風呂の日? 違いますよ。今日はいいセカンドシックスの日、略して」

「略すな。セカンドは序数詞だ」

「いつも通りのノリの悪さですね。すぐそこに未開拓の女体があるというのに」

「未開拓とか言うんじゃない耳年増」

「風呂だけにフロンティアって」

「やかましい。二日連続で似たような話の運び方するとネタ切れだと思われるよ」

「私は別にジャングルじゃないです。花園くらい」

「だからってすぐ下ネタに持ってくのやめろよ! 知ってるよ!」

「おいでよ私の花園」

「最低だ。法務部に訴えられる。勝てない」

「とびだせあなたの森」

「この部屋から飛び出したい」



 日は山に隠れ、星々が輝き出しました。
 月が今日を急かしていますが、二人の一日はまだ少しだけ続きます。
勝手にランキング参加中↑↑↓↓←→←→BA
小説家になろう 勝手にランキング

cont_access.php?citi_cont_id=361022146&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ