挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
彼と彼女の千文字会話 作者:江見村元素

同棲編

57/1753

とびだせ

 コタツの中で足を温め、窓の向こうの夕焼けと街の灯りを見つめながら。
 一日の終わりに、二人は他愛ない会話を始めます。



「ここのところ朝食をとるのが億劫です」

「早起きしないからだろ。ちゃんと食べないと一日乗りきれないぞ」

「それはわかってるんですけど、無理して食べて気分が悪くなってたら本末転倒だと思うんですよね」

「だから早起きしろと」

「無理して起きて昼間眠くなってたら、本末転倒だと思うんですよね」

「君はいつも昼寝してるじゃんか」

「それとこれとは話が別です」

「いや同一直線上だろ。もっと早く寝ればいいんだよ。昨日だって寝たの零時過ぎとかだったんじゃないか?」

「それは……あなたが寝かせてくれないから」

「僕は十時に寝た。あと寝かせてくれなかったのは僕じゃなくてゲームだろ」

「楽しいですよ、どうぶつの森。一緒にやりませんか?」

「僕はあんまり、目的のないスローライフ系のゲーム好きじゃないから……」

「それを言ったらあなたの人生を否定しちゃうじゃないですか」

「君に僕の何が分かる」

「この作品も目的のないスローライフ系――」

「やめてくんない? 自分を卑下するとかよくないよ」

「卑下したのはあなたです」

「……わかった。僕が悪かった。今度機会があったらやってみる」

「たぶんハマりますよ。かくいう私もこの前まであまり興味なかったんです」

「そうなんだ」

「あなたにしか興味ありませんでした」

「その言い方だと僕がゲームに負けたみたい」

「実際あなたより面白いです」

「ジャンルの違うもの同士を比べるのはよくないと思うよ、うん」

「最初タイトルを聞いたときは、どうぶつの木、どうぶつの林、どうぶつの森というふうに続いてきてるんだと思ってました」

「それはさすがに嘘だろ。っていうか、どうぶつの木から始まったとすると恐ろしいことになってる気がする。グリム童話的な」

「次回作はどうぶつの林林、次々回作はどうぶつの森林」

「なんて嫌なナンバリング。どんどんスローライフから離れてく」

「どうぶつの森フロンティア」

「それもう開拓系のゲームだよね。森林伐採とか焼き畑とかする感じの」

「飛行機の墜落により鬱蒼と生い茂る森に迷いこんでしまった主人公。襲い来る猛獣たちから身を守り、無事暖かい我が家へ帰還できるのか――!? 最新作『脱け出せ! どうぶつのジャングル』」

「別ゲー」



 日は山に隠れ、星々が輝き出しました。
 月が今日を急かしていますが、二人の一日はまだ少しだけ続きます。
勝手にランキング参加中↑↑↓↓←→←→BA
小説家になろう 勝手にランキング

cont_access.php?citi_cont_id=361022146&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ