挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
彼と彼女の千文字会話 作者:江見村元素

同棲編

54/1782

深夜

「……最近遅くないですか?」

「ごめん。また夕飯待っててくれたの?」

「今日はもう食べちゃいましたよ、特売品のエビフライ。だから一人で食べてください。冷蔵庫にエビの尻尾が入ってますから」

「残飯じゃないか」

「おつまみには持ってこいでしょう?」

「酒飲まないし」

「それはそうと、連日連夜どうしてこんなに遅いんですか? もしかして浮気?」

「違うよ。僕だってもっと早く帰ってきたいんだけどね。別に夜遅くなっても、冒頭部でむりやり夕方だってことにすればいいのに」

「形だけ取り繕っても無駄です。私の目は超越論的なところまで届きますから」

「超越論ってそういう使い方していいのか。単にメタネタを使えるってだけだろ」

「第一、冒頭や末尾の文章を変えるだけで状況を設定できるなら、私の好きなように始めていいってことになるじゃないですか」

「まあ、そうなるか」

「『ベッドの中で互いに愛を確かめあい、相手のぬくもりを感じながら。一日の終わりに、二人は他愛ない会話を始めます』とか事後感たっぷりにしますよ?」

「うん、よくないな」

「そんなムードの中で、みかんの皮剥きだのウドナーだの話したくないでしょう?」

「問題はもっと他にある」

「だから、なるべく夕方に更新するべきなんですよ」

「更新って言っちゃったよ。言わないようにしてたのに」

「まあ明日から三連休じゃないですか。ゆっくりできそうですし、久しぶりにどこかへ出掛けましょう」

「ゆっくりできそうなのになんでゆっくりしないんだ。僕は寝たい」

「私と?」

「一人で」

「じゃあ明日は家でのんびりして、明後日どこか遊びに行きましょう」

「わかった。でもあんまり遠くないとこね」

「『それだけ言って、彼は彼女の唇をむさぼり始めました』」

「末尾を捏造するな」

「『二人の夜はまだまだ続きます』」

「もう僕寝るから」
勝手にランキング参加中↑↑↓↓←→←→BA
小説家になろう 勝手にランキング

cont_access.php?citi_cont_id=361022146&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ