挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
彼と彼女の千文字会話 作者:江見村元素

同棲編

51/1658

皮剥き

 コタツの中で足を温め、窓の向こうの夕焼けと街の灯りを見つめながら。
 一日の終わりに、二人は他愛ない会話を始めます。



「前から気になってたんですけど」

「何?」

「みかんをそうやって剥くの、やめてくれませんか?」

「え? 下に指突っ込んで剥く方法のこと?」

「はい。なんか汚ならしいというか、マナー違反な感じがします」

「周りの人に訊いてみるといい。この剥き方がスタンダードだって言うよきっと。僕には君の、ヘタの側から剥いていく方法こそマナーに反してると思うね」

「ヘタから剥くとスジがよく取れるんです。ひょっとしてご存知なかったのですか?」

「スジの部分には食物繊維が豊富に含まれてるんだよ。もしかして知らなかった?」

「そんなに食物繊維が欲しいなら、私の分をあげましょう。ほれ」

「こいつ……!」

「でもみかんの剥き方っていろいろあるみたいですね。りんごみたいに剥く方法とか、皮ごと割く方法とか、上下二つに分ける方法とか」

「食べられればいいと思うけど、いろいろ試行錯誤してみるのも面白いかもね」

「私たちも新しい剥き方を考えましょう」

「もう出尽くしてる感じがするけど」

「おしりで剥く臀部剥き」

「剥き方ってそっち? 無理だろ。人体の構造的に」

「ティーバックでも使えば真ん中から真っ二つにできるのでは?」

「食べたくないよそんなん」

「丸ごと口に入れておいて、舌と歯を上手く使って実だけ食べるドレイン剥き」

「マナーはどこへ行った。そうまでして個性を出したいのか」

「その場で飲みほす絞り剥き」

「オレンジジュースって知ってる?」

「みかんの皮を剥くことだけに命をかける――」

「ひた向きとか言うなよ。つまらないから」

「腕の筋肉だけで――」

「ムキムキ?」

「切片bが4の直線がX軸と交わるとき――」

「傾き?」

「コントローラーで――」

「ゲーム機?」

「風情のある――」

「おもむき?」

「霧吹きで――」

「噴霧器?」

「古代の――」

「ペルム紀?」

「……なんで全部先に言っちゃうんですか」

「君の思考がわかるようになってきて悲しいやら情けないやら」



 日は山に隠れ、星々が輝き出しました。
 月が今日を急かしていますが、二人の一日はまだ少しだけ続きます。
勝手にランキング参加中↑↑↓↓←→←→BA
小説家になろう 勝手にランキング

cont_access.php?citi_cont_id=361022146&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ