挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
彼と彼女の千文字会話 作者:江見村元素

同棲編

50/1753

ボイスレコーダー

 コタツの中で足を温め、窓の向こうの夕焼けと街の灯りを見つめながら。
 一日の終わりに、二人は他愛ない会話を始めます。



「せっかくですから、お部屋のレイアウトを弄ってみましょう」

「これ以上変えるところなんてないと思うけど、まあ好きにすればいいんじゃない?」

「テレビとかコタツとかの位置は別にいいんですけど、納得いかない点が一つあるんです」

「どこ?」

「洋室のベッドです。どうして私とあなたで別々なんですか」

「僕としては一緒の部屋って時点で、かなり譲歩したつもりだったんだけど。第一ベッドの高さからして違うんだから、くっつけるとか無理だろ」

「じゃあ今のを捨てておっきいやつ買いましょう。イエスノーまくら付きの」

「無駄遣いはやめなさい。イエスノーまくら付きである必要性もわからないし」

「あなたさっき好きにすればいいって言いましたよね? ほら」

『まあ好きにすればいいんじゃない?』

「……いつの間に録音したんだ」

「こないだ買ってから常に持ち歩いてます。ボイスレコーダー」

『愛してるよ、ハニー』

「おい、僕そんな頭悪そうなこと言った覚えないぞ」

「入れ替わったときに録ったやつです。こんなのもありますよ」

『ハァ……ハァ……ごめんなさい女王様……。もうしませんから、そこだけは……!』

「やめろォ! 鬼畜か君は! そこってどこだよ! いや聞きたくもないけど! 目覚まし用だけじゃなかったの?」

「録ってるうちに楽しくなってきちゃって。他にもいろいろありますよ。九割あえぎ声入りですけど」

『うぅ……男なのに、赤ちゃんできちゃう……』

「死ねよ! 頼むから死んでくれよ! というか僕が死にたい! どんな状況だよ! なんかもう別の世界のセリフだろ! ドン引きだよ!」

「さあ、これを私の友人たちに広められたくなかったら、ベッドを一つにするのです」

「最低な女だな。本気で別れを切り出したくなってきた。やっていいことと悪いことがあるだろ」

「え……あ、すみません。やりすぎました……」

「消しなさい」

「え……?」

「いや、どうしてそこで世界の終わりみたいな顔をする? ボイスレコーダーに入ってるやつ、バックアップも含めて全部削除しろ」

「そんな……。私の宝物が」

「そんなもん宝にするな。とにかく全部消せ。……これからは、たぶん僕が毎日起こすことになるんだろうから、それでいいでしょ?」

「……考えてみれば確かに、本物に起こしてもらえるんですもんね。こんな自作自演、必要ないですね」

「寝坊していいって意味じゃないぞ。基本自分で起きてね」

「わかりました、全部消します。……でもせめて『赤ちゃんできちゃう』だけは」

「それ一番ダメなやつ」



 日は山に隠れ、星々が輝き出しました。
 月が今日を急かしていますが、二人の一日はまだ少しだけ続きます。
勝手にランキング参加中↑↑↓↓←→←→BA
小説家になろう 勝手にランキング

cont_access.php?citi_cont_id=361022146&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ