挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
彼と彼女の千文字会話 作者:江見村元素

同棲編

49/1694

引っ越しうどん

 コタツの中で足を温め、窓の向こうの夕焼けと街の灯りを見つめながら。
 一日の終わりに、二人は他愛ない会話を始めます。



「やっと完了ですね、引っ越し」

「疲れた。結局ここと君の家往復する羽目になったじゃないか。引っ越し屋に頼めばいいものを」

「車があるんですからこっちのほうがいいでしょう。おっきい荷物なんてベッドくらいしかありませんし。節約できましたから、今日は店屋物でも取るとしましょう」

「賛成。出前なんて一人暮らしして初めてだな」

「マジですか。困ったときは出前ですよ私」

「ブルジョワめ。そんなんだからいつまでも料理が上手くならないんだよ」

「疲れてるせいかいつもより口が悪いですね。で、何にしますか? お寿司? ピザ? ラーメン? それとも私?」

「最後のはどういうことだ」

「せっかく引っ越ししたわけですから、引っ越し蕎麦にしますか?」

「引っ越し蕎麦ってお隣さんに配って回るものだろ? 細く長くお世話になりますっていう意味で」

「そばに来ましたって掛詞でもあるみたいですよ。これなら今の私たちにぴったりです」

「細く長くでいいのか」

「じゃあうどんにしましょう」

「そばに来ましたはどうなったんだ」

「もうめんどくさいのでうどんで。あ、もしもし、私ですけど、うどん二つお願いします。具はいつもので。場所は――」

「どんだけお得意様だよ」

「さて、うどんになったわけですが、せっかくなのでうどんゲームしましょう」

「何それ? 聞いたことないな」

「ポッキーゲームのうどんバージョンです。二人が互いにうどんの端と端をくわえ、すすり合います」

「汚なっ! そういう食べ物を冒涜するようなことやめろよ!」

「いえ、噛まずにすすり合うというのがポイントです。さながら綱引きのように競うことでうどんの喉越しを何度も味わえ、かつ愛する人に喉を刺激される感覚まで味わえるという究極の食べ方。キスまでもっていけたらプロウドナーですね」

「ウドナーってなんだ。ゴロラーと同じ匂いがするんだけど。闇のプロウドナーとかもいるのか?」

「闇のプロウドナーはゲーム中に相手の首を締めるという反則技を使います」

「反則っていうか犯罪じゃないか。絶対君が今考えただろ」

「香川県ではオーソドックスな食べ方です」

「訴訟起こされるからやめろ」



 日は山に隠れ、星が輝き出しました。
 月が今日を急かしていますが、二人の一日はまだ少しだけ続きます。
勝手にランキング参加中↑↑↓↓←→←→BA
小説家になろう 勝手にランキング

cont_access.php?citi_cont_id=361022146&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ