挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
彼と彼女の千文字会話 作者:江見村元素

同棲編

47/1689

押しかけ

 コタツの中で足を温め、窓の向こうの夕焼けと街の灯りを見つめながら。
 一日の終わりに、二人は他愛ない会話を始めます。



「ふぅ、やっとゆっくりできます。さすがにこの大荷物でここまで来るのは骨が折れました」

「パンパンのリュックサックなんて背負ってきて……登山にでも行く予定が?」

「違いますよ。二人暮らしに備えて雑貨を少々持ってきたんです」

「少々じゃないから。え、じゃあそれここに置くつもりなの?」

「はい。新居が目と鼻の先ですから、ここに置いておけば引越し当日にすぐ運び込める、という完璧な計算です」

「やめろよそういう無駄なこと。引越し屋さんに頼めば済む話だろ」

「お金がかかりますから、引越し屋さんに頼る気はありません。親にもらった体があります」

「突然体育会系キャラになるな。第一、部屋が狭くなる」

「ただでさえ狭いのに」

「やかましい。わかってるなら持ってくるな」

「日用品がほとんどですよ。そんなに場所は取りません。あと服とかはダンボールに入れて持ってきて、外に置いてありますけど」

「盗まれるぞ。って、それまで運び込んだら結局めちゃくちゃ場所取られるじゃないか」

「ほんの二日の辛抱です。頑張りましょう」

「他人事だと思って……」

「他人事じゃありませんよ。頑張りましょうって言ったでしょう? 日用品持ってきちゃったので、私もう自分のアパートじゃ暮らせないんですよ」

「馬鹿じゃないの」

「馬鹿じゃないです。全て計算のうち」

「もっとタチ悪い。……このやり取り前にもしたような」

「そんなわけで今夜と明日の夜はここに泊めてください」

「荷物持って帰れ。僕は床で寝たくない」

「そもそも人が寝られるほどスペースありませんよ、ここの床。まあ特別にベッドは一緒で構いません」

「なんで問題の原因が譲歩してるの? なんで昨日のネタを繰り返そうとするの?」

「何もしないでくださいね。絶対に何もしないでくださいね。何もしないと約束してください」

「フリにしか聞こえないけど安心しろ何もしない」

「それじゃ、汗かいたのでお風呂入ってきます」

「うん、完全にもう君の家になってるね。そうやってだんだん乗っ取ってく感じなんだ……」

「あ、タオルと替えの服忘れました」

「裸で出てくるな! わざとだろ!」

「あ、そういえば服はダンボールの中」

「外に出るな! 取ってくるから待ってなさい。……重いな。このダンボールの中身本当に衣類か? って、本じゃないか!」

「あちゃー、間違えちゃいました」

「いや気づくだろ普通」

「仕方ありませんね。あなたの服を貸してください」

「どんどん深みに嵌っていく気がする」



 日は山に隠れ、星々が輝き出しました。
 月が今日を急かしていますが、二人の一日はまだ少しだけ続きます。
勝手にランキング参加中↑↑↓↓←→←→BA
小説家になろう 勝手にランキング

cont_access.php?citi_cont_id=361022146&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ