挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
彼と彼女の千文字会話 作者:江見村元素

土手編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

44/1873

鼻水

 土手に座り込み、沈む夕日と川のせせらぎを見つめながら。
 一日の終わりに、二人は他愛ない会話を始めます。



「いつまで土手で会話してればいいんですか」

「初っぱなから何を言い出すのか」

「いい加減寒いんです。クリスマスも土手でやるつもりですかこの作品は」

「ああ、そういう行事もあったっけ。そろそろ雪も降ってきそうだしね。前にもこの話題やったけど」

「もうそろそろ屋内に移りましょうよ。じゃないと私、これから毎日寒いしかいいませんから。防寒具と体調の話題しか出しませんから」

「それは困るな……。でもこの土手での会話って、何かこだわりがあってやってるわけじゃないの? ここが二人の思い出の場所とか」

「知りませんよ。どうせ『土手でたそがれる二人のほのぼの会話』みたいな感じにしたかったんでしょう? ここまで長続きするとは思ってなかったんです、きっと」

「見事にそんなんじゃなくなったからね。明日からは屋内かな」

「それじゃ、あなたのアパートで……へ、へ、ドヘクショチクショイッ!」

「くしゃみするときはもうちょっと上品にしろって前も言ったはずだ」

「うぇ、鼻水垂れちゃいました。舐め取ってください」

「ふざけんな。ティッシュ持ってないのか」

「持ち歩いてません。好きな人に鼻水を舐めとってもらうという、私的萌えシチュエーションを体験してみたくて」

「キモいだけだよ変態バカ。ほらティッシュ」

「ちぇ、ありがとうございます。ちーんっ! こ」

「付け足すな。普通にかめ」

「ふぅ、むしろ愛する人の鼻水も舐められずして何が愛ですか」

「君の歪んだ価値観を僕に押しつけないでくれ」

「私はあなたの鼻水くらい平気ですよ。まあ鼻水どころか――」

「もうこの話汚いからやめよう。君のレベルの高さはよくわかったから。じゃ、明日から屋内で会話しようか」

「あなたのアパートでね。いやぁ、燃料費が節約できて助かります」

「最初からそのつもりだったんだろ? もう勝手にしろ」

「あ、せっかくなのでお夕飯もご一緒していいですか?」

「それも計画通りか。別にいいけど、毎日続けるなら食費払ってね。僕だって楽な生活してるわけじゃないんだから」

「お風呂もご一緒してあげますから、それでチャラに」

「ならん」

「どうしてですか? ウィン・ウィンな関係だと思うんですが。気合いの入った夕飯であればこちらも気合いを入れるので、ニャン・ニャンな関係にもなりえますよ?」

「ならん」



 一人が腰を上げると、もう一人も立ち上がります。
 そうしてどちらからともなく手を繋ぎ、今日に背を向けて、去っていきました。
勝手にランキング参加中↑↑↓↓←→←→BA
小説家になろう 勝手にランキング

cont_access.php?citi_cont_id=361022146&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ