挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
彼と彼女の千文字会話 作者:江見村元素

土手編

38/1812

物音

 土手に座り込み、沈む夕日と川のせせらぎを見つめながら。
 一日の終わりに、二人は他愛ない会話を始めます。



「昨日の夜はひどい思いをしました」

「何かあったの?」

「あれはお風呂からあがって、ココアを飲んでいたときのことです」

「語りに入るのか」

「あなたへの不満を日記につづり、明日はどうやってからかってやろうかと考えながら」

「いろいろ突っ込みどころはあるけどスルーしといてあげるよ」

「ふと手元を見ると、ココアに波紋ができてたんです。地震かと思って身構えたんですけどそうでもない。微かな揺れがずっと続いてるんです」

「知らないうちに貧乏ゆすりでもしてたんじゃない?」

「いえ、なんだかアパートの部屋そのものがガタガタ揺れてる感じでしてね。おかしいなーおかしいなーと思って」

「なんで稲川淳二風」

「そしたらね、そのうち女の人のむせびなくような声が上から聞こえてきたんですよ」

「え、ホントに? それはちょっと怖いな」

「あん……あん……あん……あん……」

「ああ、全然怖くなかった。しかも色っぽく言ったってことは君もわかってるよね?」

「それはまあ少し考えたらわかりましたけど……本当に最初はびっくりしたんですって。うわぁオバケがセックスしてる!って」

「直感でほぼわかってるじゃないか」

「おかげで寝つき最悪です。そういうのはするべきところへ行ってしていただきたい」

「まあ、普通に迷惑だからね。周りに住んでる人にとっては騒音以外の何物でもないし。誰かと一緒だと気まずいし」

「これが若い男女ならまだ、私とあなたに置き換えて妄想もできるってものなのに……」

「僕のセリフが台無しだ」

「二階に住んでるの、中年のオジサマなんですよ。いや、オジサマというよりオッサンと言ったほうが正しい風貌なんですが」

「知らないよ。とにかく災難だったね。これからも続くようなら大家さんに連絡したら?」

「その人が大家さんなんです」

「お、おう、そっか、ごめん。じゃあ普通に文句言いにいけばいいんじゃ……」

「なんて言えばいいんですか? 『喘ぎ声がうるさいのでホテル行ってください』とでも?」

「そんなストレートに言わなくても……いや、そうでも言わなきゃ伝わらないか。いっそ新しい物件探したら?」

「あなたの部屋に住めば万事解決です」

「問題だらけだ」

「大丈夫ですよ。私は声出さないように我慢しますから」

「そこは問題にすらしてない」



 一人が腰を上げると、もう一人も立ち上がります。
 そうしてどちらからともなく手を繋ぎ、今日に背を向けて、去っていきました。
勝手にランキング参加中↑↑↓↓←→←→BA
小説家になろう 勝手にランキング

cont_access.php?citi_cont_id=361022146&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ