挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
彼と彼女の千文字会話 作者:江見村元素

土手編

36/1662

母娘

 土手に座り込み、沈む夕日と川のせせらぎを見つめながら。
 一日の終わりに、二人は他愛ない会話を始めます。



「帰ってきたのに顔色が一向に回復しませんね。ゆうべ何があったんですか?」

「オトウサン、コワイ。オトウサン、コワイ」

「朝からそればっかり。運転も覚束ない感じで少し怖かったですよ」

「だってさ、なんでお父さんと同じ部屋で寝るはめになるの? 拷問?」

「私もそこは納得いきませんでしたよ。あなたと一緒の部屋になるべきなのは普通私でしょう? で、昨夜は私の話に花を咲かせたわけですか」

「うん、まあそんな感じ。君に関するクイズ100問とか」

「修学旅行の中学生みたいなことしてたんですね。全部答えられましたか?」

「『娘が生まれて初めて喋った言葉は?』なんて分かるかっ! しかも答えが『アジャパー』ってなんだよ! こじつけだろ!」

「赤ん坊がそんな死語喋るわけないですからね」

「間違えるたびにお父さんからの呼び名が変わっていったよ。最終的に『虫ケラ君』になったからね。泣きたくなったね」

「私の胸で泣いてもいいんですよ、虫ケラ君」

「慰める気ないだろ。……お父さんから見て僕って、そんなに君にふさわしくないのかな?」

「私と釣り合う男なんてそうそういないですよ」

「黙れ小娘」

「人見知りが激しいタイプなんです、お父さん。そのうち仲良くなれますって」

「そうだといいけど。そういえば途中耐えられなくなって抜け出したとき、君が勇気付けてくれたのはありがたかったよ。少し気が楽になった」

「はて? 私そんなことをした記憶がないんですが」

「え?」

「ずっと自室で寝てましたもん。それ、本当に私でしたか?」

「暗くてよくわかんなかったけど、声は確かに……いや、聞いてないな」

「聞いてない? 喋らずに勇気付けるなんてどうすれば?」

「……あ、ああー、もう僕疲れた。眠いから家帰って寝るよ。うん、それじゃ」

「ちょっと待って」

「ハイ」

「その『私』に、何をされたんですか?」

「テヲニギツテクレマシタ」

「それだけですか?」

「ハイ。ソレダケんっ」

「っ! これは、おふくろの味……!」

「それはそういうふうに使う言葉じゃない」

「他に言うことがあるでしょう?」

「すいませんでした……え? 僕が悪いの?」

「気づかないあなたの過失です。キス程度で済んだということは、からかわれただけ。早く進展しろというお母さんなりの激励でしょう」

「君ん家の常識についていけない」



 一人が腰を上げると、もう一人も立ち上がります。
 そうしてどちらからともなく手を繋ぎ、今日に背を向けて、去っていきました。
勝手にランキング参加中↑↑↓↓←→←→BA
小説家になろう 勝手にランキング

cont_access.php?citi_cont_id=361022146&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ