挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
彼と彼女の千文字会話 作者:江見村元素

土手編

33/1691

早起き

 土手に座り込み、沈む夕日と川のせせらぎを見つめながら。
 一日の終わりに、二人は他愛ない会話を始めます。



「今日は折り入ってお願いがあります」

「何? そんな改まって」

「明日は事情があって早起きしなければなりません。起こしに来てください」

「え、目覚まし掛けとけば起きられるでしょ。用事があるなら二度寝の心配もなさそうだし」

「普段は遅寝遅起きなので早起きは自信ないんです。特別に寝込みを襲ってもいいのでお願いします。あ、でも手短に」

「手短にじゃないよ。前から疑問だったんだけど、君は僕をなんだと思ってるの?」

「全自動目覚まし炊事掃除買い物洗濯おしゃべり愛玩マシン」

「そっかじゃあそこに説教も加えてもらえる?」

「冗談ですよ。マシンではなく恋人です」

「重要な部分が何一つ撤回されてないんだけど」

「はぁ、真面目な相談なのに、これじゃ埒があきませんね」

「不真面目にしてるのは間違いなく君だ」

「起こしに来るのが無理なら、何か別の案を考えてください」

「なんで僕が……。いつも何時に起きてるの?」

「9時ですかね。そんなに遅くないでしょう?」

「十分遅いよ。で、明日は何時に起きなきゃいけないの?」

「4時です」

「早っ。徹夜すればいいんじゃない? 今のうちに寝ておいてさ」

「その手がありましたか。わかりました。今夜はあなたの家に泊まります」

「えっと、何をわかればそうなるの?」

「徹夜なんてしたことないので怖いんです。もしおばけが出たらと思うと」

「昨日おばけの仮装してた人間が何言ってるんだ」

「丑三つ時まで起きてたことはありません。泊めてくれるだけでいいですから。あなたは寝てていいですから。何もしませんから」

「信用できないし、なんか立場が逆な気がする」

「先っちょだけですから」

「何の話だよ! 君最近ホントに酷いな! 無理矢理進展させようとしてない?」

「テコ入れです。キスはしちゃったんですから次はもっと過激なことをしないと。ねぇ?」

「ねぇじゃない。打算的すぎる。そういうの萎えるからやめなよ」

「むしろ勃つと思うんですが」

「何がだよ! 気分の話をしてるんだよ僕は!」

「私だってそこまで計算してやってるわけじゃないです。ほとんどその場のノリです」

「それはそれで問題だ」



 一人が腰を上げると、もう一人も立ち上がります。
 そうしてどちらからともなく手を繋ぎ、今日に背を向けて、去っていきました。
勝手にランキング参加中↑↑↓↓←→←→BA
小説家になろう 勝手にランキング

cont_access.php?citi_cont_id=361022146&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ