挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
彼と彼女の千文字会話 作者:江見村元素

土手編

31/1814

エロ本

 土手に座り込み、沈む夕日と川のせせらぎを見つめながら。
 一日の終わりに、二人は他愛ない会話を始めます。



「はい、買ってきましたよエロ本」

「買ってきましたじゃないよ。なんで肌色だらけの雑誌をおもむろに取り出してるの?」

「昨日プレゼントするって言ったじゃないですか。せっかくなので二人で読もうかと思いまして」

「土手でエロ本読み耽る男女とか世も末だな。この辺り子供も歩いてるんだからダメだよ」

「えー、せっかく二人で読めそうな本探してきたのに」

「二人で読めそうなエロ本ってどんなだ。っていうか、探したの? どこで?」

「インターネットで情報収集した後、エロ本コーナーのある本屋さんを渡り歩きました。おかげでいろいろ知識が身につきましたよ」

「花も恥じらう女の子が何してるの? 危ないことやめて頼むから」

「ただ男性器ドキューン女性器バキューンズガガガガ(ズガガガガ)するだけじゃないんですね」

「ちゃんと消せよ! ルビふってどうすんだ!」

「興味深い内容の本がたくさんありました。あなたはどんなのが好きなんですか? 素人? 痴女? SM? 女教師? 人妻? ロリ? 二次元? 『検閲削除』? 『自主規制』? 『見せられないよ!』? 『人類には早すぎる』?」

「詳しくなりすぎだ。僕は買ったことも読んだこともないからわからん」

「はっ、硬派気取りですか。まぁ本性はそのうち現してもらいましょう。なんにせよ、これで私たちの性活にも彩りが生まれます」

「字がおかしいしそんな彩りは必要ない」

「彩りより潤いのほうが正しいですかね」

「ねぇ、一応この作品全年齢対象なんだからさ。そろそろ自重しよ?」

「なぜ性行為に対してそこまで気を使うんですか? 子孫を残すためには大切なことですよ?」

「わざわざここで話題にしなくても」

「そうです! いっそのこと性教育小説に路線変更しましょう! エロの力でアクセス数もガッポガッポです」

「欲に駆られて変な気を起こすな。運営様から怒られるぞ」

「性教育ですから問題ありません。だいたい昨今は性知識の欠如している大人が多すぎます」

「さっき知識を得たばかりの人間が頭に乗るな」

「そんな時代の流れに終止符を打つべく、立ち上がった二人の男女。いろいろなプレイを実戦し、その危険性や有用性を子供たちに伝えるのです」

「間違いなく削除されるな。僕は協力しないよ」

「生物として大切なことを否定なんてさせません。力づくでも協力してもらいます」

「力づくの時点で性教育として間違ってるから」

「第一回は浣腸プレイについて勉強しましょう」

「子孫関係ないだろそれ!」



 一人が腰を上げると、もう一人も立ち上がります。
 そうしてどちらからともなく手を繋ぎ、今日に背を向けて、去っていきました。
勝手にランキング参加中↑↑↓↓←→←→BA
小説家になろう 勝手にランキング

cont_access.php?citi_cont_id=361022146&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ