挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
彼と彼女の千文字会話 作者:江見村元素

土手編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

25/1931

看病

「いやぁ、家まで来て看病してくれるなんて感激です。愛を感じますねぇ」

「僕の家に押し掛けようとしてたやつのセリフじゃないな。なんだよ『看病してほしいので今からそっちに行きます』って。病院に電話掛け間違えたのかと思ったよ」

「市民病院の内科にイケメン医師がいたら、ちゃんとそっちに行ったんですけどね」

「料理の途中だけど帰っていいかな?」

「耳が詰まって聞こえません」

「何を分泌してるんだ君の耳は。詰まるのは鼻のほうだろ」

「昨日からお風呂に入ってないので。ご飯の後に身体を拭いて頂けるとありがたいです」

「起き上がれないほど重病には見えないんだけど。昨日ほど熱もないんじゃないの?」

「まだ三十八度弱ありまして」

「三十七度後半だそれは」

「いいじゃないですか。女の子の身体を自由に触れるんですよ? そもそもそれが目当てで来たんじゃないんですか?」

「本気で帰るぞ」

「冗談ですよ冗談。あ、ネギは入れないでくださいね」

「風邪のときくらい好き嫌いするな。はい、召し上がれ」

「おおーこれはまた豪華な。卵がゆに生姜湯にポカリに……なんですかこのシワシワの白いのは」

「湯葉だよ、自家製の。消化にいいし栄養もあるからね。大豆タンパクとかイソフラボンとか」

「あーユバ。豆腐の薄いやつですか。使用済みコンドームかと」

「どこの! 世界に! そんなもん病人に出す馬鹿がいるんだよ! 謝れ! 僕と湯葉に!」

「おえんあはいおえんあはい。うぅ、ちょっとした冗談で頬っぺた引っ張らないでください。病人ですよ私」

「うるさい。自家製だと売り物みたいにキレイにできないんだよ。箸で摘まんだときに先細りになるの」

「てっきり私に精をつけさせようとしてくれてるのかと思いました。文字通り」

「もういいから早く食べて寝ろ」

「では、いただきます。まずはコンドームから」

「湯葉だって!」

「ズズズズルズル」

「普通に食え!」

「あ、美味しい。味はちゃんと湯葉ですね」

「味以外も湯葉だ」

「次は卵がゆを。じゃあ、お願いします」

「……は? 何を?」

「このシチュエーションならやることは決まってるでしょう。あーんです。まああなたがどうしてもというなら口移しでも構いませんが」

「風邪まで移るからそれ。はい、あーん」

「あーんアヂャヂャヂャヂャヂャヂャ!! ハフッハフッハフッハフッ! なにするんれすか!」

「あーんしてって言ったのは君だろ」

「ちゃんとフーフーしてくらさいよ! あぁ、舌を火傷しました……」

「フーフー。はい、あーん」

「あーんアヂャヂャヂャヂャヂャヂャ!! ハフッハフッハフッハフッ! ちょっと! 馬鹿にしてるんれすか!」

「うん、ごめん。面白くてつい」

「弱ってるからって調子に乗らないれくらさい!」

「その言葉はそのまま返す」
勝手にランキング参加中↑↑↓↓←→←→BA
小説家になろう 勝手にランキング

cont_access.php?citi_cont_id=361022146&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ