挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
彼と彼女の千文字会話 作者:江見村元素

土手編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

23/1932

傘パク

 土手に座り込み、沈む夕日と川のせせらぎを見つめながら。
 一日の終わりに、二人は他愛ない会話を始めます。



「朝方、傘を盗まれました」

「ああ、安物の傘使ってると日常茶飯事だ。災難だったね」

「コンビニで買い物するほんのちょっとの間で……信じられません。いくら雨が降ってるからって他人のものパクりますか? 犯罪ですよ犯罪」

「よくないよね。それで、君はどうしたの?」

「もちろん傘なしで帰りましたよ。悪の連鎖は誰かが断ち切らねばなりません」

「そこまで大袈裟な話じゃないけど、まあ偉い偉い」

「なんとかして予防できませんかね、傘パク。畳んだ傘に胡椒を詰めておくとか」

「自分が差せないだろ」

「決まった手順で差さないと爆発するとか」

「危ないよ。逮捕されるぞ、君が」

「パスワード付きにしておくとか」

「効果的かもしれないけど、逆に珍しくて盗まれそう」

「じゃあ盗みたくないほど悪趣味にすれば! 豹柄とか金ぴかとかキャラものとか」

「君がいいならそれでいいんじゃないかな。ただ僕の横は歩かないでくれ」

「あ、単純にあなたが一緒にいて、私が買い物してる間持っててくれればいいんですよ」

「さりげなく傘立てになれと言われた気がする」

「いえ、傘立てではなく傘そのものになれと言ったんです」

「なお悪い」

「なんかプロポーズの言葉みたいですね。『私の傘になってください』きゃー」

「きゃーじゃないよ。雨の日しか役立たないところに凄まじい都合の良さを感じるよ」

「傘のような男性こそ女性は必要としているんです」

「なんか横からパクられそうな関係だね」

「あなたなら大丈夫です」

「え、どういうこと? 盗みたくないくらい悪趣味ってこと?」

「盗むと爆発するので」

「それはそれで怖いよ! あと予防になってないからそれ!」

「私が目を光らせてればふぇ……ふぇ……ぶぇっくしょいチクショウ!」

「大丈夫? あと女の子にあるまじきくしゃみやめてくれないかな」

「なんか頭がボーッとして気持ち悪いです。これが悪阻ですか?」

「ただの風邪だ早く帰れ」



 一人が腰を上げると、もう一人も立ち上がります。
 そうしてどちらからともなく手を繋ぎ、今日に背を向けて、去っていきました。
勝手にランキング参加中↑↑↓↓←→←→BA
小説家になろう 勝手にランキング

cont_access.php?citi_cont_id=361022146&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ