挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
彼と彼女の千文字会話 作者:江見村元素

土手編

19/1695

ドライバー

 土手に座り込み、沈む夕日と川のせせらぎを見つめながら。
 一日の終わりに、二人は他愛ない会話を始めます。



「今日はドライバーの日です」

「ド(10)ライ(1)バー(8)って語呂合わせはかなり無理がある気がするけど」

「というわけで、ドライバーについて話しましょう。マイナスって存在する意味あるんですかね?」

「そういうこと言うなよ。マイナスだって必要とされてるから存在するんだろ」

「じゃあマイナスドライバーの使い道を教えてください」

「またこのパターンか。えっと……開かない箱に差し込んでこじ開けるとか」

「そんな状況なかなかありませんよ。マイナスドライバーなんてせいぜい、鍵穴に突っ込んで向こうから覗いてる人の目を潰すくらいが関の山です」

「君だったのかあの都市伝説の元凶は」

「プラスがあるならマイナスも、みたいなノリで作られたんじゃないんですか? 酢豚の中のパイナップルくらいいらないです」

「ふざけんなコラ! パイナップル入ってなきゃ酢豚じゃないだろうが!」

「あなたとは食べ物に対する意見がことごとく合致しませんね。先が思いやられます。あとそんな激昂しないでください」

「ごめん。食べ物のことになるとつい」

「まあ、ドライバーの日の『ドライバー』って運転手のことなんですけどね」

「今までの会話はなんだったんだ」

「最初から運転手の日という名前にしないほうが悪いんです」

「それだと語呂合わせにならないから」

「そういえばあなた、車持ってましたよね。色褪せたダッサイ軽のワンボックス」

「酷い言い草だ。車なんて乗れればいいの」

「せっかくなら私はもっとかっこいいやつに乗りたいです。お金がないなら今のをオープンカーにしましょう」

「ダサッ! ワンボックスのオープンカーとか聞いたことないよ」

「斬新なデザインに道行く人みんなが振り返るでしょうね」

「どう想像してもハリボテとしか言い様のないフォルムに……。そりゃ振り返るだろ」

「注目してくれればそれでいいんです」

「ただの目立ちたがりか。そういう君は車持ってたっけ?」

「車はありませんが運転ならできますよ。あなたの運転なら、ね」

「できてないから。あと全く上手くないから」

「ああ、運転するのはあなたのほうでしたか。私は乗られるほうですもんね」

「どういう意味か分かりかねるんだけど」

「私はネジ穴のほうですもんね」

「ドライバーに話を戻すな」



 一人が腰を上げると、もう一人も立ち上がります。
 そうしてどちらからともなく手を繋ぎ、今日に背を向けて、去っていきました。
勝手にランキング参加中↑↑↓↓←→←→BA
小説家になろう 勝手にランキング

cont_access.php?citi_cont_id=361022146&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ