挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
彼と彼女の千文字会話 作者:江見村元素

土手編

18/1722

レジ袋

 土手に座り込み、沈む夕日と川のせせらぎを見つめながら。
 一日の終わりに、二人は他愛ない会話を始めます。



「いやぁ助かりました。スーパーの特売日ってついつい買いすぎちゃうんですよね」

「買いすぎだよ。荷物持ちさせられる身にもなってほしい」

「このまま家まで持ってくれたら、特別にこのレジ袋をあげましょう」

「いらない。体よくゴミ処理させるな。エコバッグとか使いなよ」

「む、レジ袋はゴミじゃありませんよ。いろいろ使えて便利なんですから」

「部屋のゴミ箱に被せるとか? うち、指定ゴミ袋に直接捨ててるからいらないよ」

「顔を拭けば油がよく取れます」

「伊東家の食卓に出てきそうな裏技だな。タオルで拭こうよ」

「まだあります。三ヶ所に穴を空けて覆面代わりに」

「何がしたいんだ。小学生か」

「それと持ち歩けばどこでも用を足せます」

「やってみろ」

「え? そういう趣味あったんですか?」

「君はたまに殴りたくなるような話の運び方をするよね」

「どこまで小馬鹿にして大丈夫か、あなたの愛を試してるんです。アイタッ」

「ここまでだよ。他には?」

「えっと……細切れにしてご飯に混ぜると美味しいですよきっと」

「見え見えの嘘を教えるなよ! たぶん味とかないしまた体壊すだろ!」

「食べ物のことになるとツッコミが激しいですね。じゃあ車酔いしても安心、とか」

「エチケット袋? それはありかもしれないけど、僕、元々酔いにくい体質だし」

「私が車酔いした場合です。『使えよ』って言ってさっと出せば惚れ直してしまいますよ。キスしてしまうかもしれません」

「リバース間際でそれはやめろ。しかも結局、僕が袋をもらう意味ないだろ」

「私たちの間で物事の貸し借りなんて不毛ってことですね。既に互いが互いを助けあう仲じゃないですか」

「君に助けてもらったことなんてあったっけ」

「そんなに見返りが欲しいんですか」

「そうじゃないけど」

「では貸し借りなしで家までお願いします」

「……なんか釈然としない」



 一人が腰を上げると、もう一人も立ち上がります。
 そうしてどちらからともなく手を繋ぎ、今日に背を向けて、去っていきました。
勝手にランキング参加中↑↑↓↓←→←→BA
小説家になろう 勝手にランキング

cont_access.php?citi_cont_id=361022146&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ