挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
彼と彼女の千文字会話 作者:江見村元素

土手編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

16/1932

謝罪

 土手に座り込み、沈む夕日と川のせせらぎを見つめながら。
 一日の終わりに、二人は他愛ない会話を始めます。



「おかえりなさい」

「……ただいま」

「一日で戻って来られて良かったですね。昨日アパートを訪ねてもいなかったので心配しました」

「病院に二泊したからね。で、他に言うことは?」

「ツッコミがいないと会話が成立しなくて大変でした」

「他に言うことは?」

「え、他に……? もう拾い食いなんてしちゃダメですからね、とか?」

「うん、もう君の料理は二度と食べない」

「そ、そんな邪険な言い方しなくても。……えーっと、ごめんなさい」

「謝っただけじゃ許さないよ」

「めんどくさい人ですね」

「君が言っていい台詞じゃないからねそれ」

「分かりましたよ。おっぱいなら好きなだけ揉んでいいですから、それで勘弁してください」

「何をどう分かればそうなる。」

「え、もっと過激でないとダメですか?」

「とりあえずその押してダメなら倍プッシュみたいな思考回路がダメだよ」

「そう言われても性分なので。じゃあ次の休みにデートしましょう。それで許してください」

「それなら、まあ」

「あれ? 半ば冗談だったんですけど。何か悪いものでも食べたんですか?」

「食べたよ」

「そうでした。でもデートってことは、結局おっぱい揉むんですね」

「どうしてそうなる。君にとってデートってなんだ」

「男が女のお出かけに付き合う代わりに性的満足を要求する行為です」

「悪魔の辞典でも引いたのか。え、なに、僕をそういう目で見てたの?」

「母にはそう教わりました」

「達観し過ぎだろお母さん。過去に何があったんだよ」

「挨拶に行くときは覚悟してくださいね。父もかなりの曲者なので」

「お、おう。って今からそんな話してどうする」

「デートは私の実家に行くとかどうでしょう?」

「スリリングってレベルじゃないから。いろいろ飛ばしすぎだから」

「今なら慰謝料と治療費請求できますよ?」

「知らない男が娘を貰いにきたと思ったらお金を貰いにきただけだったとか」

「お義父さん、お金を僕にください」

「殴り飛ばされそう」



 一人が腰を上げると、もう一人も立ち上がります。
 そうしてどちらからともなく手を繋ぎ、今日に背を向けて、去っていきました。
勝手にランキング参加中↑↑↓↓←→←→BA
小説家になろう 勝手にランキング

cont_access.php?citi_cont_id=361022146&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ