挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
彼と彼女の千文字会話 作者:江見村元素

土手編

14/1662

土手クッキング

 土手に座り込み、沈む夕日と川のせせらぎを見つめながら。
 一日の終わりに、二人は他愛ない会話を始めます。



「土手クッキングの時間がやって参りました。本日料理をするのは私です」

「教えるのは僕です。っていうか土手クッキングってなんだよ。語呂悪いな」

「土ー手ー三分クッキングの時間が」

「キューピーみたく伸ばすな。なんか響きがアレになるから。三分でもないし」

「さて先生、今日は何を作るんでしょうか」

「肉じゃが。とりあえずこのくらいは作れるようになってもらわないと。材料は揃ってる?」

「はい。ベーコン、ジャガイモ、ニンジン、タマネギ、糸こんにゃく、カレー粉――」

「ちょっと待って。今、肉じゃがに必要ないものが聞こえた。何?」

「カレー粉です」

「そんなの入れたら紛うことなきカレーになっちゃうだろ。具材ほとんど同じなんだから」

「味付けに困ったらカレー粉を入れておけば間違いありません」

「どういう理論だ。ちゃんと調味料使って味付けするの。じゃ、まずニンジンとジャガイモは皮を剥いて一口大、タマネギは一センチくらいの幅で切る」

「一口大だったら切らなくても大丈夫ですね」

「丸呑みか。一口どんだけでかいんだ君は。めんどくさがらずちゃんと切れ」

「タマネギは目にしみるので嫌いです」

「みじん切りじゃないんだからそこまででもないと思うけど」

「うぅ、これでいいですか?」

「涙目で上目遣いとかやめなさい。なんか悪いことさせた気分になる」

「次はどうすれば?」

「油を大さじ一、鍋にしいたらタマネギを中火で炒める」

「うあああ目にしみる……女の子泣かせるなんて最低です」

「うん、なんか普段絶対見られない君の泣き顔が可愛く見えてきた。最低かもしれない僕」

「いつまで炒めればいいんですか?」

「タマネギが飴色になるまで。そしたらニンジンとジャガイモを加えて、また炒める」

「腕が辛いです」

「そこに切ったベーコンと糸こんにゃくを入れて水を加え、だしの素と醤油と砂糖を必要量の半分入れてしばらく煮込む」

「なんで一気に全部入れないんですか?」

「煮込んだあとに味見しながら調節するんだよ。さて、できるまでどうしようか」

「完成したものがこちらになります」

「なんで用意してあるんだ。ってカレーじゃないか!」

「困ったらカレー粉を入れておけば間違いありません」

「さっきからなんなのそのカレー粉への絶大な信頼は。タマネギ入ってないし。ちょっ、これジャガイモ皮剥いてないし!」

「もう暗いですし、この肉じゃがは持ち帰って私がいただきます。代わりにそのカレーをどうぞ。味見はしたので問題ありません」

「……まぁ、せっかく作ってくれたんだしね。ありがとう」

「ふふ、どういたしまして」
 このとき、私は思ってもみなかった。私のカレーで彼があんなことになるなんて……。
「不吉なモノローグ入れるのはやめてくれるかな?」



 一人が腰を上げると、もう一人も立ち上がります。
 そうしてどちらからともなく手を繋ぎ、今日に背を向けて、去っていきました。
勝手にランキング参加中↑↑↓↓←→←→BA
小説家になろう 勝手にランキング

cont_access.php?citi_cont_id=361022146&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ