挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
彼と彼女の千文字会話 作者:江見村元素

土手編

10/1663

他人の空似

 土手に座り込み、沈む夕日と川のせせらぎを見つめながら。
 一日の終わりに、二人は他愛ない会話を始めます。



「さっき少し恥ずかしい思いをしてしまいました」

「へえ、どんな?」

「あなたに似た人が歩いてて、私に手を振ってきたように見えたんです」

「ああ、それで手を振り返したら、勘違いだったわけか」

「いえ、抱きついたら勘違いでした」

「盛大な勘違いだな。え、なんでよりによってそんなときに? いつも僕にはそんなことしないじゃん」

「いつもよりイケメンに見えて抱きつきたくなったんです」

「なるほど……いやなるほどじゃないよ。それ僕のイケメンバージョンが現れたから抱きついたってだけだよね?」

「あなたに似てなければ抱きついてないです」

「素直に喜べない」

「おかげでおいしい思いができました」

「……分かっててわざと抱きついたんじゃないよね?」

「さてどうでしょう。故意かもしれませんね、恋だけに」

「やかましい」

「そのあとちょっと話し込んでしまったんですけど、トークがすごく面白かったです」

「うん完全に僕の上位互換だね。え、何これ、恥ずかしい話と称した浮気の暴露?」

「もしや昨日見た未来のあなたは、実はあなたではなくて――」

「何それ怖い。皆まで言わないで」

「今思い返すと未来の彼はあまりあなたに似てなかったような」

「やめて。老けたとか言ってたじゃん」

「今日会った彼はどことなく大人びていたような」

「あー僕もね、最近なんか老けてきたかなーって。ちょっと大人っぽくなってきたかなーって」

「心配しないでください。浮気なんてしませんよ」

「だよね、しないよね」

「そもそも私とあなたの関係程度なら浮気になりません」

「そっち!? そんな浅い関係だったの僕ら!?」

「土手に座って喋ってるだけじゃないですか」

「お、おう。おうおうおう。恋人同士とかじゃなかったんだ。そっか、違うのか……」

「恋人同士だったらもっと愛に満ちた会話を繰り広げてますよ」

「例えば?」

「今夜の晩御飯を何にするか相談しあったり」

「そもそも同棲してないし」

「給料の三ヶ月分の指輪をプレゼントしたり」

「気が早い。そしてなんか古い。しかも会話じゃない」

「好きだよと耳元で囁いたり」

「あー……」

「好きだよと耳元で囁いたり」

「……なんで二回言ったの?」

「さて、なんででしょうね」

「…………」

「…………」

「す、好きだよ……」

「……ふ、案外ちょろいですね」

「貴様謀ったな!」



 一人が腰を上げると、もう一人も立ち上がります。
 そうしてどちらからともなく手を繋ぎ、今日に背を向けて、去っていきました。
勝手にランキング参加中↑↑↓↓←→←→BA
小説家になろう 勝手にランキング

cont_access.php?citi_cont_id=361022146&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ