挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

月光の姫 シリーズ

月光の姫と信望者たち(仮)

セリアテス・クリスチーネ・フォングラム公爵令嬢は7歳にして立派な淑女だった。ただ、性格は高飛車で高慢ちきな我儘と、とても残念なお嬢様となっていた。そんなあるひ、王宮で開かれたお茶会でけがをして、意識を失ってしまった。・・・7日後、目が覚めたときには記憶を失っていたのだった。そうして、改めていろいろなお勉強をしながら、来たるべき時のために、ちょびっと改革いたします。そして、聖別の儀を受けるために神殿に行ったら、女神様の愛し子認定されました!
一応転生もの? 乙女ゲームの悪役令嬢? 小動物的な可愛さで信望者を増殖中! 
登場人物紹介
登場人物 1 1~100話
2016/03/31 08:50
プロローグ
セリアテス・クリスチーネ・フォングラム公爵令嬢とは
2015/12/19 09:36
第1章
1-1 目を覚まして混乱中・・・
2015/12/20 13:48
1-2 まだ・・・混乱中・・・?
2015/12/20 23:42
1-3 別の意味で混乱中・・・かも
2015/12/21 08:54
1-4 ひとまず混乱から回復したみたいだけれど・・・
2015/12/21 14:19
1-5 記憶喪失は混乱のもと・・・。
2015/12/22 08:51
1・5-1 他の人に言えない、いろいろなこと・・・
2015/12/22 18:52
1・5-2 人には言えない検証は、まだまだ続く・・・
2015/12/22 19:07
1・5-3 まだまだ検証中・・・起きてからの出来事・・・から?
2015/12/22 19:26
兄話1-1 僕の可愛い妹・・・?
2015/12/24 09:27
兄話1-2 い・・・妹だよね?・・・妹なんだよね?・・・
2015/12/24 10:24
兄話1-3 妹が可愛いからって・・・周りをみてから・・・ね!
2015/12/24 10:49
兄話1-4 妹が・・・小動物的な可愛さを手にいれました・・・
2015/12/24 11:16
母話1-1 娘への想い
2015/12/25 22:55
母話1-2 娘の変化と、暴走と
2015/12/26 22:05
母話1-3 娘の可愛さに思うこと
2015/12/27 23:07
父話1-1 日記という名の記録
2015/12/28 21:48
父話1-2 貴族の常識とは・・・
2015/12/29 17:19
父話1-3 変化を見守って・・・
2015/12/30 10:19
父話1-4 記憶喪失・・・なのか
2015/12/31 10:26
2-1 さわやかに目覚めました
2016/01/04 12:08
2-2 医師の方とお話しします
2016/01/05 18:24
2-3 いろいろな方とお話しします
2016/01/06 14:25
2-4 お話しして疲れました
2016/01/12 10:33
2-5 王妃様とお母様の話し合い・・?です
2016/01/13 10:33
2-6 王妃様と私の話し合い?・・・ですか?
2016/01/14 09:33
2-7 王女様とお話ししましょう
2016/01/15 09:05
2-8 新しいあだ名をもらった?ようです
2016/01/15 17:46
医師話1 若輩者の日記から・・・
2016/01/16 23:32
医師話2 若輩者はジッと、見ている・・・
2016/01/17 15:52
医師話3 若輩者の観察は続く・・・
2016/01/18 13:03
医師話4 眉間にしわがよるのは気になることがあるからで・・・
2016/01/19 15:41
医師話5 若輩者の発言で大変なことになりました・・・
2016/01/19 15:56
医師話6 若輩者は信望者に・・・
2016/01/19 17:34
2・5 思い出した・・・ゲーム?・・・のこと
2016/01/19 22:25
3-1 お客様?が、いらっしゃいました・・・が
2016/01/20 15:13
3-2 王子様たちは・・・年齢詐称・・・ですか?
2016/01/21 17:28
3-3 王女様の乱入と・・・伯爵令嬢と
2016/01/22 21:49
3-4 お友達をつくります・・・?
2016/01/23 23:44
3-5 明日の楽しみができました?・・・
2016/01/24 00:08
魔術師長話1 高察は間違っていない・・・はずだ
2016/01/31 22:35
魔術師長話2 明日のために準備をする・・・ぞ?
2016/02/01 23:44
4-1 楽しい1日のはずが・・・
2016/02/03 00:18
4-2 話しをするはずが・・・戦いに?
2016/02/03 23:57
4-3 想いは・・・みだれて・・・
2016/02/04 16:13
4-4 彼女のことを・・・(ぼかして)話します・・・?
2016/02/05 17:47
4-5 何か・・・誤解を与えたみたいです・・・
2016/02/06 23:12
4-6 考えすぎて・・・つかれ?・・・ました
2016/02/07 22:40
医師長話1 愚痴を言ってもいいですか
2016/02/09 13:13
医師長話2 公爵の怒気と王女の言葉
2016/02/09 13:37
医師長話3 国としての方針は・・・
2016/02/09 15:49
4・5 今夜も・・・検証を・・・するの・・です
2016/02/10 16:40
王女と王女と伯爵令嬢 不安な一夜 1
2016/02/11 15:59
王女と王女と伯爵令嬢 不安な一夜 2
2016/02/11 16:54
5-1 体調不良の情緒不安定・・・です
2016/02/12 15:01
5-2 困惑と・・・(夢の中で)後悔と・・・
2016/02/13 16:35
5-3 彼女の言葉を実践する?らしい・・・です
2016/02/14 20:46
5-4 事件は、未定・・・予定も、未定?
2016/02/15 15:47
5-5 今日は眠る前に検証・・・なのかしら?
2016/02/16 09:42
王家の人々 の つ・ぶ・や・き
2016/02/17 08:24
6-1 昼食会は・・・コメントを・・・ということで
2016/02/18 09:22
6-2 公爵家に・・・帰ります?
2016/02/20 10:33
6-3 叔父様一家とお話し?・・・です
2016/02/22 08:07
6-4 自分の部屋と・・・緑色のリボン
2016/02/23 14:40
父と母1 くつろぎの時間のはずが・・・
2016/02/24 09:23
父と母2 告白と・・・真実と・・・
2016/02/24 10:04
父と母3 ちゃんと話せば・・・わかること
2016/02/24 10:36
7 ご飯(食事)がおいしいとやる気がでます
2016/02/25 11:01
8-1 朝早くから・・・嵐の襲来?
2016/02/26 09:44
8-2 聞きたいことが・・・って、あれ?
2016/02/27 22:37
8-3 地図と・・・魔法と・・・
2016/02/28 15:00
8-4 遠話の魔道具・・・って!
2016/02/29 11:07
8-5 おじいさまの扱いは・・・予定調和ですね
2016/03/01 09:14
8-6 紅茶の作り方・・・?
2016/03/03 10:00
8-7 お母様の妹一家です・・・ね?
2016/03/05 10:00
8-8 子供の時間?・・・折り紙しましょ!
2016/03/07 10:00
大人の時間 家族会議1
2016/03/09 10:00
大人の時間 家族会議2
2016/03/11 10:00
大人の時間 家族会議3
2016/03/13 10:00
大人の時間 家族会議4
2016/03/15 10:00
大人の時間 家族会議5
2016/03/16 10:00
兄話2-1 僕の立場は
2016/03/17 10:00
兄話2-2 「オリガミ」教室
2016/03/18 10:00
兄話2-3 王様の好きなものはスッパイものらしい
2016/03/19 10:00
9-1 往診にいらっしゃいました・・・
2016/03/20 10:00
9-2 ゴムが欲しい!からの・・・あれ?
2016/03/21 10:00
9-3 服を改良するためには・・・
2016/03/22 10:00
9-4 まずは・・・ボタンを作ります
2016/03/22 22:00
9-5 クスクスクス・・・とても楽しいわ
2016/03/23 10:00
9-6 魔力の・・・怖さを知りました・・・
2016/03/23 22:00
9-7 お・・・お兄様が・・・おとな?
2016/03/24 10:00
9-8 作った服の・・・説明ですか?
2016/03/24 22:00
9-9 ファッションショー?です・・・
2016/03/25 10:00
祖父話1 後悔するようなことは・・・
2016/03/25 22:00
祖父話2 助かるとわかって・・・
2016/03/26 10:00
祖父話3 魔封じの腕輪と・・・の指輪
2016/03/27 10:00
祖父話4 守りたいもののために・・・
2016/03/28 10:00
祖父話5 気付かせないために・・・
2016/03/29 10:00
祖父話6 王宮に向かう・・・
2016/03/30 10:00
祖父話7 小会議の流れは・・・
2016/03/31 10:00
祖父話8 宰相の決断に・・・
2016/04/01 10:00
10-1 友達との約束の日・・・ですが
2016/04/02 10:00
10-2 侮辱されたので怒ります!
2016/04/03 10:00
10-3 何があったのか・・・話します
2016/04/04 10:00
10-4 言葉にすることで・・・
2016/04/05 10:00
10-5 申し訳ないことを・・・
2016/04/06 10:00
10-6 勉強を始めま・・・す?
2016/04/07 10:00
10-7 季節と果物と成人と・・・?
2016/04/14 16:30
10-8 私と同じ・・・じゃないの?
2016/04/15 10:00
10-9 今日はこれで終わり・・・です
2016/04/16 10:00
祖母話1 孫の変化に・・・
2016/04/17 10:00
祖母話2 情報のすり合わせで・・・
2016/04/29 22:00
祖母話3 思考におちいって・・・
2016/05/18 10:00
祖母話4 反省と共に・・・
2016/05/19 10:00
11-1 サンフェリス国からのお客様・・・です
2016/05/20 10:00
11-2 昼食の席はくじ引き・・・で
2016/05/21 10:00
11-3 お土産をもらいました・・・
2016/05/22 10:00
11-4 みんなにお話し?・・・です
2016/05/23 10:00
11-5 お土産その2・・・です
2016/05/24 10:00
11-6 思い出すのは・・・危険です
2016/05/25 10:00
11-7 聞いてません・・・けど
2016/05/26 10:00
11-8 わたしは・・・誰?
2016/05/27 10:00
11-9 お風呂で浪漫を見つけ・・・
2016/05/28 10:00
12-1 こんな時間から・・・
2016/05/29 10:00
12-2 キャバリエ公爵家は・・・
2016/05/31 10:00
12-3 キラキラの糸は・・・
2016/06/01 10:00
12-4 準備をします・・・
2016/06/02 10:00
12-5 御前会議・・・に!
2016/06/06 10:00
12-6 えーと、対決?・・・ですか
2016/06/07 11:00
12-7 高位貴族は・・・!
2016/06/08 10:00
12-8 ファッションショー・・・再び?
2016/06/09 10:00
12-9 お、終わり・・・ました
2016/06/10 10:00
12-10 体が弱くなった・・・気がします
2016/06/11 10:00
12-11 酸っぱいリンゴの活用法・・・?
2016/06/12 10:00
12-12 コンポートはね、時間をおくのよ!
2016/06/13 10:00
12-13 作り直しは・・・ちゃんと量ってください!
2016/06/14 10:00
12-14 味見は・・・一口ずつね
2016/06/15 10:00
13-1 神殿へ・・・お出かけします
2016/06/16 10:00
13-2 神殿は・・・とても広いです
2016/06/17 11:00
13-3 聖別の儀・・・ではなく、女神様の降臨です
2016/06/18 10:00
13-4 神殿の別棟・・・で、一休みです
2016/06/19 10:00
13-5 神殿に・・・いなくていいのですか?
2016/06/20 10:00
13-6 王家も・・・恋愛結婚推奨ですか?
2016/06/21 10:00
13-7 騎士団長は・・・紳士です
2016/06/22 10:00
13-8 重大発表は・・・なされていたようです
2016/06/23 10:00
13-9 牽制・・・は、何に対してですか?
2016/06/24 10:00
13-10 婚約?・・・は・・・
2016/06/25 10:00
13-11 ・・・もしかして攻略対象キャラが?
2016/06/26 10:00
13-12 神殿の・・・外が大変です
2016/06/27 10:00
13-13 声を届かせる・・・魔道具?
2016/06/28 10:00
13-14 民衆を・・・誘導するには・・・
2016/06/29 10:00
13-15 ・・・理不尽。・・・不機嫌になってもいいですか
2016/06/30 11:00
13-16 魔石・・・の、加工って・・・
2016/07/01 11:00
13-17 難しく考えないでください・・・?
2016/07/04 18:00
13-18 お披露目?・・・です
2016/07/05 10:00
母話2-1 疑惑・・・
2016/07/08 10:00
母話2-2 疑念・・・と
2016/07/09 10:00
母話2-3 疑問・・・と・・・娘のこと
2016/07/11 10:00
母話2-4 疑義・・・
2016/07/13 10:00
母話2-5 疑心・・・それと・・・
2016/07/15 10:00
従兄話 オスカー1 ミルフォードについて思うこと
2016/07/21 10:00
従兄話 オスカー2 リングスタットの王子達について思うこと
2016/07/27 10:00
従兄話 オスカー3 侮辱について思うこと
2016/07/28 10:00
従兄弟 オスカー4 馬車の中で思うこと
2016/07/29 10:00
従兄話 オスカー5 冷静な提案について思うこと
2016/07/30 10:00
従兄話 オスカー6 王都からの脱出について思うこと
2016/07/31 10:00
従兄話 オスカー7 手紙について思うこと
2016/08/01 10:00
従兄話 オスカー8 問題解決について思うこと
2016/08/02 10:00
従兄話 オスカー9 四年の間について思うこと
2016/08/03 10:00
従兄話 オスカー10 従妹のことと凶報について
2016/08/04 10:00
従兄話 オスカー11 跡継ぎについて思うこと
2016/08/05 10:00
従兄話 オスカー12 王位について思うこと
2016/08/06 10:00
従兄話 オスカー13 緊急連絡について思うこと
2016/08/07 10:00
従兄話 オスカー14 秘密の事情について思うこと
2016/08/08 10:00
従兄話 オスカー15 従妹の体調について思うこと
2016/08/09 10:00
従兄話 オスカー16 今までの話から決意したこと
2016/08/10 10:00
第2章
14-1 1人目の来訪者
2016/08/11 10:00
14-2 魔法の勉強は基本の基・・・からです
2016/08/12 10:00
14-3 2人目の来訪者は・・・想い人?
2016/08/13 10:00
14-4 勉強も基本の基・・・からですね
2016/08/14 10:00
14-5 3人目の来訪者
2016/08/15 10:00
14-6 お母様と王宮料理長
2016/08/16 10:00
14-7 王宮料理長とフォングラム家料理長
2016/08/17 10:00
14-8 トウモロコシの調理法?
2016/08/18 10:00
14-9 お料理対決?・・・です
2016/08/19 10:00
14-10 先の予定が・・・
2016/08/20 10:00
料理長たち1 料理対決の後
2016/08/21 10:00
料理長たち2 料理人は天職?か
2016/08/22 10:00
料理長たち3 無意識の魔法のこと
2016/08/23 10:00
料理長たち4 あちらの世界の記憶持ちのこと 
2016/08/24 10:00
15-1 魔法の勉強 その2? のはずが・・・
2016/08/25 10:00
15-2 魔法はイメージが大切?・・・です
2016/08/26 10:00
15-3 私の侍女と護衛の子・・・
2016/08/27 10:00
15-4 お兄様が・・・お説教?
2016/08/28 17:09
15-5 ドレスと・・・お絵かき?
2016/08/29 10:00
15-6 ドレスの決定と4人目の来訪者
2016/08/30 10:00
15-7 女性騎士と明日の楽しみ
2016/08/31 10:00
宰相話1 我が国の置かれている状況について
2016/09/01 10:00
宰相話2 新しい知識の価値
2016/09/02 10:00
宰相話3 苦言を呈してみたが
2016/09/16 10:00
宰相話4 探りを入れたら返り討ち
2016/09/17 10:00
16-1 秘密の鍵
2016/09/18 10:00
16-2 隠し扉
2016/09/19 10:00
16-3 私がすべきこと
2016/09/20 10:00
16-4 お願いを、します
2016/09/21 10:00
16-5 私におこったこと
2016/09/22 10:00
16-6 物語の世界のこと
2016/09/24 10:00
16-7 第一関門を・・・
2016/09/26 10:00
16-8 話を聞いてくれないのなら
2016/09/28 10:00
16-9 お金の価値は
2016/09/30 10:00
16-10 レシピについて
2016/10/02 10:00
父話2 茶番を演じる
2016/10/03 10:00
16-11 王宮にて 
2016/10/10 10:00
16-12 クラーラお姉様の・・・
2016/10/12 10:00
16-13 私の友人
2016/10/14 10:00
16-14 日記について
2016/10/16 10:00
16-15 王子達と・・・
2016/10/18 10:00
16-16 王子の友人達
2016/10/20 10:00
16-17 不穏な空気
2016/10/22 10:00
16-18 フィリナから見たあの時のこと
2016/10/24 10:00
16-19 私から見たあの時のこと
2016/10/26 10:00
16-20 不快な気持ちは・・・
2016/10/28 10:00
兄の友人話 アルザスから見た話
2016/12/01 10:00
16-21 魔術師長の訪問
2016/12/21 10:00
16-22 魔術師長の魔法
2016/12/24 10:00
16-23 会議場前で
2016/12/25 10:00
16-24 提案事項
2017/01/01 10:00
16-25 魔術師長の援護
2017/01/21 17:07
16-26 説明が・・・試食会に・・・
2017/02/14 11:14
16-27 説明の後の・・・一休み
2017/02/15 10:00
16-28 知識の権利
2017/02/17 10:00
16-29 知識の伝達法?
2017/02/18 10:00
16-30 とりあえず・・・言いたいことは言ったかな?
2017/02/19 10:00
兄話3-1 妹の変化を振り返る
2017/03/10 10:00
兄話3-2 妹が「女神様の愛し子」になって
2017/03/13 10:00
兄話3-3 従弟の変化
2017/03/14 10:00
兄話3-4 真実に辿りつくために
2017/03/15 10:00
兄話3-5 礼拝堂での話を聞いて・・・
2017/03/17 10:00
兄話3-6 妹を守りたい
2017/03/18 10:00
兄話3-7 妹からの話
2017/04/05 10:00
兄話3-8 妹が言う、選ばれた意味
2017/04/24 10:00
兄話3-9 僕の決意
2017/04/26 10:24
兄話3-10 従弟と密談?
2017/04/27 10:00
兄話3-11 僕と王子達
2017/05/02 10:11
兄話3-12 妹と王子達と
2017/05/15 10:52
兄話3-13 妹が覚えていたこと
2017/05/18 10:00
兄話3-14 妹をバカにする奴は赦さない
2017/05/19 10:00
兄話3-15 妹と魔術師長
2017/05/20 10:00
兄話3-16 愛おしいという気持ち
2017/05/22 10:00
兄話3-17 会議室前で
2017/05/23 10:00
兄話3-18 提案、そして妹の焦り
2017/05/24 10:00
兄話3-19 妹と雛鳥
2017/05/25 10:00
兄話3-20 優越感
2017/06/27 10:00
兄話3-21 新たな疑惑
2017/06/29 10:00
兄話3-22 会議後 館に着いて
2017/07/12 10:00
兄話3-23 いとこと密談?
2017/07/13 10:00
17-1 騎士の誓い
2017/07/14 10:00
17-2 模倣する者たち
2017/07/15 10:00
17-3 お兄様達の決意・・・
2017/08/04 10:00
17-4 さあ、挨拶大会の始まりです
2017/08/08 10:00
17-5 侯爵家の方々
2017/08/19 10:00
17-6 伯爵家にも取り巻きの方が・・・
2017/08/20 10:00
17-7 子爵家の挨拶・・・
2017/08/22 10:00
17-8 罰するということ・・・
2017/09/08 13:44
17-9 私が考えたこと
2017/09/25 21:00
17-10 私の願い
2017/10/05 13:30
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

かわいいコックさん

『花(オトコ)より団子(食い気)』で生きてきたアラサー女が気付いたら子供になって見知らぬ場所に!?己の記憶を振り返ったら衝撃(笑撃?)の出来事が。そしてやっぱり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全92部分)
  • 722 user
  • 最終掲載日:2017/08/26 00:00
誰かこの状況を説明してください

貧乏貴族のヴィオラに突然名門貴族のフィサリス公爵家から縁談が舞い込んだ。平凡令嬢と美形公爵。何もかもが釣り合わないと首をかしげていたのだが、そこには公爵様自身の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全181部分)
  • 638 user
  • 最終掲載日:2017/11/09 22:45
悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される

婚約破棄を言い渡され、国外追放されるはずだったティアラローズ。 「ここって、私がプレイしていた乙女ゲームだ!」そう思い出したのは、物語エンディングの前日だった―//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全72部分)
  • 639 user
  • 最終掲載日:2017/11/21 19:00
異世界でもふもふなでなでするためにがんばってます。

色々あって、神様から能力もらって異世界に転生しました!ハイスペックな家族に見守られつつ、平々凡々な私は異世界ライフを満喫してる。神様からもらった能力使って、ファ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全79部分)
  • 624 user
  • 最終掲載日:2017/11/12 00:30
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全124部分)
  • 651 user
  • 最終掲載日:2017/11/06 22:53
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 680 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
もう、いいでしょう。

 周囲から虐げられてきた皇女が、幼馴染であり、婚約者でもある騎士に『惚れた女に子供が出来たから、お前から婚約破棄を申し出てくれ!』と暴言を吐かれて、国を捨てる覚//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全16部分)
  • 717 user
  • 最終掲載日:2017/10/27 23:00
転生先が少女漫画の白豚令嬢だった

 私の前世の記憶が蘇ったのは、祖父経由で婚約破棄を言い渡された瞬間だった。同時に、ここが前世で好きだった少女漫画の世界だと思い出す。漫画の主人公に意地悪の限りを//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全102部分)
  • 582 user
  • 最終掲載日:2017/11/20 20:00
わたしはふたつめの人生をあるく!

 フィーはデーマンという田舎国家の第一王女だった。  このたび、大国オーストルの国王で容姿端麗、政治手腕完璧、ただひとつ女性に対して冷たいのをのぞけば完璧な氷の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全191部分)
  • 656 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 19:08
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全391部分)
  • 779 user
  • 最終掲載日:2017/11/22 01:16
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全243部分)
  • 963 user
  • 最終掲載日:2017/11/21 00:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 580 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
魔導師は平凡を望む

ある日、唐突に異世界トリップを体験した香坂御月。彼女はオタク故に順応も早かった。仕方が無いので魔導師として生活中。 本来の世界の知識と言語の自動翻訳という恩恵を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全344部分)
  • 762 user
  • 最終掲載日:2017/11/22 07:00
甘く優しい世界で生きるには

 勇者や聖女、魔王や魔獣、スキルや魔法が存在する王道ファンタジーな世界に、【炎槍の勇者の孫】、【雷槍の勇者の息子】、【聖女の息子】、【公爵家継嗣】、【王太子の幼//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全250部分)
  • 669 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 12:00
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全111部分)
  • 761 user
  • 最終掲載日:2017/11/06 00:00
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

**コミカライズ、スタートしました** 生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全77部分)
  • 850 user
  • 最終掲載日:2017/11/15 23:53
私はおとなしく消え去ることにします

私は転生した。転生したのは国の防衛を担う武の公爵家だった。先視の才を持つ私は断片的な未来を見る。そして知った。私には戦う力がない。それを持つのは弟だと。そのこと//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全65部分)
  • 687 user
  • 最終掲載日:2017/10/30 04:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 1003 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

 本が好きで、司書資格を取り、大学図書館への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。いく//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全677部分)
  • 580 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 12:18
復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる

大学へ向かう途中、突然地面が光り中学の同級生と共に異世界へ召喚されてしまった瑠璃。 国に繁栄をもたらす巫女姫を召喚したつもりが、巻き込まれたそうな。 幸い衣食住//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全93部分)
  • 718 user
  • 最終掲載日:2017/10/16 18:23
転生したので次こそは幸せな人生を掴んでみせましょう

車に轢かれるという残念な結末を迎えたと思ったら、気付いたら赤ん坊に。しかもファンタジーな世界の住人になっていました。マジですか。  というかよくよく考えれば、//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全184部分)
  • 599 user
  • 最終掲載日:2017/05/19 21:15
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 657 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
薔薇姫は支配者として君臨する

気付けば巷で流行りの異世界転生というものをしておりました。しかも側室ではありますが、王族の子ども。王女ですね。前世ではそれなりに平凡な人生だったとは思うのですが//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全57部分)
  • 591 user
  • 最終掲載日:2017/10/01 11:43
針子の乙女

生まれ変わった家は、縫物をする家系。前世では手芸部だった主人公には天職?かと思いきや、特殊能力にだけ価値観を持つ、最低最悪な生家で飼い殺しの日々だった(過去形)//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全46部分)
  • 679 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 22:18
おかしな転生

 貧しい領地の貧乏貴族の下に、一人の少年が生まれる。次期領主となるべきその少年の名はペイストリー。類まれな才能を持つペイストリーの前世は、将来を約束された菓子職//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全159部分)
  • 594 user
  • 最終掲載日:2017/10/28 21:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 838 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
お前みたいなヒロインがいてたまるか!

アラサーOLだった前世の記憶を持って生まれた椿は4歳の時、同じく前世の記憶持ちだと思われる異母妹の言葉でこの世界が乙女ゲームの世界だと言う事を思い出す。ゲームで//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全179部分)
  • 694 user
  • 最終掲載日:2017/11/11 12:00
乙女ゲーム六周目、オートモードが切れました。

気が付けばそこは、乙女ゲームの世界でした。ハッピーでもバッドでもエンディングは破滅までまっしぐら、家柄容姿は最高なのに性格最悪の悪役令嬢『マリアベル・テンペスト//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全90部分)
  • 715 user
  • 最終掲載日:2017/10/24 12:00
聖女の魔力は万能です

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。 だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。 召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全52部分)
  • 818 user
  • 最終掲載日:2017/11/16 22:19
悪役令嬢の取り巻きやめようと思います

気付いたら、悪役令嬢の、取り巻きBでした! あれ?これって娘が前にやってたゲームの中の世界じゃない?! 突然、前世の記憶を取り戻した伯爵令嬢コゼットは自分の太ま//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全175部分)
  • 806 user
  • 最終掲載日:2017/11/08 07:00
悪役令嬢になんかなりません。

 気がつけば、死亡フラグ満載の悪役令嬢として目覚めていた。  せっかく健康な体で生まれ変わったんだから、私幸せになります!  とりあえず、家族関係を改善しつつ死//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全475部分)
  • 715 user
  • 最終掲載日:2017/11/20 00:00
↑ページトップへ