挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

グラウンド・ブランク_■6 モノクロームの世界、唯一の色彩

作者:文月なのか
拓人は、優恵の通う学校で非常勤講師として働くことになった。そのことに喜ぶ優恵。拓人はそんな状況に恥ずかしさを覚えつつも、教壇に立つ。初めての授業の日、拓人はある女子学生と出会う。彼女も優恵と同じく、獣人、スペシャルだった。だが、彼女の瞳には…

この作品も、過去にイベントで頒布したものです。お楽しみいただけたら嬉しいです。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ