挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
木苺はわたしと犬のもの ~司書子さんとタンテイさん~ 作者:冬木洋子
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

10/35

第一話 お祖母ちゃんの髪飾り事件(10)

 光也君と別れて、反田さんと二人で帰る道すがら、通りかかった小さな児童公園の前で、反田さんが、自販機で飲み物を買って飲んでいこうと提案しました。喉が乾いて乾いて死にそうだって。
 わたしも、そういえば、喉が乾いて死にそうでした。初夏の陽気の中、あんなに走ったんだから、当然です。でもわたし、お財布を持っていません。そう言うと反田さんは、それくらいおごりますよと言ってくださいましたが、そういうわけにはいきません。でも、お言葉に甘えて、とりあえず立て替えてもらいました。あんまり喉が乾いていたので……。
 それぞれの飲み物を手に、公園のベンチに腰掛けます。小さな滑り台と動物の形の一人乗りシーソーがぽつんと置いてあるだけの、小さな小さな公園でしたが、小さな花壇には可愛い花が咲き、木漏れ日と五月の風が気持ちいいです。
 反田さんは、プシュッと缶を開けると、反らした喉の喉仏を大きく上下させて、あっという間にごくごくとスポーツドリンクを飲み干しました。その間、ほんの数秒。あんまり早飲みなのでびっくりして、自分の缶を開けるのも忘れて豪快な飲みっぷりに見とれていると、飲み終わった反田さんはわたしの手元に目をとめ、
「あれ? 司書子さん、まだ飲んでないの? もしかして、缶、開けられない? ちょっと貸して」と缶を奪い取って、開けて返してくれました。ありがとうございます、でも、わたしだって、いくらなんでもプルタブくらい開けられます……。
 もしかして、反田さんのお家には、お年寄りがいるのでしょうか。お年寄りのいる家の方は、そういう気遣いに慣れていたりしますよね。そういえば、祖母も、晩年は、時々、ペットボトルやプルトップ式の缶詰が開けられないことがありました。瓶の蓋を開けるのを頼まれる頻度も、そういえばだんだん高くなっていました。ずっと元気だ元気だと思っていた祖母、長く病みつくことがなかったためにわたしにとっては最後まで労るべきお年寄りではなく頼もしい保護者であり続けたあの祖母にも、確実に老いは忍び寄っていたんだなと――そしてわたしはそんなことは思ってもみずにいつまでも子供の気持ちのままで祖母に甘え続けてきたんだなと、いまさらながらに気づいたら、うっかり涙ぐみそうになりました。いけない、本当にわたしは泣き虫です。瞬きをしてごまかして、反田さんに開けてもらったオレンジジュースを飲みました。爽やかな甘酸っぱさが、乾いた喉に染み渡る気がしました。

「ああ、走りましたねえ……」と、反田さんがほがらかに笑いました。
「本当に。大人になってから、こんなに走ったのははじめてかもです。反田さん、足、速いですね」
「まあね。こう見えても、センター守ってますから」
 えーっと、草野球の話ですね?
 反田さんは得意そうに胸を張りましたが、わたし、野球のことはよく知らないので、『こう見えても』と言われても、どういうことかわかりません……。かろうじて、センターというのが野球のポジションの一つだということがわかるだけで。
 でも、反田さんが自慢するということは、すごいことなのでしょう、きっと。
「それにしても、わたしたち、なんであんなに走ったんでしょうね。冷静に考えてみれば、トラックに琴里ちゃんが乗ってるわけなんか、なかったのに」
 なんだか、今頃になって、おかしさがこみ上げてきました。あの、わけのわからない右往左往は、いったい何だったんでしょう……。思わず、くすっと笑いました。
「ですよねえ!」と、反田さんも笑っています。「あの時は、何か、あのトラックに追いつければ何とかなるみたいな気がしちゃってたんですよね……。たぶん、光也が走りだしたからですね。あの勢いに、つられちゃったんですよ」
「反田さんは、抜け道を指示したり、タクシーの運転手さんに交通ルール遵守でとか言ったりして、ずいぶん冷静で、すごいなと思ったんですけど……」
「ところが、根本的なところが冷静じゃなかったんですねえ」
 肩をすくめてくつくつと笑う反田さん。
  それを見ていたら、わたしも、お腹の底からおかしさがこみ上げてきて、くすくす笑いが止まらなくなって、しまいには、柄にもなく、身体を二つに折り曲げて、涙が出るほど笑いこけてしまいました。こんなふうに笑うのなんて、学生時代以来かもしれません。全力疾走したり、タクシーでトラックを追いかけたりと、いつも静かな休日を過ごしているわたしにとっては思いもよらないような大冒険をしたから、ハイになっているのでしょうか。バカなことをしたと思いますが、バカなことを一生懸命やるのって、そういえば、楽しいんですよね。真面目でおとなしい地味な学生だったわたしでも、学生時代には、やっぱりそれなりに、友達と一緒にバカなこともやりました。そんな楽しさを、大人になってから、忘れていました。
 笑いって、伝染するんですよね。それからしばらく、わたしたちは、ひとけのない児童公園のベンチで、ふたりして笑い転げました。

 やっと笑いが収まってきて、わたしは、「ああ、もう……」と、笑い過ぎて滲んだ涙を拭いました。「ほんと、光也君、いきなり走りだしましたものね」
「そりゃあ、あの場合、走るでしょう。たとえ追いつけないとわかっていても、走らずにはいられないでしょうよ。青春ですからね、もう会えないかもしれない好きな女の子が乗っていると思えば、トラックだろうと電車だろうと、それどころか飛行機だろうとロケットだろうと走って追いかけますよ。それが青春ですよ。いやぁ、光也の青春パワーに、すっかりつられちゃいましたねえ」
「ほんとに……。でも、光也君、そんなに琴里ちゃんのことが好きだったんなら、つまらない意地悪なんかしないで、もっと普段から仲良くしてればよかったのに」
「まあ、まあ。小学生男子なんて、そんなもんですよ。誰もが通る道ですよ。好きな女の子には意地悪するんじゃなくて優しくするんだぞって、俺が人生の先輩としてよくよく教えておきますから、大目に見てやってくださいよ」
 ふと、反田さんにもそんな頃があったのかしらと、興味が出て、訊ねてみました。
「反田さんも小学生の頃は、好きな女の子に意地悪したりしたんですか?」
 わたしは小学校一年生から、反田さんは生まれた時から今の場所に住んでいますが、うちの辺と商店街では小学校の校区が違うので、わたしたちは幼なじみではなく、わたしは、子供時代の反田さんを知らないのです。
「いや、俺はそんなことしませんでしたよ!」と、反田さんはおどけて威張りました。「俺は小学生の頃から紳士でしたからね! 好きな女の子にはいつも優しくしてましたよ。司書子さんにも、俺、優しいでしょ?」
「え? あ、はい。いつも大変良くしていただいて、ありがとうございます」
 わたしは至って真面目に、本気で答えたのですが、反田さんは、なぜか吹き出しました。
「司書子さんは素直だなあ……」
 いやだ、またとんちんかんをやってしまったようです……。反田さんは、実際、いつも親切にしていただいていますから、正直に、心に思ったとおりにお礼を言ったまでなのですが、どんなに親切な優しい人でも、いえ、そういう人ほど、自分で自分のことを優しいなんて、普通は言わないですよね。そこをあえて言うということは、それは冗談、軽口の類なのですよね。だからわたしも、それに見合った対応をしなければいけなかったんですよね……。
 わたし、そういうのが、本当に苦手なのです。冗談とか社交辞令とか軽口とかに、全部真正面から、大真面目に答えてしまうのです。
 子供の頃――というか、実は大人になってからも、わたし、出かける時に近所の人と行きあって『あら、どちらへ?』などと言われるたびに、なんでそんなプライベートなことをいちいち詮索してくるのかと若干疑問に思いながらも、別に隠すほどのことでもないし嘘をつくのも嫌だしと、毎回バカ正直に『はい、図書館へ』とか『銀行へ』とか答えていたのです。が、ある日、祖母と一緒の時にそれをやって、後で祖母から、そういう時には『ちょっとそこまで』と言うものだと教えられて、びっくりしました。そういえば祖母はいつもそう答えてたと、言われて初めて、思い当たりました。わたしはそれを聞くたびに、(なんで今日は遠くまでいくのに『そこまで』だなんて無駄な嘘をつくんだろう)などと、ちょっと不思議に、変に思っていたのですが、あれは、そういう定型文、様式美だったのですね……。そして、みんなが知っているそのことに、わたしは、いい大人になるまで、気づかずにいたのですね……。
 ご近所の方は、子供の頃から知っているわたしのことをいつまでも子供と思っているから、多少受け答えがまずくても、子供だからだとか、ショコちゃんはそういう子だからと聞き流してくれていたのでしょうが、社会に出ても、一事が万事、何かにつけてその調子なので、そんな自分が、とても恥ずかしくて、だからわたし、軽口の飛び交う職場の宴会などは、大の苦手なのです。できれば参加せず、避けて通りたいのです。宴会のみならず、あらゆる付き合いごとを、できれば全部避けて通りたいです。
 あ、カウンターで利用者の方と接するのを嫌だとは、全く思わないです。利用者の方と仕事以外の軽口を叩き合う必要はなく、業務についてのことにだけ、真摯に誠実に、真面目に対応すればいいだけですから。わたしが人見知りなのも、人と話すのがあまり得意でないのもたしかだし、それが図書館員として望ましい資質でないことは明らかですが、それでもわたしは、自分のそういう面での適性のなさを乗り越えるべく自分なりに精一杯頑張って、カウンターでは笑顔の接遇を常に心がけ、至らないことは多いながらも、精一杯、親切丁寧な対応をしているつもりです。百パーセントの適性はなくても努力で補えると信じて。それにわたし、気安いコミュニケーションが不得手なだけで、別に人間が嫌いなわけじゃなく、目の前の利用者の方のお役に立ちたい、求める本と出会って喜んでもらいたいという気持ちは、決して人に負けてないと思います。だから、わたし、館内での利用者対応なら、多少苦手でも頑張ります。好きで選んだ仕事ですから。
 でも、職場の宴会、あれはダメです! 教育委員会とか本庁の偉い人たちと一緒のようなやつは特に。
 社会人になっても、お仕事だけ真面目にしていればいいなら良かったのに……。わたしには、図書館員としての適性以前に、社会人としての適性が足りないようです……。今も、反田さんの言葉が軽口であったことは理解しましたが、それに対してどう応えるのが正解だったのかは、未だにわかりません。

 でも、反田さんは、なんだか面白がってくれたみたいだから、まあ、いいです。なんだか知らないけどウケたのだ、笑いを取ったのだと、ポジティブに考えておきます。相手が反田さんだと、なんだか、そう思えます。不思議です。『素直だなあ』と笑った反田さんの笑顔が、面白がってはいてもちっともバカにしているようではなく、とても優しく見えたからかもしれません。大人に対して『素直だ』などと言う時には、しばしば揶揄のニュアンスがあって、必ずしも褒め言葉ではない場合もあると思うのですが、反田さんの言葉には、そういう意地悪さが一切感じられず、まるで慈しむかのような、温かい響きがありました。

 わたしが少し赤くなってしまったのは、変なことを言って笑われて恥ずかしかったからなのか、反田さんの眼差しが、まるで頭を撫でるみたいに優しかった気がしたからなのか……。たぶん、その両方です。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ