挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

Rebellion Cord 〜黄昏の彼方へ〜

作者:shun
魔族と人族の争いが終わり平和が訪れた世界。
今の世界では、冒険神を教会で崇めていて、生まれた時から「恩恵」という特殊な力を皆もっています。

この物語は魔族が多く住んでいるヘイブル地方、人族が多く住んでいるアストラ地方、その中間に位置しているジルド村に住んでいるレイン。
彼は手に入れた「恩恵」の力によって大きな事件に巻き込まれていきます。

そのはてにレインはどんな未来にたどり着くのか

*誤字脱字が多いかもしれません!
それと文法、句読点ミスもあると思います。そこはすみません!

完結できるように頑張ります。

*2017年7月22日1000PV突破できました!

*2017年8月8日2000PV突破しました!
序章
世界の成り立ち
2017/06/22 02:46
終わりの始まり
2017/06/22 03:28
一章 ジルド村の日常
第1話日常の始まり
2017/06/22 03:57
第2話日常
2017/06/26 01:23
第3話幼馴染
2017/06/28 01:33
第4話教会で
2017/06/29 02:54
第5話完全包囲
2017/07/02 02:25
第6話一般と固有
2017/07/03 22:14
第7話師匠到来
2017/07/05 01:03
第8話秘密
2017/07/05 02:17
第9話訓練
2017/07/06 01:06
第10話婚約式
2017/07/06 23:30
終話胎動
2017/07/07 00:14
一章での人物紹介
2017/07/07 00:33
二章 災厄の訪れと決断
第1話“恩恵”
2017/07/08 01:32
第2話“恩恵” sideリリー
2017/07/09 22:25
第3話予兆
2017/07/11 02:37
第4話手詰まり
2017/07/12 01:32
第5話災厄の訪れ
2017/07/13 01:01
第6話始動
2017/07/13 22:41
第7話逃走
2017/07/15 01:09
第8話遭遇
2017/07/16 00:21
第9話父として
2017/07/17 01:36
第10話覚醒
2017/07/17 23:49
第11話災厄の後
2017/07/18 23:51
終話暗躍
2017/07/20 00:25
二章までの人物紹介
2017/07/20 01:01
三章 新たな仲間と決意
第1話防衛本能
2017/07/21 00:38
第2話残酷な願い
2017/07/22 01:44
第3話確認
2017/07/23 01:30
第4話購入
2017/07/24 00:16
第5話自己紹介
2017/07/25 01:01
第6話それぞれの心境
2017/07/26 00:21
第7話野営準備
2017/07/27 02:45
第8話訓練開始
2017/07/28 01:24
第9話決断
2017/07/29 02:11
終章悪夢
2017/07/30 00:28
三章追加キャラ紹介
2017/07/30 00:50
四章 VSレジーナ
第1話ギルドカード
2017/07/31 00:15
第2話父の面影
2017/08/01 00:39
第3話意外な過去
2017/08/02 01:07
第4話襲撃者
2017/08/03 02:09
第5話無謀の代償
2017/08/04 01:45
第6話招待状
2017/08/05 01:22
第7話救出
2017/08/06 01:21
第8話本性
2017/08/07 01:21
第9話狂気と選択
2017/08/08 02:34
第10話終わりと決意
2017/08/09 01:10
終話次なる一手
2017/08/10 01:45
四章までの人物紹介
2017/08/10 01:47
五章 家族の過去
第1話説教
2017/08/11 01:19
第2話祖父
2017/08/12 01:29
第3話魔獣
2017/08/13 01:38
第4話王国騎士団
2017/08/14 01:51
第5話決闘
2017/08/15 01:29
第6話足音
2017/08/16 00:41
第7話化け物
2017/08/17 02:00
第8話預言
2017/08/17 23:57
第9話決着
2017/08/19 00:31
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ