挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
私は隣の田中です 作者:秋月 忍

小噺集

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

49/55

僕は隣の斎藤デス 2

本日 更新2本目(全8本)
「おはようございます」
 エレベータホールで、エレベータを待っていると、笑顔で田中さんが現れた。
「おはようございます」
 僕は頭を下げながら、なんとなく、テンションが上がる。
 その時、ガチャリ、と、音がして、601の如月さんが出てきた。
「おはようございます」
 僕と、田中さん、如月さんは異口同音に挨拶を交わす。
「昨日は、美味しいビールをありがとうございました」
 田中さんが、にこやかに、如月さんに向かって笑いかける。
「い、いえ。こちらこそ、お世話になりまして」
 僕は、『え?』と、思った。如月さんの顔が、ほんのり朱に染まっている。
「今日は、いい天気になりましたね」
 くすり、と、田中さんが笑いかける。エレベータがちょうど開いた。
 如月さんは、男の僕ですら、ハッとするくらいスマートに、エレベータへ彼女を誘導し、自分はすっと最後に乗り込んだ。
「今日から、出張なんですよ。晴れてよかった」
 見たこともない柔らかな笑顔で、如月さんは彼女に話しかける。
「お仕事、大変ですね」
 当たり前の、ご近所さん会話である。だからどうだという会話ではない。
 しかし、僕はなんとなく、嫌な感じが胸に張り付く。
 田中さんの様子は普通である。僕に対する時と、何ら変わりがない。違うのは、如月さんだ。
 男の僕が見ても、二枚目の彼が、女性と一緒にいるのを見たことは一度や二度ではない。
 しかし、こんなに、穏やかな表情をしているのを見たのは、初めてだ。
「それじゃあ、如月さんも、斎藤さんもお気をつけて」
 田中さんは男二人に平等に笑顔を振りまいて、エレベータを降りていった。
 僕は彼女と、如月さんに挨拶をして、駐車場へと向かう。
 振り返ると、如月さんは、歩いていく田中さんの後姿をじっと見つめていた。
 彼の顔に、男の僕が見ても見惚れるような、微笑みが浮かんでいた。
次回更新 18時
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ