挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
私は隣の田中です 作者:秋月 忍

第三章 赤の絆

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

12/55

手巻き寿司、食べましょう

今回の章は、ゆるめの予定です。
 異世界トリップから、一か月が経過した。
 私は、ほぼ、平穏な日常を送っている。
 柳田瞬が言ったとおり、普通の生活ではなくなったような気もするが、道を歩いていて絡んでくるような小物の妖魔であれば、自力解決できるようになった……それはそれで、正当派背景キャラではないとは思うけど。(そもそも、正当な背景って変な言い回しだ)
 第二話の『血の芸術』の事件が、あまりにも原作と違うため、私は原作知識にこだわることに危険を感じ始めている。私が、原作にこだわらず、ムーンライトホテルに行かなければ、月島薫はまだ、生きていたかもしれない。そう思うと、心が重い。
 もちろん、彼女が常軌を逸し始めていたのは、私と邂逅する前だから、私と会わなくても、今後、どうなっていたかはわからない。わからないが……考え出すときりがない。
――過去を振り返ってもどうしようないな。
 私は首を振り、スーパーのカートを手にした。
 土曜日の午後、一人暮らしの女がするべきことと言えば、食料の買い出しである。
 一週間分の献立を思い描きながら、お買い得品を買い物かごに放り込む。
――あれ?
 スーパーの女性客たちの様子がおかしい。
 遠巻きに、ある人物に視線を送りながら、そっと自分の服装をなおしたり、妙にすました顔で歩いたりしている。
「あ」
 スラリとした長身。夏物の半そでのTシャツに、ジーンズ姿の男性が、カートを引いている。
――めちゃくちゃカジュアル! 初めて見たかも。
 私は、他の女性客と同じように、ぼーっと如月悟を見つめた。
 主人公さまは、何を着てもカッコイイらしい。
 とにかく目立つ。だが、本人には、あまり自覚はないのだろう。もしくは、私と違って、注目を浴びることに、慣れきっているのに違いない。
――普通に、鮮魚売り場で、立っているだけなのに、絵になるって凄すぎ。
 私は、ため息をつき、如月から視線を外した。この状況で、彼にご近所さんの社交辞令挨拶に行く勇気はない。
 私は自分のわきにある、おつまみ売り場に入り込む。もともと、つまみ用のサキイカを買う予定だから、隠れたわけではない、と自分に言い訳する。
 私は、サキイカとチーズたらを籠に入れると、そっと鮮魚売り場に視線を送る。
 如月の姿は既にない。
 今日は、手巻きずしの予定である。ひとりなら、ちらし寿司が一番楽だけど、私は、海苔巻というのが、大好きで、手巻き寿司という形式が無性に好きなのだ。
 私は、ホッとしてカートを引きながら鮮魚売り場へ向かう。
「サーモン、うーん、でもしめ鯖好きだけど、うーん、正当はマグロだし」
 ブツブツ呟きながら、魚を吟味する。
「やあ」
 どわっ
 私は、背後から降ってきた見知ったテノールの声にびくりとした。
「こ、こんにちは。如月さん」
 思わず強張りながら、私は振り返った。
「買い物?」
 如月はにこやかで眩しい笑顔を私に向けている。彼の笑顔に、周囲のどよめきが聞こえたような気がした。
「は、はい。如月さんも、お買い物ですか?」
 周りの視線におびえながらも、私は彼の引いているカートに視線を送る。なんだか、レトルトのパッケージばかりだ。
「お忙しいのですか? レトルトばかり食べていると身体に悪いですよ」
 如月が料理をするかどうかはよくわからないが、桔梗は料理が出来る。もっと、新鮮なものを買ってもいいのに、と思う。
「最近、忙しくて外食が多くてね」
 如月が苦笑する。なるほど。家に食材置いても、腐ったら勿体ないものね。
「レトルトや外食ばかりでは身体に悪いですよ。たまには、うちでいっしょにお食べになりますか?」
 冗談めかしてそう言うと、如月は「ぜひ」と眩しい笑顔で応えた。
――あれ? これって。
 私は、今のやり取りを頭の中で反復する。
――これは、第三話 赤の絆の冒頭だ。
 前回は、フラグをどうしようかと悩んだが、今回は完全に無意識に再現してしまった。
――でも、まあ、第三話の田中のシーン、これで終わりだし、しかも今回なんのキーワードもないシーンだから問題ないか。
「……それで、今晩は、何の予定?」
「へ?」
 なぜか、ニコニコ顔の如月に問われて、私は我に返る。
「えっと。手巻きずしを食べようかと」
「いいね」
 ご機嫌な如月の端正な顔を眺め、私は、一瞬、頭がフリーズした。
――あれ? これって、今晩、私がうちでご馳走する流れになっている?
「俺は、ひかりものとか好きだけど、マイさんは?」
「す、好きですね」
 嬉しそうに魚を選ぶ如月を、私は呆然とみる。
――小説では、完全な社交辞令だったと思うのだけどなあ。
 これでは、完全にスーパーでデートしているカップルみたいだ。
 そうでない、と言えるのは、如月もカートを引いているところくらいか。
なんだか、自分が勘違い女ルートに入ってしまいそうな気がして怖い。
――如月は、私を女と思っていないみたい……。
 私が、胃袋を捕まえようとしたたかに企んでいるとか、色仕掛けで誘惑しようとする危険とか、考えていないのかな、と考えて。首を振った。
 考える必要もない。そうしようと思ったところで、私にはスキルがなさすぎる。
 たとえば捨て身になって、服を脱ぎ、如月にすがったとしても、軽くいなされて終わってしまう気がして……落ち込んだ。
「如月さんは、女性に勘違いされて困ったことはないのですか?」
「勘違い?」
 私の問いに、不思議そうに如月は首を傾げる。
「なんでもありません」
 私は、質問を引っ込めた。如月は恋愛偏差値も高い。きっと、勘違い女も、余裕で避ける技能を持っているに違いない。
 モテない私が如月を心配することはない。私が心配しなくてはいけないのは、私の気持ちの方だ。
「酒は俺が買うよ」
 戸惑う私の気も知らず、ご機嫌に如月がそう言った。


「この卵焼き、美味いね」
 如月はそう言って、卵焼きを頬張る。
「あ、マイちゃん、その納豆、とって」
 桔梗が優雅なしぐさで、海苔にご飯をのせて、マキマキしている。
――いつも思うけど、式神って、食べたものをどうやって消化しているのだろう。
 そもそも、睡眠もいらないし、生物でもないのに、なぜ、桔梗は食べるのか。
 謎である。謎であるが、追及はしない。桔梗は桔梗だから、それでいいと思う。
「マイちゃんって、料理上手だよね」
 桔梗が私を持ち上げる。お世辞まで言える、優秀な式神さんだ。
「ありがとう。でも、手巻き寿司で、料理上手って言えるかどうか、微妙だけど」
 私は首をすくめた。褒めてもらえるポイントとしたらすし飯と、卵焼きくらいかなーと思う。
「ね、そう言えば、マイちゃんの読んだ小説では、次はどうなるの?」
 桔梗は、面白そうにそう言った。
「うーん。第三話は、赤の絆ってタイトルでね。事件そのものはたいしたことがない、珍しく平和なお話だったわ」
「ふうん。平和なお話って?」
 私は桔梗の顔を見た。
「如月さんがお見合いする話よ」
 ぶっ、と如月がお茶をむせる。
 あ。しまった。恋愛系の話は、伏せておこうと思ったのに、つい言ってしまった。
 くすくすと、桔梗が笑う。
「えっと。あの、如月さんがご実家に帰省なさるお話だったの」
 私はあわてて、言い直したが、じとり、と如月が私を睨むように見る。
「へえ。マイちゃんは?」
 当たり前のように、桔梗が質問する。何度説明しても、彼女は私がただの『隣人』という設定が理解できないらしい。
「私は、出番ないよ? だって、如月さんのご実家のお話だもの」
 私は鉄火巻きを作って頬張った。
「悟さまは、誰とお見合いするの?」
 興味津々、という感じで、桔梗が聞いてくる。
「で、でも。この前は私が読んだ内容と事件、全然一致しなかったから」
 慌てて、言い訳をして、はぐらかそうと試みる。
第三話のヒロインは、清楚可憐な国城くにしろエリカ。如月の見合い相手だ。
とはいえ。第三話は、基本、如月奈津美きさらぎなつみという、桔梗そっくりの、如月の死んだ妹の話が中心で、化け物退治シーンは、エリカと如月が出かけた夏祭りのシーンでほんの少しだけである。そもそもこの話、エリカとのキスシーンこそあるものの、珍しく濡れ場がない。ファンの間でこの話は、作者が珍しく「ライノベ」時代の爽やか路線に戻ったと評価されていた。
「俺、見合いなんてする気はないから」
 怒ったように如月はそう言って、私を見る。
 なんだか、とても怒っているようで怖い。
「あ、うん。もう、私の話なんて、気にしないほうが良いと思うの。だって、全然違うじゃない? 変な先入観があったら、お仕事の妨げにもなるし。それに、恋愛も興ざめになっちゃうよね。余計なこと言って、ごめんなさい」
 私はそう言って、空いたお皿を下げるために、台所に立とうとした。すると、如月に腕を引かれた。
「え?」
 突然、引き寄せられた身体は、如月の膝に座り込むような形で倒れ込み、後ろからすっぽり抱きすくめられる形になった。
「マイさんは……不用心だ」
 そのまま、ぎゅっと抱きしめられる。
「え?」
 事態が把握できない。耳元に如月の暖かな息づかいを感じる。
 どうしよう、と、桔梗を捜すも、優秀な式神さんは、いつの間にか姿がない。
「俺が、見合いをしない理由は、わかってくれている?」
 甘いとろけそうなテノールの声が、耳元で囁く。
 心臓の鼓動がうるさい。如月の腕はさらに力がこもって。
息が苦しい。如月の体に触れているせいか、身体が熱を帯びてくる。
ドンドンドン
 不意に、外の扉を叩く音がした。
「うちじゃ、ない」
 私が呟く。振り返ると、不思議そうな顔の如月と目が合った。
 こほん。
 小さく咳払いをしながら、ふわりと桔梗が現れて。
「悟さま、せっかくのところを残念だけど、お兄様がお見えです」
 苦々しく、彼女はそう言った。


 なぜ、如月悟の兄である、如月徹きさらぎとおる氏が、我が家の手巻き寿司パーティに参加することになったのか、理解に苦しむところではある。
 彼は、当たり前のように、我が家に上がり込み、今、マグロを食っている。
 如月悟より、三つ年上の徹は、兄弟だけあって、とても良く似た端正な顔立ちの男だった。弟より、ちょっとキツイ目をしているが、渋みがあると思えばマイナス点ではなく、どちらが好きかは、好みの問題であろう。
 体格は、やや、徹のほうがゴツイ。
 如月の実家は、古くは土御門家につながる、由緒正しき陰陽師の家柄なのだが、現在、表向きは接骨院をやっているらしい。
 この辺りは、小説と変わりはない。
 徹は、接骨院を営みながら、フリーランスの化け物退治屋であり、武道の達人という、まるで漫画の主人公を地で行くようなひとなのだ。
「何の用?」
 如月悟にとっても、突然の訪問だったらしい。
「見合いの話があって」
 兄の言葉に、如月悟の眉がぐっと寄せられる。
「俺は、そんなものはしないと、この前、言っただろう?」
えっと。……と、いうことは、お見合い話はあったのか。そうだよね、如月も二十七。男性は、女性より年齢で婚期を気にしないとはいえ、そういうお話があっても、おかしくない年齢なのだ。
納得しながら。ちょっと胸の奥がチクンとした。
「違う。お前じゃない。オレだ」
 あれ? 私は、耳を疑う。原作の徹氏は、確か許嫁がいたような気がするが……もう、原作は気にしないことにしよう。
「断れない相手から紹介された。助けてくれ」
 すがりつくような目で、如月徹は、如月悟に哀願する。
「お見合い相手は、そんなに嫌な方なのですか?」
 私は、お茶を差し出しながら聞く。
「いや、会ったことはない」
 憮然とした表情で、如月徹は答えた。
「では、他に意中の方がいらっしゃるとか?」
「いや、そう言う訳でもないのだが……」
 言いながら、彼は私の顔を見て、私の手を急につかんで握りしめた。
「そうだ! 君――」
「観念して、見合いしろっ!」
 如月徹は最後まで言葉を言いきらずに、如月悟に叩き倒されたのだった。

如月兄ちゃんの名前が間違っていました。

徹が正しいです。ごめんなさい。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ