挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

掌編小説集8 (351話~最新話)

祖父と孫

作者:蹴沢缶九郎
正月休みを利用して、両親に連れられ孫娘は祖父の家に遊びに来ていた。こたつに入りテレビを観ていた祖父に、孫娘が言った。

「ねえお祖父ちゃん、肩揉んであげようか」

「ん、急にどうしたんだい? 肩は凝っていないから大丈夫だよ。ありがとうね」

孫娘の申し出に、祖父はにこりと笑い答えた。ならばと、孫娘は続ける。

「じゃあ、お祖父ちゃんのお部屋お掃除してあげる」

「ううん、この間したばかりだから、お掃除も大丈夫だよ」

「じゃあじゃあ、お買い物に行ってきましょうか」

「それも大丈夫だよ、どうもありがとう」

「…そう」

祖父は孫娘の申し出を断ると、こたつの上のみかんをひょいと口に放り、テレビに視線を戻した。孫娘はそれ以上何かを言う事はなかった。
結局、お年玉を貰えなかった孫娘が、正月以降に祖父の家を訪れる事は二度となく、孫以上にお金の大事な祖父にとっては、そんな事はどうでもいい事だった。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ