挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ニートだけど美少女やってます! 作者:さくら

無理矢理起こされたら死にかけた

1/52

 うるさいうるさいうるさい……。
「うるさーーーーいっ!」
 いったいなんだってんだ? なんで、こんなにうるさいんだ? わけが分からずに目を覚ました俺の目の前には、谷間があった。何を言ってるんだ? と思われそうだが、なぜか胸の谷間が目の前にある。寝る前、部屋には誰も居なかった。それは確かだ。それがなんで、目の前に胸の谷間? 考え込んでいると、胸の谷間が近づいてきた。そして、そのまま俺の顔が谷間に押し付けられる。
「く、くる……」
 息が出来ない、苦しい、でも、すげー柔らかくて気持ちいい……。このまま、息が止まってもかまわないというぐらい、気持ちいい……。……って、意識が飛びそうになった! この気持ちよさって酸欠のせいか!?
「苦しい……離して……」
 柔らかい感触が離れていき残念……じゃなくて息が出来るようになった。いやもう、マジで死ぬかと思った。胸の谷間って、実は殺人兵器だったんだな……。それにしても、ここはどこだ? 俺の部屋じゃないよな? まぁ、落ちは分かってる。これは夢だよな。夢じゃなきゃ、胸の谷間に挟まって死にそうになるなんてことはないしな。
 ゆっくりとあたりを見回してみる。ものすごい質素な部屋だな。よくある、中世のヨーロッパみたいな感じだよな。そういえば、寝る前に見た深夜アニメが異世界転生ものでこんなところが舞台になってたよな……。
「……ナ……」
 やっぱり、この夢はアニメの影響かな……。それにしても、やけにリアルだよな。
「ミ……ナ……」
 なんか胸の谷間の感触以外にもはっきりとした触感があるし、なによりも腹が減ってる。やけに腹が鳴ってるんだが、寝る前にちゃんとカップラーメンを食ったよな? 
「ミーナ!」
「うぉ!?」
 なんだ? いきなり耳元で叫ばれた!
「大丈夫? まだ体調が悪い?」
 え? あれ? 俺のこと? 声がするほうに視線を向ける。なんだか、水色の髪をした巨乳の美少女が目の前に居る。
「誰?」
 あ、誰って聞いても夢の中だからアニメのヒロインとかか? でも、こんなキャラ居たっけか?
「ミーナ……」
 ミーナ? それってもしかして俺のこと?
「やっぱり、まだ本調子じゃないわよね……。ちょっとの間とはいえ、死んじゃってたんだし……」
 目の前の巨乳美少女が心配そうな顔で俺を見ている。いやー、美少女に心配されるって、いいな……さすが夢って感じだ。……って、ん? え? 死んじゃった? 今、死んじゃったって言ったよな? 誰が? 誰が死んだんだ? もしかしなくても、夢の中の俺? 俺、死んじゃった設定なのか?
「あの、ミーナって俺のこと?」
 とりあえず設定を確認しておくかと思い尋ねてみた。なんか、不思議そうな顔で、巨乳美少女が俺を見てる。
「あの?」
 もう一度声をかけてみる。ん? なんか変じゃないか? 今、俺がしゃべったよな? 目の前の巨乳美少女じゃないよな? 
「あの、俺……」
 やっぱり、変だ。今、しゃべったのは俺の声だ。でも、これ……どう聞いても女の子の声だ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ