挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

悪役令嬢も集まれば文殊の知恵

作者:樹 泉
二日ぶりです。
 今日も何時もの通り学園に通い、屋敷に帰り手習いをする。

「お嬢様、(れん)()様と里香(りか)様がお見えです」

 手習いが終わり一段落するとメイドが声をかけて来て、二人の来客を案内して来た。

「いらっしゃい、蓮花に里香」

「琴美、御邪魔するわね」

「御邪魔します。こんにちは、琴美」

 私が部屋に招き入れたのは()(だち) (れん)()真鍋(まなべ) 里香(りか)の二人だ。
 蓮花は金髪碧眼のフランス人形の様なはっきりとした顔立ちで、里香はショートカットの黒髪に縁なし眼鏡をかけた美人さんだ。因みに私は日本人形の様と良く言われる。

 そんな私達には共通点がある。
 皆転生者なのだ。
 それだけではない、乙女ゲームの悪役令嬢なのだ。

 私達が悪役令嬢に転生したと気付いたのは物心着く前。この世界に産まれて少し経った頃。
私の場合は名前を聞いた時、もしやと思った。そして、家族環境を知り乙女ゲームの悪役令嬢に転生した事を知った。

 最初こそ独りで悪役回避に勤しんでいたものの、中等部に上がる時、たまたま聞いた私立名門三校の名前に他の乙女ゲームが混ざっている事を知った。
 そして、同じ境遇の人間が居ないか調べた結果、悪役令嬢とヒロイン達が転生者ではないか、と当たりを着けた。悪役令嬢もヒロインも私の知っているキャラと違い過ぎたのだ。

 ヒロインの奇人性と肉食性にかなり引いたのを今でも覚えている。そんなヒロインに会いたいと思うだろうか? 答えは否である。だが、同じ悪役令嬢の子達とは話が合う気がしたのだ。
 とあるパーティーで蓮花と会い、カマをかけて見たら案の定転生者であった。
 転生者かどうかずっとドキドキしていた私は、その時嬉しさのあまり奇声を発する所だった。ああ、危ない。

 この時会ったのが外資系に根強いパイプを持つ日達グループ令嬢、日達 蓮花さんだ。この頃はまだ、蓮花さん、琴美さんと呼ぶ仲だった。
 私も悪役ポジションの為か家柄は凄く良い。遡ればやんごとない方々に連なる、三条グループの令嬢でもある。

 その後蓮花と連絡を取り合い、もう一つの私立高校に通う真鍋IT会社の令嬢、真鍋 里香さんと出会った。

 私が『桜は君と一緒に咲く』、蓮花が『百合は君と香る』、里香が『スターチスは君と咲き誇る』という題のメインヒーローの悪役令嬢なのだ。

 『桜は君と一緒に咲く』は日本の旧家の人間が多く通う(おう)()学園。私だけではなく、学園に通うのは多くが日本旧家の人間だ。もちろん、それ以外の人間も通ってはいるものの、外様と呼ばれ余り居心地は良くはない。ヒロインは外様の入学だ。
 『百合は君と香る』は外資系グループの多いカトリック系の学園で、外国にも兄弟校のある百合の崎学園。学園のヒエラルキーは家の資産額と言われている。ヒロインは三流会社の社長令嬢。
 『スターチスは君と咲き誇る』は、歴史は三校中でも新しい方だが、三校一の偏差値を誇っている。勉学に力を入れ、学年上位の成績者は模試の上位常連だ。名前は(ひめ)(ぎり)学園。ヒロインは特待生だ。

 通称『花君』と呼ばれる乙女ゲームは、同会社が出しただけで、共通点は花が着いていること位と思っていたら、まさかの同じ世界だった。

「琴美どうかしたの?」

 物思いに耽っていると、蓮花に声をかけられた。

「ごめんなさい。これまでの事を思い返していたの」

 私はそう返した。

「これまでの事より、これからの事よ。物語は進んでいるのよ」

 里香にそう窘められた。
 里香の言う通り物語は進んでいるのだ。

 『花君』のヒロイン達は、逆ハーレムは築かなかったものの(ゲームに逆ハーレム設定がなかったからだろう)、揃いも揃ってメインヒーロー狙いなのだ。

 私はお茶を一口飲み、口を湿らすと思った事を言う。

「でも、婚約破棄されても痛くはないわよね」

 私のその言葉に二人は頷く。
 学校や生徒の根回しは済んでいて、婚約破棄されても契約不履行は向こうなのだ。テンプレ的に人前で婚約破棄発言されたら、悪いのはあちらと印象付ければそれで終わりである。
 私の場合の婚約は同じ旧家同士で、相手方の負債を援助する為のものだ。
 蓮花の場合は、日達グループの持つパイプを狙っての者。
 里香に至っては、婚約者はいない。昔、口約束で婚約話は出たものの、里香が嫌がったので婚約に至っていない。里香の場合、新設会社という事もあり、出る杭は打たれる、を地で行っている会社だ。つまりパイプがないのだ。しかし、私達というパイプができ婚約者など必要なくなったのだ。

「そうね、困るのは相手方だわ。この際、放って置くのも手ね」

 蓮花のその言葉に、私はこの話は此処まで、と手を叩くと注目を集めた。

「それより経営の方の話をしましょう」

 そう、私達は前世の記憶を元に会社を起こしたのだ。当然未成年の為親に手配して貰ったが、収入はそれなりに多い。
 没落も倒産も怖くない様に。



◆◇◆


「良く来て下さいました。日達会長、真鍋社長」

「御招き戴きありがとうございます。三条会長」

「は、初めまして。お招きいただきありがとうございます。真鍋(まなべ) (ひで)(たか)と申します」

 私の招きに日達会長と真鍋社長が料理店の小部屋に入って来る。
 今日は娘の友人の父親を招いた。
 互いに娘の友好関係により、社運を上げている者達だ。

「真鍋社長そんなに硬くならないでください。娘達の様に気軽に話していただけると幸いです」

「はい。お言葉に甘えまして」

 私が気軽に話して欲しいと言うと、敬語のままだがスッ肩の力が抜けた。流石一代でIT家業を起こしただけあり、肝が据わっている。

「三条会長本日は私達を招き、娘達の話をするだけではあるまい」

「はい、お話が早い。お二人ともまずは席に」

 日達会長が今回の会談の核心に早くも着く。流石、海千山千の妖怪と渡り合っている事はある。話が早く進むのは私としても願っても居ない事だ。

「では早速。今回は娘達の今後の事を思い、この場を開かせてもらいました」

「ふむ、婚約者の話かな?」

「私の娘は、幸い婚約者はいませんが、御二方には面白くないのでは?」

 私の切り出しに日達会長がすぐさま本題を詰める。真鍋社長も流石の情報収集能力だ。

「そうです、娘達の婚約者の事です。それぞれ熱を入れている女性がいるとか」

「そうですね。私の方も、昔婚約者にと思った少年が同じ状態でして」

「ふむ、真鍋社長もか」

 私の話題に真鍋社長が内々の事ですが、と苦笑して話してくれる。それに驚いた様に日達会長が声を上げる。

「全く困ったものです。相手方からの話だと言うのに」

「全くだ。息子の教育がなっておらん」

「まあまあ、まだどうなるかは分からないのでしょう?」

 困ったように話す私に、日達会長は憤った様に少し声を荒げる。遅くにできた愛娘の婚約者がこの体たらくでは仕方がない。真鍋社長が宥めると、出されていた水をグイッと飲んだ。

「しかし、このままでは婚約破棄も近いでしょう」

「向こうから持ちかけて来たというのに。ふー、もしもそうなった場合向こうから解かせる」

「私もそう思っていますよ」

 私の婚約破棄という言葉に、日達会長は更に一口水を飲むと、婚約破棄する手続きは相手方にさせると言って来る。私も同意見だ。

「融資などはこれから如何なされるおつもりです?」

「いきなり切るつもりはないが、控え目になるだろうな」

「そればかりは致し方ありませんね」

 真鍋社長の融資という言葉に日達会長が苦々しく答える。私も苦笑しながらそれに続く。

「御子息の対応は娘達に任せましょうか」

「ふむ、今日も会っているのだろう?」

「いつも娘が御邪魔している様で」

 私が娘達に任せようと言うと遠回しに、今日娘達に話し合わせているのか? と聞かれる。

「ええ、今日話をしているはずです」

「そうか、では任せよう」

「私もそれで構いません」

 今日集まった時にでも、婚約者をどうするか聞くように言ってある。娘達も今頃話している事だろう。日達会長も真鍋社長も私の意見に賛同してくれる。

「では、食事を楽しみましょう」


お読みいただきありがとうございます。
誤字脱字ありましたら感想でお願いいたします。
ご意見ご感想もお待ちしております。

タグを変えました。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ