挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
君の瞳に映る世界は…… 作者:塚原 蒔絵
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

2/13

道端

 写真店を背に歩いていると、人ごみにまぎれてしまう。
 それはそうだろう。僕には個として突出した特徴がないのだから。
 赤信号でとまる足。風がきつく、落ち葉が舞っている。そろそろ秋が終わる。
 僕は左肩からかけてある一眼レフカメラをひと撫でする。
 これから集まるのは写真部の人たちの集まりだ。部活ではないが、部長が廃墟を見つけたから是非行こうと言い出し、集合する運びになった。
「部員って言っても、3人しかいないけどな」
 部長の神埼かんざき、モデルの仲原なかはら、そして僕、久住だ。
 思い起こしながら足を踏み出した瞬間、背後から腕をつかまれた。
「危ないわ」
 その声と同時に僕の肩擦れ擦れをトラックが猛スピードで通り過ぎて行く。
 突然のことに、声が出なかった。
 通り過ぎたトラックを目で追うと危険な動きで左折し、視界から消える。
 歩道の信号機は青色だ。
 僕ら歩行者が横断していい色を表している。
 唾液を飲み込むと、自分がいかに緊張していたのか分かった。
「大丈夫?」
 言って僕を引っ張ってくれた人が声をかけてくれた。
 振り返れば頭二つ小さい位置に少女がいる。
 おとなしそうな子で、透明なガラスのような瞳はとても美しい。白いケープに、雪に溶け込んでしまえそうな白い肌。ミステリアスだった。
「あ、ありがとう」
 声が震える。
 少女は僕のジャケットをゆっくりと手離す。
「気をつけてね、お兄さん」
「う、うん。でもあれはトラックの方が悪い――」
 運転手のわき見運転が悪いと言おうとしたけれど、口が動かなくなってしまった。
 少女の瞳が僕を映している。
 いや、映しているのだろうか。彼女の眼に確かに僕は映っているはずだけど、彼女はどこも見ている様子ではない。
 少女は静かに首を振る。
「違うわ。トラックのせいじゃない」
「違う?」
「あなたが死に呼ばれたの。ねぇお兄さん……死にたいの?」
「え? どういう――っ!」
 問い返そうとすると突風にあおられ、ジャケットがはためく。
 木々がざわつき、風がうなる。それらがひと段落すると少女の姿はどこにもなかった。
 信号機が、赤になろうと点滅している。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ