挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

Smile Japan.参加作品

季節を届けたい・・・

作者:薄桜
名前も知らない誰かのために、そして自分のために、私は春の花にカメラを向ける。

挿絵(By みてみん)

彼の地では、構う暇などないかもしれない季節を、私は切り取り、記録に留める。

挿絵(By みてみん)

いつかそれを見てもらいたい。
あの時にも春は来ていた。
それを知って欲しい。

つらい記憶も、現実も、きっと拭えない。
終わりの見えない、張り詰めた緊張の続く生活の中だからこそ、
「綺麗だね。」
そう、フッと緩む瞬間が大事なんじゃないかって、そう考えたから。

立ち向かわなければならない現実と、
乗り越えなければならない痛みと、
どうにも出来なかった歯がゆさと。

私にはそれを想像するしか出来ない。

揺れもしない、遥か離れた場所にいて、
だからこそ出来る事があるんじゃないかと信じたい。
だから、今年は自分のためだけでなく、誰かのために写真を写した。

挿絵(By みてみん)

きっと誰かに届くように、
今の時代だから届く手段で。

きっと出来る事はある。


そう信じて、私も向き合う。
某所に応募する気なんですが、
ここにきちんと形として成しておきます。

写真が無いと、完成しないんですよこれ。

本文は偽らざる私の気持ち。

この花を撮った場所は、その昔焼け野原です。
・・・広島ですからね。
枝垂れの桃や雪柳を撮ったすぐそばには、警察官や消防士の慰霊碑が立ってます。
桜を撮った近くには、被爆建物が残されています。

それでも今は、こんなに綺麗な花が咲き、それを愛でる人がいます。
走り回る子供達がいます。

だからきっと、いつかは。

人は強いと信じています。
*-*-* 参加企画 *-*-*
Smile Japan.

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ