挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

ツインズさまにはあらがえない

作者:雲黒斎草菜
可愛い双子の女子高生とその庇護に燃える男子高校生が、ケミカルガーデンと呼ばれるカビとキノコに埋まった日本を冒険する物語……からーの。気付くととんでもなく奇妙なタイムパラドックスに巻き込まれ、中盤からは女性視点に物語は変化したり、後半、いったい主人公は誰なんだという迷いも起き、どんでん返しのエンディングへと導かれていきます。

異世界ファンタジーでも、パニック系でもありません。時間系SFです。
《第一章・ケミカルガーデン》
冬休みの宿題
2017/07/09 15:07
双子の姉妹
2017/07/10 06:02
荷物運びのバイト
2017/07/11 06:06
山の上のお屋敷
2017/07/12 07:07
女子の家に外泊するその心情は
2017/07/12 13:13
夜の出来事
2017/07/13 07:15
駅までの道のりで
2017/07/13 13:09
気になる納品相手
2017/07/14 07:19
山河家の面々
2017/07/15 07:19
赤い糸の先は超危険
2017/07/16 07:44
グレースハンティングの店長はごっついハゲ、略してGH
2017/07/17 07:17
散弾500発の重み
2017/07/18 07:18
河原は危険がいっぱい
2017/07/19 07:21
ようこそケミカルガーデンへ
2017/07/20 07:18
糸状菌のスタジアム
2017/07/21 07:34
黄金色のお宝
2017/07/22 07:21
狂った世界
2017/07/23 07:20
ウンコ男
2017/07/24 07:17
悪魔の草
2017/07/25 07:19
銀髪の少女
2017/07/26 07:18
とんぼ
2017/07/27 07:23
げにも悲しきはオスの性(さが)
2017/07/28 07:19
一難去ってまた一難
2017/07/29 07:26
ブラックビースト
2017/07/30 07:39
それはカメが知っている
2017/07/31 07:12
大阪商人 VS 関西女子
2017/08/01 07:18
《第二章・時を視る少女》
謎の二人連れ
2017/08/02 07:18
時を視る少女
2017/08/03 07:18
無用の用心棒
2017/08/04 07:27
大阪変異体生物研究所部長・柏木良子
2017/08/05 07:21
目覚める記憶
2017/08/06 07:18
山河家のバカ親父
2017/08/07 07:18
タイムリーパー
2017/08/08 07:19
多重存在現象
2017/08/09 07:20
時空震の壁
2017/08/09 08:00
北六高横断トンネル
2017/08/10 07:18
宝来峡の研究所
2017/08/11 07:27
節足動物多足亜門
2017/08/12 07:40
アヌビスを改竄する
2017/08/13 07:33
パスワード
2017/08/13 11:06
リスタート
2017/08/14 07:19
迷える旅人
2017/08/15 07:18
焚き火
2017/08/16 07:18
姫さまの覚醒
2017/08/16 17:00
時のナビゲーター
2017/08/17 07:18
未来組との協定
2017/08/18 07:18
旅は道連れ
2017/08/19 07:18
お忍び旅行は熊本へ
2017/08/20 07:17
《第三章・カロン 阿蘇編》
服部氏の災難
2017/08/20 16:03
アストライアーとランちゃん
2017/08/20 16:33
海賊船船長・柏木良子
2017/08/21 07:18
国道57号線沿いで野宿する
2017/08/22 07:14
阿蘇入山
2017/08/22 07:20
孤立無援
2017/08/23 07:18
グランドワーム
2017/08/24 07:36
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ