挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
超ヒトネコ伝説オマエ・モナー 妖神編 作者:詩堂炉久人
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

13/14

起爆

 起爆

 {チュチェドの妖神・パート}
 目の前に直径五メートルもの黒い球体が浮遊している。
 対妖神爆弾。先程自分をウィルスだと解析しサイロが吐き出したモノ……。
 じきにそれが爆発するというのに、彼はサポート――この世界で言うところの神々の手先――妖術師たちがつくり上げた結界から抜け出すことができなかった。
 目玉を動かし辺りを見回す。もう周りには誰もいない。爆弾を吐き出したサイロもない。誰も彼もが避難したものと見える。彼は体内に残された残りのエネルギーを右手に集中させ、結界の外に逃れようとする。

 もう少し……、あと僅か、身体の中を血が逆流し、千切れるまで伸ばしきった指先は痙攣している。激しく噛み締める口の中の血の味は既にない。何でもいい、後ほんの少し。藁一本、紙一重、何でもいいのだ、それだけさえ進めたらここから出られるというのに。畜生。
 怒りを押し流す絶望の波に揉まれて気が遠くなっていく。矢のごとく全身をつがえるが、弦は震えそして遂には断ち切れる。全身から力が抜け、押し戻す力に屈する。永遠の牢獄に再び連れ戻される。
 「出してくれぇ!」
 彼の叫び声は誰にも聞かれることもなく深い霧の中に吸い込まれていった。

 そして、
 爆発。

 爆発の閃光と共に、速やかに妖神は消去されてゆき、数秒後には跡形もなく妖神はいなくなったかに思われた。

 ぐちゃ。
 結界から這い出たのは小さな紫色のゲル状の物体? アメーバー? それはゆっくりと移動してゆき……。
 窪みを越えて霧の中へと消えていった。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ