挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
陰キャ、覚醒す 作者:聖竜の介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

44/44

第一部 完

 唇が震えるまま、
「あなたは、誰だ?」
 僕は問う。
「天使としてではない、あなた"個人"としては、誰なんだ?」
 嫌な予感があった。
 胸に拳をあてて、予感を必死におさえる。
 そんな僕の前で、天使は覆面を脱いだ。
 目に鮮やかな“青色”が、さらりと踊った。
 現実にはあり得ない、青い髪を持つ男だ。
 やや面長の、整った顔立ち。
 目鼻立ちがはっきりしていて、西洋人のようでもあるが、日本人だ。
 ここから見ても柔らかな口唇が、ゆるりと開かれて。
如月光輝(きさらぎこうき)
 そんな音を、紡いだ。
 もう何度目か。僕の心臓がびくりとはねた。
 如月光輝……その、名前は。
「誰だ?」
 天田が、僕に聞いてきた。
 彼の疑問はもっともだと、心の片隅で思いながら、
 けれど僕は、力なく後退りをしてしまう。
 認めたくない。
 認めたくない、けど。
「覚醒サークルの、キャラだ」
 そう、如月光輝は、僕の創った人物だ。
「は? そんなキャラ、あの漫画には出てこなかったろ」
 僕の漫画を全て読んでいる天田が、異論をはさんだ。
 そう。覚醒サークルの中で、如月光輝は一度も登場していない。
 まだ、登場してなかった。
「漫画が続けば、登場するはずだった。
 ライバルの神影星司(みかげせいじ)とは違う、大きな局面から主人公達を観察していた、狂言まわしのキャラだ」
 けど、僕にそんな複雑なストーリーを扱いきれるはずもなく。
 如月光輝は出すに出せないまま、漫画自体がエタった。
 つまり、彼の存在を知るのは、この世でただ一人。
 僕だけなんだ。
「我が主が、遂に私を見て下さった」
 徹頭徹尾、無感情だった如月が、少しだけ興奮を露にした。
 僕は、頭を振るしかできない。
「ああ、めんどくさい。もう、それで良いよ」
 穂香(ほのか)が言った。
「天使も魔物も、全部このヒトが生み出した。その為に、人が大勢死んだ。
 私達に魔法なんてものが備わったのも、この人のせい。
 全ては、この人の責任。
 それはわかった。
 私にはそれを云々言う権限もなければ責任も無い。
 今回の事件について、何一つ介入する気は無い。
 けど」
 穂香の語調は、リズミカルなほどに歯切れが良いものだった。
「魔法の付与と、魔物召喚?
 それらは認める。
 けど、それらが真実だからと言って、私が魔法で操作されているかどうかとは別問題でしょう。
 魔法や魔物は物証も状況証拠もある。
 けれど、アンタの言う魅了の魔法には、それらが無い」
 穂香がこだわるのは、その一点のみらしい。
 だからこそ、気づいたのか。
 必ずしも、穂香達が僕の支配下にあるかどうかは、別問題であると。
「事実が二つ。虚偽が一つ。
 それを、どさくさに一絡げにするなんて、天田さんの言う通りアンタはセコい」
 如月の顔が、優雅に笑みを帯びて、
「虚偽では無いのですが、その二つを認めて頂いただけで充分です」
 そう言った。
 そうだ。
 裏を返せば、僕が事件の元凶であることは覆せない。
 これからも、無意識のうちに、何を引き起こすかわかったものじゃない。
 僕はこれから、どうすればいいのだろう。
 周囲や世界をゲームのように弄びながら、生き続けるしかないのか。
 それが嫌なら…………。
 如月は、僕に何を求めてるのだろう?
「今一度、考えて見て下さい。
 この僅かな期間、我が主は世界の法則を幾つも覆された。
 架空の生物を――完全な構造で――現実に生み出し、時を自在とし、次元を超え、死をも打ち負かした。
 そして遂には、世界を滅亡させるだけの御力を示された」
 カタストロフィ・エデンの隕石落としは、金輪際使うつもりはない。
 けど、彼が言ってるのはそういう事ではないのだろう。
 それを"できてしまう"事こそが問題なんだ。
 力は持つだけで驚異となる。
 それをすっかり忘れた僕は、目先の事を解決するために、取り返しのつかない魔法をたくさん作ってしまったんだ。
「さあ、彼を見なさい!」
 如月が、不可解なことを言う。
 すると。
 それに引かれたかのように、四方から人々が歩いてきた。
 10(ヒトマル)式戦車の残骸から命からがら這い出してきた自衛隊の人や、逃げ遅れた主婦とか子供とか営業マンらしき人とかコンビニの店員さんとか。
 皆、何がどうなっているのかもわからないまま、茫然自失になってさまよっている。
 翼を拡げた如月の姿を見た人から、ぎょっとなって、顔色を変えていく。
「ば、化け物!」「もう、いやだ!」「殺される!」
「静まりなさい! 主の御前ぞ!」
 鋭く言いながら、如月は発光した。
 光は四方に放射して、僕らや、他の人々をすり抜けた。
 瞬間。
 僕が今まで繰り広げてきた戦いの全てが思い出された。
 瞬時に映像を伝達する、テレパシー魔法の一種だ。
「こ、こ、これは……」
 自衛隊の人が、口をパクパクさせて狼狽える。
 僕が今まで何をしてきたのか、余さず伝えられたんだ。それも、一瞬のうちに。
 当然の反応だろう。
「こちらにおわす方こそ、神が遣わせし新世界の御子。
 我等が主・神尾です。
 これからの世界秩序は、彼が創ります」
 如月が、僕の意向なんて全く無視して、話を進める。
 けど僕は、何も言えない。
 うつむく事しかできない。
「何を、勝手な!」
 春花さんが、血相を変えて如月に詰め寄る。
 如月は、僕を祭り上げる気だ。
 そうなれば、僕の平穏は永遠に失われる。
 僕でさえわかる事だ。
 春花さんには、もっと詳細に、その危険さが理解できている事だろう。
 けれど。
「全ては、我が主の為です。
 世界革新の力にお目醒めになられた以上、主がこの世界の主導権を握らねば……迫害に遭って命を落としかねない」
 春花さんは、息を詰まらせて、後ずさった。
「そん、な」
「確かに、その点に関して言えば、そいつの言う事に一理ある」
 天田が、舌打ち混じりに言った。
「もう、後には退けない。半端に足踏みしている状態が一番やべえよ。
 こうなったら、この力とうまく付き合いながら、やっていくしかないっしょ」
 そして、僕の隣に立った。
 僕のあるべき場所は、こいつの隣である気がしてならない。
 ちょうど、すっぽり収まるような感じだ。
 ……けど。
「貴方がたが、無理に主に付き合う必要はありません。
 主が人々に力をお与えになれば、貴方がたの力は(いず)れ異能ではなくなる。
 パソコンも、広く普及してしまえば珍しい物では無くなったでしょう?
 貴方がたの力とは、その程度のものだ。このまま俗世に戻るのが身の為です」
 そう。
 僕が天田や春花さん達に与えた力は、特別なものでは無いはずだ。
 僕のいやしい本性が、僕を脅かしうる力を他人に与えるとは思えないからだ。
 これからの僕が、大勢の人々を覚醒させれば……いずれ超戦士・天田の力も、平凡なものとされる日が来るかもしれない。
 彼らが異端として迫害されない為には、魔法がもっと認知されるまで力を隠す必要がある。
 元凶となってしまった僕の側に居続ければ、危険ばかりだ。
 少し、さみしいけど。
 僕の蒔いた種だから、お別れした方がいいと…………思う。
「下らない事は考えるなよ、神尾。
 こうなったら、お前に付き続けて、この道を極めてやる。
 わしの凝り性は、嫌というほどわかってるよな?
 お前ごときヘタレは、二年くらいで超えたる」
 天田が、恵体を突きだして宣言した。
「どんな世の中も、適合の早い奴が勝ち組になる。
 せいぜい、今までの腐れ縁を利用させてもらうわ。“我が主”よ」
 最後の言葉は、とても嫌味ったらしい。
 この極限状態でも自分のキャラを保てるこの阿呆を、今日ほど尊敬したことはない。
「私も、他に選択肢無さそう」
 穂香が、嫌そうに言った。
「こんなとんでもないのが血縁者である以上、どうやったって私に皺寄せが来るだろうし。
 こんな事をしでかしたアンタが、責任を持って何とかしてね。
 私さえ平穏に生きられれば、あとは何も要求しないから。
 それすらも出来ないなら、その時は死んで」
 いつも通り、冷たく突き放した言い方。
 どんな形であれ、変わらないものがある。
 それが、どれだけありがたい事か。
「私は離れない」
 春花さんが、僕の腕を取る。
 痛いほどに、握りしめてくる。
「誰だって、自分の理想を妄想するくらい、あるでしょう。
 まして、メーアでの日々を思えば、人として当然の事。
 それを、あなただけが、あなた独りが罰せられるなんて、私は認めない」
 まだ涙の溜まった瞳は、けれど突き刺さるほど真っ直ぐだ。
「人は、必ず誰かの洗脳のもとに育って行く。
 犯罪を起こしてはならない、人の嫌な事はしない、言わない。
 困っている人は助ける。弱い者を守る。隣人を大切にする。
 そうしたモラルだって、広く言えば、この世の最大公約数的な洗脳でしょう。
 だから。
 私は、例えこの世の摂理が変わってしまっても、あなたと共に戦う。
 例え作られたものであっても、この気持ちを選ぶのは、私だから」
 僕は、僕はどんな顔をすればいいのだろう。
 僕は、すごい、幸せ者なはずだ。
 少なくとも。
 何一つうまくいかず、将来に希望も持てず、いじめられて、ただただ鬱屈悶々と生きてきた、あの頃よりずっと。
 だから、
「俺は神尾君を信じる何故から昔の沖田(おれ)ではないから何があっても他人の言葉に踊らされず神尾君を信じ抜くつもりだ」
 台詞を棒読みする沖田さんの存在が、僕に逃げる事を許さない。
 ここにはもう、僕の敵は一人として存在しない。
 春花さん達、沖田さん、如月。
 形は違えど、僕の味方ばかりだ。
 僕は、都市破壊級の魔物を無尽蔵に生み出し、隕石で世界を滅ぼす事も出来るようになった。
 僕は、自分でも自覚がないまま、気づいたら“魔王”みたいなやつになっていた。
 僕は、これからどうしたらいいのだろう。

 この荒野で生き延びた人達が、僕の周りに集まって、ひざまずいた。
 まるで、何かに対して祈りをささげるかのように。



 僕は、どうすればよかったのだろう。



評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
望まぬ不死の冒険者

辺境で万年銅級冒険者をしていた主人公、レント。彼は運悪く、迷宮の奥で強大な魔物に出会い、敗北し、そして気づくと骨人《スケルトン》になっていた。このままで街にすら//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全394部分)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2017/12/25 18:00
魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 書籍化決定しました。GAノベル様から三巻まで発売中!  魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望では//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全218部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2018/02/23 18:43
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全267部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2018/02/23 00:00
朝起きたらダンジョンが出現していた日常について……

朝のニュースを見ていたら、突然の政府放送が始まり、画面に写る報道官が真面目にダンジョン誕生を告げた。混乱する政府、熱狂する民衆、利権確保に暗躍する企業。様々な思//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全224部分)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2018/02/20 21:15
絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで

「働きたくない」  異世界召喚される中、神様が一つだけ条件を聞いてくれるということで、増田桂馬はそう答えた。  ……だが、さすがにそううまい話はないらしい。呆れ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全321部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2018/02/25 00:00
即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。

※書籍化しています。4巻まで発売中! 成長チート? 無限の魔力? 全属性使用可能? そんなもの即死能力で一撃ですが? 本当に最強なら、戦いにすらならない! 全//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全105部分)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2018/01/27 00:49
デスマーチからはじまる異世界狂想曲( web版 )

◆カドカワBOOKSより、書籍版12巻+EX巻、コミカライズ版6巻発売中! アニメ放送は2018年1月11日より放映開始です。【【【アニメ版の感想は活動報告の方//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全568部分)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2018/02/25 21:39
失格紋の最強賢者 ~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~

とある世界に魔法戦闘を極め、『賢者』とまで呼ばれた者がいた。 彼は最強の戦術を求め、世界に存在するあらゆる魔法、戦術を研究し尽くした。  そうして導き出された//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全177部分)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2018/02/22 03:06
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全221部分)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2017/11/30 20:07
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全143部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2018/01/01 00:48
ライブダンジョン!

ライブダンジョンという古いMMORPG。サービスが終了する前に五台のノートPCを駆使してクリアした京谷努は異世界へ誘われる。そして異世界でのダンジョン攻略をライ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全280部分)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2018/02/24 17:00
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全866部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2018/02/20 10:00
おかしな転生

 貧しい領地の貧乏貴族の下に、一人の少年が生まれる。次期領主となるべきその少年の名はペイストリー。類まれな才能を持つペイストリーの前世は、将来を約束された菓子職//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全173部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2018/02/25 02:14
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】※書籍化しました!10/25、オーバーラップ文庫様より最終巻となる⑤巻が発売されます!詳細は活動報告にて!  北条雄二、30才、無職、引きこもり//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
マギクラフト・マイスター

 世界でただ一人のマギクラフト・マイスター。その後継者に選ばれた主人公。現代地球から異世界に召喚された主人公が趣味の工作工芸に明け暮れる話、の筈なのですがやはり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1804部分)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2018/02/25 12:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全306部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2018/02/17 18:00
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1653部分)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2018/02/25 18:00
Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ

*オーバーラップノベルス様から4巻1月25日発売です!* 魔法国クライロードに勇者候補として召喚されたバナザは、その能力が一般市民並みでしかなかったため、勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全539部分)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2017/12/06 12:00
リアル世界にダンジョンが出来た(Web版)

書籍版と違いがある為、タイトルに(Web版)をつけました。 第4回ネット小説大賞で受賞。それに伴い書籍化決定! 2018/01/15 92,000PT達成! 2//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全178部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2018/02/25 12:00
成長チートでなんでもできるようになったが、無職だけは辞められないようです

 俺、一之丞は就職100連敗、さらに記録更新中の無職だった。  面接に向かう途中、トラック事故に巻き込まれ、あえなく死亡。  そして、女神から常人よりも400倍//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全220部分)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2018/02/13 23:45
察知されない最強職《ルール・ブレイカー》 ~ 「隠密」とスキルツリーで異世界を生きよう

 交通事故で運悪く死んだヒカルは、天界で魂の裁きを受ける列に並んでいたがひょんなことから異世界へ魂を転移させる勧誘を受ける。  ヒカルが受け取った能力は「ソウル//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全195部分)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2018/02/25 14:23
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全444部分)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2018/02/03 01:00
カット&ペーストでこの世界を生きていく

成人を迎えると神様からスキルと呼ばれる技能を得られる世界。 主人公は二つのスキルを授かり、それをきっかけに英雄と呼ばれる存在へと成り上がる。 そんなありきたり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全256部分)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2018/02/23 06:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全405部分)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2018/02/19 23:00
進化の実~知らないうちに勝ち組人生~

柊誠一は、不細工・気持ち悪い・汚い・臭い・デブといった、罵倒する言葉が次々と浮かんでくるほどの容姿の持ち主だった。そんな誠一が何時も通りに学校で虐められ、何とか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全116部分)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2018/01/09 00:01
異世界に来たみたいだけど如何すれば良いのだろう

35歳メタボのサラリーマンがある朝唐突に異世界に飛ばされた。 知識も無く、コミュニケーション能力も無く、特に体力的に自信が有るわけでも無い身でどうして良いのか全//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全791部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/12/03 23:03
黒の召喚士 ~戦闘狂の成り上がり~

 記憶を無くした主人公が召喚術を駆使し、成り上がっていく異世界転生物語。主人公は名前をケルヴィンと変えて転生し、コツコツとレベルを上げ、スキルを会得し配下を増や//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全509部分)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2018/02/24 18:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全537部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2018/02/03 23:34
ニートだけどハロワにいったら異世界につれてかれた

 ◆書籍⑧巻まで、漫画版連載中です◆ ニートの山野マサル(23)は、ハロワに行って面白そうな求人を見つける。【剣と魔法のファンタジー世界でテストプレイ。長期間、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全194部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2018/02/24 21:00
強くなるのに必要なもの?チートではありません。最強の師匠達です。

 チートやらスキルやらを尋ねる時間もなく事務的に転生させられる元ブラック企業の社畜……。  転生先の島では、この世界最強の一角である4人がスローでセカンドなライ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全128部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2018/02/23 20:26
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
アラフォー賢者の異世界生活日記

 VRRPG『ソード・アンド・ソーサリス』をプレイしていた大迫聡は、そのゲーム内に封印されていた邪神を倒してしまい、呪詛を受けて死亡する。  そんな彼が目覚めた//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全150部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2018/02/24 12:00
最強呪族転生~チート魔術師のスローライフ~

 車に撥ねられて死んだはずの俺は、異世界にて再び生を受ける。  だが転生先はマーレン族という、魔術を扱い木偶人形を操る胡散臭い少数民族だった。  生前から魔術に//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全316部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2018/02/22 11:00
神統記(テオゴニア)

【主婦と生活社「PASH!ブックス」さまにて、書籍化する事になりました】 人族はたびかさなる他種族の侵入に苦しめられていた。 痩せた土地を奪い合い、殺し合いを//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全67部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2018/02/20 03:53
↑ページトップへ