挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

剣姫

作者:桐生 慎
「桜ヶ丘高校の『哲学者』と『絶対零度の魔女』」の後日談となります。
 単純な剣劇物として単独でも楽しめます。
「腕のギプスが取れたら連絡しろ」
 それが剣道部顧問・鳴神あさぎ先生の命令だった。
 何の迷いもなく僕は先生の携帯に連絡を入れた。
「おう。神崎! ギプスが取れたか?」
 鳴神先生は明るい声で電話に出た。同世代の女の子のようなハイテンションな声に、僕は少し驚いた。そりゃ、鳴神先生は響子姉と同世代の若い女性だ。だから、そんな声を出しても当たり前なのだが、道場での厳しい張りつめた声と裂帛の気合いしか知らない僕には意外だった。
「はい。おかげさまでギプスは取れました。ご迷惑おかけしてすいませんでした」
 携帯電話を持ったまま僕は頭をさげる。
「……迷惑?」
 そう言って鳴神先生は笑った。無邪気な笑い声だった。
「相変わらず疲れる生き方をしているな。神崎。まぁ、いい。明日六時半に彩宮と一緒に道場に来い」
「――はい?」
 早朝の呼び出しはともかく、鈴ちゃんを連れて来いと言う理由が分からない。
「僕は良いですよ。でも、彩宮さんの都合は分かりません」
 鳴神先生は高笑いした。
「鈴ちゃんだろ? 浩ちゃん? しっかり聞いたぞ」
 その呼び方は二人きりの時しかしていない。僕は真っ赤になって言葉を失った。
「神崎。わたしは試合おうと言っているんだよ。審判には彩宮がうってつけだろう? なに、お前が私が試合うと言えば彩宮は必ず来る。そういう女だ。違うか?」
「――――」
 確かに鈴ちゃんは来る。夏休みの部活は九時半からだ。早朝に鳴神先生と試合うと言うのは穏やかではない。
 こうして僕は鳴神先生と剣を交わすことになった。

 七月の終わり。
 夏とは言え、早朝の空気は引き締まって冴え冴えとしている。彩宮さんは和服で駅の側で立っていた。萌葱色の下地に紅梅をあしらった振り袖姿でたたずんでいる様は近づきがたい空気を醸し出している。
「おはよう。鈴ちゃん。無理に呼び出してごめんね」
 そう声をかけるとガラス玉のような瞳で僕を見つめてから、「おはようございます」ときちんと礼をされた。『絶対零度の魔女』モードだった。帯の後ろに村正を隠している。
「なんだか穏やかじゃないね」
「――まぁね。杉浦さんだけでも油断出来ないのに、鳴神先生にまで目をつけられたら困るもの」
 そう言って彩宮さんは拗ねたような顔をする。最近、分かったけど、これが鈴ちゃんなりの甘え方なんだ。僕はそっと鈴ちゃんの髪を撫でた。「にゃん」鈴ちゃんが身をすくめる。可愛いなぁ~ 本当に。

 学校の剣道場の門は開いていた。
 玄関には揃えた白いパンプスがある。鳴神先生はすでに来ているらしい。
「神崎です。失礼します」
 大声で道場へ声をかけたが、返事はない。
「――どうしたのかな?」
 そう言って彩宮さんの顔を見ると白い陶磁器の人形のような表情になっていて、こちらも返事がない。仕方が無く靴を脱いで揃えると道場へ入る。 
 稽古着姿の鳴神先生は道場の神前で正座して瞑想していた。側に居合いの模造刀がある。その姿は見惚れる程に凜として美しかった。道場の気は、早朝の空気を含んだ静謐な冷気に張りつめていた。
 僕は鳴神先生の邪魔にならないように、そっと後ろに正座する。鈴ちゃんも音を立てずに僕の横に正座する。
 鳴神先生は微かに息を吐くと、正座のまま、くるりと回って僕等と向かい合った。
「おはよう。呼び出して悪かった」
 鳴神先生はそう言って手をついて礼をする。
「おはようございます」
 僕と鈴ちゃんは同じタイミングで手をついて礼を返す。
 そして僕たちは顔を上げた。
 瞬間、チンと鍔鳴りの音がした。鈴ちゃんがちょっと頭を後ろに下げるのと同時だった。彩宮さんの髪がふさりとたなびく。
「お戯れを……」
 絶対零度の表情で鈴ちゃんは言う。鳴神先生は笑いを押し殺した。どうやら居合いで斬りつけたらしい。
「やはりな。見切ったか……古武道をしているな。流派はなんだ? 彩宮?」
 嬉しそうに鳴神先生は訊いた。
「富田流です。小太刀をたしなんでいます。でも、このように試されるのは不愉快です」
「そうか? そうか!」
 鳴神先生は喜色に輝く。
「お前等、人を殺したろう?」
 舐めるように僕たちの顔を見ながら、頬を上気させ、舌なめずりしながら、鳴神先生はとんでもないことを言った。
「――恐いこと言わないでください」
「分かるんだよ。神崎。人を斬った奴は目が違うんだ。私には分かる。同類だからな」
 さらりと恐ろしいことを言うな。この(ひと)は……
「それで手合わせと言う訳ですか?」
 冷徹な眼差しで鈴ちゃんは鳴神先生を見つめた。まるで人を斬ったのを認めたみたいだ。
 ああ……鈴ちゃんは斬ったんだ……僕は斬ったことになるのだろうか?
「察しが良いな。彩宮。お前なら止め所が分かるだろう。試合はこれでやるからな」
 鳴神先生は模造刀を叩いた。思わず血の気が引いた。文字通り真剣勝負ではないか? 一つ間違えば命を失う。
「……防具もつけずに? 正気ですか?」
 流石に怯えて僕は訊ねた。
「ああ、わたしは冗談は言ったことがないよ」
 鳴神先生は極上の笑みを浮かべた。僕は生唾を飲み込んだ。

 剣は気位だと新撰組の近藤勇は言ったという。気で押して押して相手を怯ませ、そして斬る。実戦剣術・天然流心流の極意である。竹刀剣術の速い小手先の技では人は斬れない。
 僕は心胆を練りながら、更衣室で稽古着に着替えると道場へ戻った。
 鳴神先生は上座に瞑目して正座している。側には赤い鞘の日本刀が置かれている。そして僕が座る場所には黒鞘の日本刀が置かれていた。僕は正座して鳴神先生に礼をした。先生は静かに目を開けると礼を返す。
 道場の奥に正座していた鈴ちゃんが、凜とした声で静かに言った。
「――始め」
 僕は日本刀を腰に差し、静かに立ち上がり、鳴神先生の挙動を見据える。鳴神先生も剣を腰に差し立ち上がる。剣を抜いていないからと言って安心は出来ない。鳴神先生が居合いもたしなむのは、鈴ちゃんの一件で見ている。
 僕は左足をすっと前に出し、大きく左上段に構えた。
 鳴神先生は正眼の構えから、切っ先を極端に右に下ろした下段の構えに出る。
 試合では決して取ることのない隙だらけの構え。
 その構えを前にして、改めてこれは真剣勝負なのだと知る。迂闊に飛び込めない。面を打てば、即座にいなして突きを放つ構えだ。
「でぇええええい!!」
 自分の弱気を払い、相手を威圧する気合いを出した。
「きぃええええぃーー!!」
 対して鳴神先生は甲高い凄まじい気合いで応じる。学校中に鳴り響くと称された化鳥のごとき気合いである。本当にこの先生は人を斬ったことがあるのではないかと思わせた。
 真剣の間合いは、当然、竹刀剣道とは違う。間合いは短い。顔が見て取れる。鳴神先生はすっと目を細めた。瞳の色が青く輝く。
(――来る!)
 そう思った瞬間、僕は先の先を取った。
「どりゃぁぁぁぁ!!」
 怒濤の勢いで鳴神先生の頭に向けて刀を振り下ろした。鳴神先生は右足を半歩踏みだし、僕の剣線を交わしたと同時に「きしゃーー!!」と言う気合いと共に突きを繰り出した。
 寸止めにしていたのが幸いした。切り倒すつもりなら剣を振り切った僕に勝機はなかった。僕の切っ先は、鳴神先生ののど元にある。
(――勝った!)
 そう思った。刀のみねで鳴神先生の切っ先を跳ね返し、突きに出る。
 あろうことか! 鳴神先生は剣から左手を外し、僕に対してほぼ真横の体勢に入ると、右手一本で僕の首を薙ぎに来た。
 全身を怖気が覆った。首が切られる。正式な剣道にはない技だ。一度外された剣先を無理矢理、左手に寄せて思い切って突進した。それしか術はなかった。
 左の首筋に火箸を当てられるような痛みを覚えるのと、文字通り、鳴神先生を突き飛ばしたのは同時だった。僕の剣の切っ先は三センチほど、鳴神先生の左肩付け根に埋まった。鳴神先生の体は勢いよくドウッと後ろに倒れ込んだ。僕は無意識に、大の字になった鳴神先生の胸に剣を刺そうとした。
 その瞬間――
「止め! 勝負あった!」
 鈴ちゃんのきりりとした声が道場に鳴り響いた。僕は人殺しにならずに済んだ。そう。僕は殺す気で反射的に動いていたのだ。
 大の字になって倒れていた先生は、感情のない目で僕を見据えていたが、瞑目したと思った瞬間、「かかかかか!」と大声で笑い始めた。道着の左肩がみるみるうちに朱に染まっていく。
「負けた! 負けた! 三年ぶりに負けたぞ!」
 そう笑って言いながら、鳴神先生は右手で僕の道着を掴むと、ぐいと引き寄せた。勢い、押し倒した形になる。
「ちょ、ちょっと――先生大丈夫ですか?」
「黙って汗の臭いをかがせろ」
 そう言って鳴神先生は、くんくんと鼻を鳴らす。道場上座から血相を変えた鈴ちゃんが駆け寄って来る。
 鈴ちゃんが駆け寄る前に、鳴神先生はぞわりとする笑みを浮かべ唇を舐めた。
「神崎。おまえ最高にセクシーだぞ。わたしの男にならないか?」
「ダメーーー!!」
 鈴ちゃんは叫びをあげる。無理矢理に僕を鳴神先生から引き離す。
「――冗談だ。彩宮。狼狽えるな」
 滅多に見れない、鈴ちゃんの乱れ振りに鳴神先生はいつもの先生の顔に戻った。つうか、呆れていた。
「とは言え、止血はしないとな。彩宮。神棚の横に救急箱がある持って来てくれないか?」
「はい」
 と答えて、彩宮さんは救急箱を持って来た。そして僕を睨む。
「何してるの? 更衣室にでも行って来なさい」
「――いや、確認したいことがある」 
 僕の言葉に鈴ちゃんは無表情になる。怒ってる。無茶苦茶怒ってる。でも、引けない。
「――傷が見たいか? 神崎?」
「はい」
 僕は真摯に頷いた。
「――彩宮。私はかまわん。悋気を起こさず見せてやれ」
 鳴神先生はそう言って上体を起こした。腹筋だけで。左手は今は使い物にならないようだ。鈴ちゃんは嘆息した。そんな鈴ちゃんに先生が言う。
「彩宮。すまんが手を貸してくれ。道着が脱げない」
 彩宮さんは道着の左側を外して硬直した。そこには形の良いBカップの胸が露わになっていた。色が白くて乳首はピンク色で立っている。
 思わず目を奪われた。だが、動揺すると能面のように表情が無くなるのが、僕の性癖だ。『哲学者』などと揶揄される癖だが、これで結構助かっている。
 色を成して慌てふためいたのは鈴ちゃんだ。
「か、神崎君! 目を瞑る! すぐ、出て行って!」
「いや、その。わたしは構わない。神崎ここに居て良いよ」
「なんでスポーツブラかさらしを巻かないんですか!」
「揺れもしない胸にそんな暑苦しいことが出来るか!」
 ――あ、鳴神先生逆ギレ。気に病んでいるんだろうな……
 絆創膏をニプレス代わりにすることで話は落ち着いた。
 オキシドールで彩宮さんが傷口を拭くと、微かに鳴神先生は顔をしかめた。
「神崎、見ろ。これがお前が付けた傷だ」
 細長い鋭利な傷口は丁度脇の下にあり、軽傷と言えた。
 僕の剣は左胸を狙っていたと言うのに……
「避けたんですね。あの状況で――。なら、この勝負僕の負けです」
 僕は首筋のみみず腫れを見せた。
「真剣なら僕は絶命しています」
「それは違うわ」
 鈴ちゃんと鳴神先生がはもる。
「例え重傷だろうとも、お前は私にとどめを刺しただろう。最後に立っているのが勝者だよ」
「そうね。それにこれは真剣勝負じゃない。貴方はみみず腫れで済んでいるけど、鳴神先生は病院送りよ。貴方が勝者が故の結果よ」
 僕は納得がいかないまま、耳の後ろを掻く。
「彩宮、済まないが病院まで送ってくれ。左手が動かない」
「ええ、心得ています。TAXI呼びますね」
 そして鳴神先生は優しげな女性の顔で僕を見た。
「神崎、卒業前にお前の『男』を見れて嬉しかった。礼を言う」
 なんと答えて良いのか分からず僕は無表情に先生を見つめ返す。
「今度、又、立ち会って貰えるか?」
「――二度と御免です!」
 きっぱりと僕は答えた。その答えに鳴神先生は声を上げて笑った。
「今日の朝練の仕切りはまかせたぞ」
「はい」
 鳴神先生は鈴ちゃんの肩を借りながら更衣室へ消えた。
「――ふぅ~」
 僕は大きく吐息を漏らし、道場に寝転がった。
 ああ言うのを剣鬼と言うのだろう。
 人としての一線を踏み越えてしまった人。
 僕はまだ『人』として在る。
 夏休み初めの怒濤のような一件がようやく片付いた気がした。
感想お待ちしています。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ