挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
「アトモスフィア」 佐藤健志 短編集 作者:佐藤 健志
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

9/50

その9 決別


コツ、コツ、コツ…… 白い廊下に足音だけが響く。

鉄筋コンクリートの建物。コーティングされている廊下は、陽に照らされぬ限り夏でも冷たい。
壁をぶちぬいて日光が直接あたるようにすれば、どれだけ高温になるだろう。

「目玉焼きでもできそうだな」
コーティング剤に含まれる化学薬品の臭いがしみついて、とても食べられたものではないだろうが。

男は窓から空を見上げた。
美しい男だった。女と見まごう、性別を超えた圧倒的な美しさだ。
その瞳は哀愁をただよわせつつも、奥には燃える炎が垣間見えた。

青い空はどこまでも青く。先だってまでの、ほんの少しグレーを混ぜなければ再現できなかった空とは全く異なっている。
これが「空」なんだと、男は改めて思う。


大都会に響いているのは今や男の足音だけ。

神に祝福されたのか、見放されたのか。
現在の状況はどちらでもないことを男は知っていた。

何万人の人がいなくなったのか、把握はできない。
おそらく「億」単位だろうと、男は見込んでいる。

「その時」男は悩んだ。
目覚めた時には誰もいなかった。
自分が何であるのかわからなかった。
部屋にあった資料で、この細い棒は腕と知った。太い方は脚だ。用途も理解した。
場所を変え、様々な扉を開け、自身がヒューマン・ビーングの一種らしいことを把握する。
メモにあった通り、地下室におもむく。そこで脳にケーブルをつないだことで自我が発動した。

さて。
男は考えた。
苦しみ抜いて生きるか、潔く死ぬか。おそらく後者の方がずっと楽だろう。
しかし天の使いのごとき外見の彼は、前者を選んだ。


もうこの星は生きていない。地殻活動を終了した。自転はしているが、地面の下で惑星は生きてはいない。
これが地上に住むものにどれほどの影響を与えたか、見てのとおりだ。
あるものは自ら命を絶ち、あるものは崩壊する建物と運命を共にし、
争い、破壊し、自滅的発想に基づく行動に固執した。
地軸の傾きに大いなる変動があったわけではない。突然自転が逆方向になったわけでもない。たかが地殻活動が終わっただけであるのにこの有様だった。冷静な者は削除された。地球は死んだ、この世の終わりだと騒ぐものだけが表面を覆ったのだ。



男は、覚悟を決めた。
サンプルはある。知恵も知識もある。
彼には汚れた空気も、大地も、生物が存在し得る状態に戻すことができる。
ならば可能ではないか。
この地球で、なんとかもう一度と人類という種を繁栄させる業を為すことが。
人類だけではない、動植物も昆虫も魚類も、全て。


神とも地球ともとうに決別されていた人類は、気づくのが遅かっただけなのだ。
そして気づいたならば、今一度、生きることにかけてもよいではないか。


人として。

人ではないナニカに頼ることなく、真実、人として。


男の瞳に浮かぶ炎が、一層力強くかがやいた。
明日も少しばかりサイエンス・フィクション風味のお話です。お楽しみに。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ