挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
「アトモスフィア」 佐藤健志 短編集 作者:佐藤 健志
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

32/50

31 足音


部屋の真ん中、独りで膝を抱えている。
あのひとの足音を探している。
廊下に響く、あのひとの足音。

どんな雑踏でも必ずわかる。あのひとの足音なら。

会社の行き帰り、買い物、散歩。いつもあのひとの姿と足音を探している。
わたしの、わたしを愛したあのひとのものならば、どこでも見つけることができる。
そう信じているし、それは事実であるはずなのだ。

あの日、さようならと言って扉をしめたあの人の足音が、吐息が、まだ耳から離れない。

今日もわたしは静かに部屋であのひとを待っている。

いつか、必ずもどってくるはず。彼は必ずわたしのもとへ。

裸足のままのわたしの足。いつのまにか爪がのびている。
手を見てもずいぶんな長さの爪だ。これではあのひとに触れるとき、キズつけてしまうかもしれない。
でも、爪を切る雑音であのひとの音を聞き逃すわけにはいかないから。

わたしはそのままうずくまって床に耳をあてている。


あの日々は嘘じゃなかった。
あのひともわたしも、真実の時を生きていた。


さようなら


なぜ? わたしにはわからない。
理由が思い当たらない。

ただ、あの日から彼はこの部屋を訪れなくなった。それが現実。


そしてうつむいて、ただ足音を探す日々がはじまった。
これが終わる日は来るのだろうか。




今。今、音が聞こえた。
廊下からじゃないわ。窓の外から。

わたしは慌てて窓をあける。

間違いない、彼の足音だ。
窓の外は真っ暗。街の灯も、星の光も見えない。
でも間違いなく彼だ。彼の音だ。
わたしは思わず窓枠へ足を踏み出して、彼の姿を探した。





その瞬間、どこからか笑い声が聞こえた。


明日も何か投下します。どうぞよろしく。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ