挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
「アトモスフィア」 佐藤健志 短編集 作者:佐藤 健志
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

11/50

11 淡い慰め


優しくなでなでとか。そんな慰めいらない。
あたしが失恋したって事実にはかわりないんだから。

恋は女が主導権なんて誰がいったのよ。
それともあたしが女でないとでも? 小娘ですって? それとも男だとか思ってる?
いいえ、あたしは生物学的にまちがいなくオ・ン・ナです。
「悲しいけど、あたし、女なのよね」
それも妙齢の。

今が一番ノッてるはずなのに。魅力一杯なはずなのに。
なんだってスルーするわけ?
完全スルーではないけど、なんかクンクンってあたしを嗅いで、去っていったアイツ。失礼極まりない。犬か、あんたは犬か。
なんなのよーっ!
ムーカーツークー!!
あたしを何だと思ってんのよ。

いっそ視界にすら入ってませんって方がましよ。
存在に気づかなかったとか。プライド傷つくけど。そういうのならまだ許せるわ。

フラ~っとこっちまできて、どっか行くなんてあんまりじゃない?
一旦はあたしの色香に惹かれたってことでしょう?


しっぽなでなでの次はペロペロと。いいのよ、もう気持ちだけで。
君はいつも兄弟をペロペロしてるけど逆毛だっての知ってるから。不器用か。
逆、逆、とあたし心でいつも突っ込んでるんだから。
あんたがまだ子供だってのは重々承知してる。
わかんないわよね、こんな恋心。あんた相手に発情するわけにもいかないしさ。

もう落ち込むわー。
結構な美少女だと思うのよ、あたし。客観的にみての評価ね。
何がいけないんだろう。
悪いとこあったら直すから、教えてほしいの。

くー……、きっついわーこれ。
今夜はヤケ食いでもしようかしら。おしゃれなあたしがそのくらいの落ち込み。
察してちょうだい。

もう帰ろうかと振り向いたら、そこにはモデルガン(実際に弾が出る。当たるとマジ痛い。怪我する。キケン)を構えた女がいた。こいつはいつも何かしらの武器を手にあたしの後ろにいるんだ。鬼の形相で。
あんたか! あんたのせいか!
そりゃあ彼も引くわ。相手はあたしでなくてもいいんだし、わざわざ物騒な給仕係がいる女に手を出す必要なんて無いもの。
あたしは納得した。溜息ついた。

深窓の令嬢として育てられた長毛種のアタシ。

血統書付きの大層なご身分。でもそんなの関係ないの!

アタシはあの、この地域を支配する圧倒的ボスと結ばれたいだけなの!!

人間に決められた相手と結婚とかそんなの嫌なの! なのにいっつもこいつが邪魔をするのよ。
超腹の立つ! 激おこ!

チビ達があたしを慰めようとしてくれたのは、この「飼い主」に恋を阻まれたアタシを不憫に思ったからなのね。
チビなりにわかってくれてたのね。

どうもありがとう。
でも淡い慰めは要らないわ。


あたしはあたしの恋を実らせるために、がんばってみせるわ。
この優雅な生活を捨てても! 
あのボスと結ばれるためなら。恋する乙女なめんじゃないわよ。

明日は軽いショート・ショートです。お楽しみに。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ