挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

【癒し】ほのぼの作品集

ボクの小さなプライド

作者:菜須よつ葉
診察室の前の椅子で、座って順番を待つ。

扉の奥から聞こえてくる泣き声や叫び声。

順番を待つ、ボクの心はドキドキが溢れだしそう。

妹と受ける、予防接種と言う名の注射

ボクは、妹の手をギュッと握り大丈夫の意味を込める。

『お兄ちゃん、みんな泣いてるね』

妹はボクに話しかける。

「大丈夫だよ!兄ちゃんが手を繋いでてあげるから」

妹に伝えた。 でも、ボクも本当は怖いんだ。ボクが怖がったら妹は不安で泣き出しちゃうからボクは、我慢するんだ。

『お兄ちゃん、かっこいい』

と言ってくれる妹のために、ボクは妹の前では泣かないんだ。


注射なんて、ほんのちょっと痛いだけだもん。

ボクの心は、ドキドキが止まらない。でも、この事は内緒なんだ。

診察室の扉が開いて、泣きながら出てきた子を、見ないようにキュッと目を瞑った。



評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ