挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

阿頼耶識 ~大正ロマン探偵妖綺譚~

大正十五年。帝都、東京。
震災後の復興が目覚ましいこの場所で起こった猟奇殺人事件。
記憶を失った少女と「生まれ得ざる者」
何が正義で、何が悪なのか。
真実の先に答えがあるとは限らない。
2017/06/21 22:11
第壱幕 少女
2017/06/21 22:16
第弐幕 探偵
2017/06/23 22:07
第参幕 異能
2017/06/24 21:42
第四幕 由江
2017/06/25 22:20
第五幕 生まれ得ざる者
2017/07/03 20:37
第六幕 闇
2017/07/04 20:20
第七幕 記憶
2017/07/10 23:11
第八幕 アンチテーゼ
2017/07/12 20:58
終幕
2017/07/17 22:17
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ