挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
腹ぺこエルフさん放浪記 作者:(=`ω´=)
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

35/97

福井県三方上中郡。洋食屋さんのひじきの和風オムライス。

 駅前は、見事なまでになにもなかった。
 地方であるならばこのようなことは別に珍しくもないということを、今のタスッタさんは知っている。
 交通の基盤が鉄道ではなく自動車の方に置かれており、駅前という空間が果たす役割も、都市部のそれとは違ってきているのだ。
 つまり、今回タスッタさんが立ち寄ったJR西日本小浜線上中駅の駅前も、そうした日本の地方の典型的な地方の姿を反映していた。

 さて、どうしましょうか。
 もちろん タスッタさんとて用事があるからこんなところまで来たわけだが、その所用までには、まだかなりの時間が開いていた。
 なにより、正午をかなりすぎて、タスッタさんも空腹をおぼえている。
 どこかで休憩がてらになにかを飲食しておきたいところであるが、視界にはいる限り周囲にはお店らしいお店が見当たらない。
 時間的にも充分に余裕があることだし、少し歩いて周辺を探って見ましょうか。
 タスッタさんはそんなことを思い、駅前からあてもなく歩き出した。

 心配をするまでもなく、それなりによさそうなお店はすぐに見つかった。
 国道沿いにある一軒家の洋食屋さんで、お店の前にある駐車場は、平日の昼間だというのに半分くらいふさがっていた。
 立地の割には繁盛をしている、とみるべきなのでしょうね。
 と、タスッタさんは自信なさげにそんなことを思う。
 外見から判断をしてもよさそうなお店だったし、他に行くあてもないので、タスッタさんはそのままそのお店に入ることにした。

 お店の中に入ると以外に広い、お洒落な内装の空間が広がっているる。
 右手にオープンキッチン、左手にはテーブル席。
 見晴らしがよく、奥の方には座敷席もあるようだ。
 お一人様であるタスッタさんは、いつものようにカウンター席に案内をされる。
 さっそくメニューを開うてみると、どうもこのお店はパスタとオムライスに力をいれているようだった。
 それと、地元で取れた新鮮な魚介類を使ったお料理と。
 今回はあまり思い料理を食べる気分でもなかったので、タスッタさんはまず本格的な魚介類を使った料理を外す。
 そうなると、パスタかオムライスかの二択になるわけだが、パスタは昨日も食べているしな、と、タスッタさんはオムライスを頼むことにする。
 そのオムライスも、このお店は何種類か用意しているのだが、タスッタさんはそのうちの和風さっそくオムライスを選らんで頼むことにした。
 ひじきを使ったオムライスとは、いったいどういうお料理なのだろうか、と、注文を通しながらタスッタさんは 想像をいはじめる。
 コースやセットではなく単品で注文をしたのだが、店員さんから飲み物について訊ねられたので、無難なところでコーヒーも頼んでおく。

 どうやら夫婦で切り盛りをしているお店らしく、奥さんらしい店員さんがテーブル席のお客さんの相手をして、シェフのご主人がオープンキッチンの中で調理をしながら、 その合間にカウンター席のお客さんたちとやり取りをしている。
 どうやらご主人は陽気な性格であるらしく、関西弁らしい言葉でお客さんたちとポンポンと弾むような掛け合いをしていた。
 関西弁らしいということはわかっても、現在のタスッタさんの日本語の素養では、どこの地方の関西弁であるのかまでは判別することができない。
 ご主人の仕事ぶりをさり気なく観察しているうちに、店先から学校帰りらしい子どもが「ただいま」といって入ってきて、そのまま真っすぐに座席席にあがりこんで姿を消した。
 どうやら、そちらがそのまま経営者一家の自宅へと続いているらしかった。
 アットホームだなあ、と、タスッタさんは微笑ましく思った。

 タスッタさんが頼んだひじきの和風オムライスも、シェフであるご主人が手際良く作ってくれた。
 そのオムライスのお皿がカウンター席に置かれるのとほぼ同時に、奥さんがコーヒーのカップを置いてくれる。
 タスッタさんはまずコーヒーを一口飲んで、予想外にちゃんとしたコーヒーであることに驚いた。
 酸味が強い豆を使用しているみたいだったが、いれかたがいいのかエグミはほとんど感じない。
 コーヒーがこの調子だと、本番のお料理の方も期待できそうだな、などと思いつつ、タスッタさんはスプーンを手にする。
 黄色いオムライスの表面にスプーンの先を沈める。
 想像していたよりもソフトな感触だった。
 このお店は、半熟タイプのオムライスなのかな、とか思いつつ、タスッタさんはその一口目を口に運ぶ。
 玉子は、半熟以上硬焼き未満といったところか。
 フワフワだけど、歯ごたえも感じる。
 でも、歯ごたえが強過ぎもしない。
 実に 絶妙な、火加減だった。
 ああ。
 と、タスッタさんは思う。
 この感触は、いいかも。
 少なくともこれまでに、タスッタさんが経験したことがない食感だった。
 中に入っている具の方にも、ひき肉とひじきの味が意外に玉子の味とマッチしている。
 これまでに食べたことがないタイプのオムライスであるといえた。
 ただ珍しいだけではなく、素材の味がよく出ていて、素直においしいと思える。
 ああ。
 と、タスッタさんは思う。
 正直、お料理を口にするまではあまり期待していなかったけど、このお店は当たりだ。
 しみじみと、そう思った。
 酸味が強いコーヒーも、しっかりと味を主張しているお料理といっしょにいただくことを考えれば、これくらい存在感がないとかえって霞んでしまうだからだろう。
 タスッタさんはそのオムライスをいただきながら、ひそかに満足感に浸っていた。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ