挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

くちなしの花の思い出

作者:花野
れみの母が小学校4年生の時に書いた物語です。
 夏のさかりの八月、ある一軒の家の前にとても美しいくちなしの花がさいていました。そのそばには、一人の少女が悲しそうにたたずんでいました。そして一枚の写真をさも親しげに見つめているのです。これには、わけがあるのです。


「ミカちゃん、ほんとにまた来てね」
「うん、私のことわすれないでね。ああ、そうだ。このくちなしの枝をあげる。挿し木して、かわいがってね」

 車が走り出しました。

「エミ子ちゃーん」
「ミカちゃーん」

 二人の声は、だんだん小さくなっていきました。


 エミ子は、それからくちなしの木をそだててきました。今では、大きくなって夏になると美しい花をさかせてくれるのです。
 くちなしの花を見ていると、ミカちゃんに会えるような気がしました。しろい花びらは、あの日、ミカちゃんが着ていたワンピースによく似ています。


挿絵(By みてみん)

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ