挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
グータラ探偵とその妹 作者:星月太陽
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

2/3

2 妹の攻撃

「桃、お前が行けよ。俺はゲームと昼寝でとーてーも忙しいから」

「お兄ちゃん、私がバイトしているの知っているよね。そんな探偵のバイトをするほど暇じゃないの。高校の勉強もあるし」

彼女はまたバタンと大きい音をたてて部屋を出ていった。

何だよ。ちょっとバイトしているからって偉いのかよ。俺は大卒だぞって言いたかったが、プリンを食べたことが影響して、自分の立場がさらに悪くなることがわかるため諦めるしかなかった。



俺は今やゲーム機となっているスマホを机の引き出しから取り出すと、電話番号を打ち込んだ。

「あーすみません。探偵のバイトのチラシを見て電話をしました。未来川と言います」

その後、いくつか質問をされると明日面接をすることになった。

妹の勢いがすごくて、どういう会社か確認できていなかったがよくチラシを見ると国の南地区を管理している会社だった。

そういえば、この会社ちょくちょくテレビに出ていたなぁ。

ガチャ

「お兄ちゃん、夕飯できたみたいだよ」

「おう」

もうそんな時間かぁ、それにしても妹部屋に入るときはノックをしろよ。

いつもの席に座ると、妹はお皿にカットされたピーマンが乗っかったものを俺の前に置いた。     

「おい。これはどういうことだ」

「さっき言ったでしょ。私のプリンを食べた罰だよ」

「ちょっと待て。母さん、こいつの言うこと聞くなよ」

母さんは、ニヤニヤと笑い、何も返事をしない。

父さんは、クックックッと必死で笑いをこらえようとしている。

そして、妹はホカホカのご飯とハンバーグを食べながら、時折「おいしい」と俺の顔を見ながら言い始めると、さすがに我慢の限界だった。

「うおらあああ」

俺の雄叫びは近所に迷惑になるのじゃないかと思われるほど、とてつもないものだった。

結局こうなるとわかっていたら、あの時に妹に言っておくべきだと後悔した。
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ