挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
雪の季節 作者:因幡雄介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/4

 真っ白な雪が降る山を、雪女は登っていた。
 服装は白地の着物だ。薄い紫の帯を胴部に巻きつけ、白足袋に草履で、柔らかな雪の道をシャナリシャナリと歩く。目指しているのは山小屋だ。
「ん?」
 丸太で建てられた濃茶色の小屋が見えてきたとき、なかに気配を感じた。
 いる。獲物が。
 ペロリと唇をなめる。ごちそうに、喉が鳴る。
 興奮を抑え、小屋の前に立ち、扉を開ける。暖かそうだが十畳ほどの広さしかなく、暖房など何もない。獲物の絶望する姿を想像するだけでも、体が大きく震える。
「誰だ?」
 しゃがれた声が響いてくる。
 男がひとりなかにいた。丸太の壁に背を当て、両足を前に投げ出し、うつむいて座っている。弱っているようだ。
 赤のスキーウエアに、ニット帽をかぶっている。まだ新しい。スキーブーツをはいている所から、おおかた慣れない雪山でスキーをしていて、コースから外れたのだと予想できる。
 男に近づき、口の両端が切れるぐらいニヤリと笑ってみせ、
「誰でもいい。お前たち人間は、私たちを妖怪と呼ぶし、化け物とも呼ぶ。雪女、とでも言っておこうか」
 正体を明かした。死ぬまで、たっぷりと精気を奪うからだ。ずっとそうしてきたし、これからも同じ行為が続くだろう。
「妖怪? ……ははっ、妖怪か」
 体力がないくせに、男は笑っていた。
 パターンは二つ。冗談だと思ってひきつった笑みを浮かべるか、幻だと思ってポカンとするか。現在社会に、妖怪がいるとは信じられていない。恐怖を感じさせることができるのは、殺す間際が多かった。
 今度のパターンは過去に例がない。警戒する。
「なぜ笑う?」
「妖怪なら、ちょうどいい。それにすら、すがりたい」
 男は顔すら上げられず、口だけが開き、
「頼む。娘を助けてくれ」
「娘?」
 初めて気づいた。男のとなりには、少女がいる。大人の陰に隠れていて、見えなかった。
 少女は小さなスキーウエアを着ていた。六歳か、七歳ぐらいだろう。気絶したように、眠っている。顔に生気は、すでにない。
「頼む」
 男は正座し、凍えた腰を無理やり折ると、額を床につけた。土下座。死にたくないと悲鳴を上げることはあっても、救ってくれと頼まれたのは初めての経験だ。
 動揺する。
「この子を助けてくれるのなら、俺の命をくれてやる。好きにすればいい。娘を、助けてくれ」
 命を捨てる覚悟なのだろう。
 男を見下ろす。小さな少女のほうにも視線をやった。
「娘はかわいいか?」
「そうだ」
「この娘のために、命を捨てるか?」
「そうだ」
 男は断言した。
 親が子を守ろうとする姿に感銘を受ける。同情が生まれた。
 腰を下ろし、男と少女の頬に手を添える。
「何を?」
 象牙のような手を見て、男がつぶやく。
「いちどだけだ」
「えっ?」
「いちどだけ助けてやる。ここには来るな。このことは誰にも言うな。約束できるか?」
「ああ、約束する」
「いいだろう」
 山小屋の出口に向かう。ドアを開け、出て行く瞬間ほほ笑んでしまい、
「かわいいな。お前の娘は」
 なぜ、そんなことをしゃべったのかわからなかった。
「死んだ妻も、そう言っていた」
 男は口を緩めていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ