挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
こみゅしょう! 作者:TK

プロローグ

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

10/41

10

 疲れた。
 今日は本当にめちゃくちゃ疲れた。というのも、あのあと4時間俺と彼女はほぼぶっ通しで歌っていたのだ。俺はほとんど歌っていないんだけどさ。彼女の選ぶ曲はどれも聞いたことがあるようなないようなものばかりで俺はイマイチ乗りきれないし、彼女の邪魔をしてしまうような気がしてなかなか曲をいれることもできなかった。そんな中でずっと座っていたのだから疲れるのも当然だ。というか俺何しに来たんだ……。
 一方彼女はカラオケボックスに入る前に比べてなんだか艶々している気がする。あんだけ歌ってたのに何で元気になってるんですかね……。
「いや~楽しかったわね」
 いいことはあったけどこっちは全然楽しくなかったよ!
「……あれだけ歌ってたのに声は全然枯れてないんだな」
「なんでげんなりしてんのよ。それは声の出し方の問題。お腹から声を出せば喉を痛めることなんてそうそうないんだから」
「そうですか……まあいいか」
「そういえばあなたはあまり歌わなかったわね。結構上手かったのに」
「嫌みにしか聞こえないよ」
「私と二人で緊張でもしたのかしら?」
「そりゃ緊張もするよ! 男女二人でカラオケなんて普通は恋人どうしでいくようなもんじゃないのか?」
「えっ! そうなの!?」
「そうだよ」
 西村に会ってちょっとひやひやしたことも話す。
「ち、違うのよ! 別にあなたに気があって誘ったとかそんなんじゃなくて……」
「わかってるよ。上野さんは女子にも友達いないからわからなかっただけだろうし、俺に気があるなんて思ってないから」
 気があったら上下ジャージでなんて来ませんもんね!
「うっ、そのっ、ご迷惑をお掛けしました……」
「だからいいって。その、上野さんの歌が聞けてちょっと嬉しかったしさ。すごい上手だった」
「そ、そう? ありがと」
 言って彼女は歌っているときのような顔で笑った。俺は思わず見とれてしまう。
「ん? どうかした?」
「い、いや、なんでもないよ。それじゃあまた明日学校で」
「ええそうね」
 悪くない一日だった。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ