挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

二〇二号室の住人 ~外道の所業に極み無し~

作者:ASP
季節は初夏。
主人公の夏元大樹は、通勤の理由で引っ越し先を探していた。
ある日の夜、裏野ハイツの二階で女性の影を見た大樹は、その女性に一目惚れをしてしまう。
女性を追い、裏野ハイツの二〇三号室に入居した大樹。
住人達は暖かく、大樹を裏野ハイツに歓迎した。
大樹が追いかけた女性・青野希美は、『今は』二〇二号室に住んでいるという。

しかし、希美との出逢いをきっかけに、大樹は残虐な連続猟奇殺人に巻き込まれてしまう。
果たして、二〇二号室の住人になることとは、どういう意味なのか。

崩壊していく大樹の世界、そして悪人達の非道の数々と末路を描く、サイコホラー。
裏野ハイツ住人紹介
2016/08/04 08:00
崩壊の序章
2016/08/04 08:00
裏野ハイツ
2016/08/04 08:00
住人達
2016/08/04 08:00
破滅への歓迎(前篇)
2016/08/04 08:00
破滅への歓迎(後篇)
2016/08/04 08:00
初仕事
2016/08/04 08:00
お疲れの一杯は血の味
2016/08/04 08:00
つかの間の安堵
2016/08/04 08:00
二〇二号室に住ませるということ(前篇)
2016/08/04 08:00
二〇二号室に住ませるということ(後篇)
2016/08/04 08:00
密談
2016/08/04 08:00
希望
2016/08/04 08:00
世界の終わり(前篇)
2016/08/04 08:00
世界の終わり(後篇)
2016/08/04 08:00
末路
2016/08/04 08:00
極み無き悪
2016/08/04 08:00
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ