挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
青薔薇姫のやりなおし革命記 作者:枢 呂紅

7.ローゼン侯爵、ジュード・ニコル

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

43/120

7-3




「私が地方院に出した提言書をみて、わざわざお越しくださったとか」

 ひと通り、屋敷の中を案内してもらった後。向かいに腰かけながら、さわやかな笑みを浮かべてジュードが本題を口にした。その口調は、まるで天気の話をするかのように、気軽なものだった。

 アリシアたちがいるのは、サロンを開いたりするような日当たりのよい談話室であった。太陽の光をいっぱいに取り込む大きな窓の外には、貿易商が住まうヘルドの街並みと、はじめて目にする青い水平線が広がっている。

 景色に目を奪われていたアリシアは、一瞬きょとんとしたのちに、慌てて頷いた。

「ああ。えっと、そうなの。うん」

 こほんと咳払いをして、アリシアは背筋を伸ばした。しっかりしないと、マイペースな若領主にのまれてしまう。

「あなたの提言書に、最初に目をとめたのは、ここにいるクロヴィスなの」

「へぇ。けど、それって地方院で却下された後に、ですよね?」

 嬉しそうに歯をみせて、ジュードはクロヴィスに視線を向けた。

「もしかして君も、変わっているって言われない?」

「ときとして」

 曖昧にそつなく答えたクロヴィスに、ジュード卿の眉がふたたび下がる。一方でクロヴィスは、会話の主導権をこちらに取り戻そうとするかのように、わずかに身を乗り出した。

「私が興味引かれたのは、ニコル殿が『流通に特化した商会を創設するべし』と提案した理由の方です」

「どうぞ、僕のことはジュードと。君のことも、クロヴィスと呼んでも?」

 あくまでペースを崩さないジュードに頷いてから、補佐官は先を続けた。

「職人産業、――現在ハイルランドで栄える金物や織物、その他工芸品が、今のままでは諸外国との競争に負けてすたれる。あなたはそう、提言で述べていましたね」

「うれしいなぁ。僕の出した提案書、いつも地方院で取り下げられちゃって、まともに読んでもらえた試しなんかないのに」

 明るい感嘆の声を上げて、ジュードは緑の瞳を輝かせた。

「書いたよ。君も、そうなると思うでしょ?」

「待って。どうして、あなたがそう思ったのか、まずそれを教えてほしいの」

 思わずアリシアは、口を挟んでしまった。

 ジュードが提言書に記した内容は、もちろんのこと事前にクロヴィスに説明をしてもらい、アリシアも把握している。そのうえでもっとも捨て置けないのが、「国内産業が将来的に廃れる」という部分だ。

 彼が言うところの職人産業とは、先日の城下町視察でアリシアが交流を深めた、代々と受け継がれてきた工芸職人を指していた。おしのび視察の時、間近でその精巧な技を見せてもらった彼女としては、にわかには信じがたい話であった。

 すると、ジュードはきょとんと首を傾げた。

「なぜって。港に出入りする商人たちと話していれば、簡単に予想がつくことでしょう。って、ああ、そうですね。王女様にそんな機会はないですよね」

 まったく嫌味なく、ジュードはまいったと頬を掻いた。どうやら、自分が話している相手が商人でも地方役人でもなく、王都から来た王女とその従者であることを、一瞬失念していたらしい。

 どこから説明しようかと、あれこれ悩んでいるらしい領主に、クロヴィスが助け舟を出す。

「海の向こうから入ってくる商品が、ここ十数年で各段に質のよいものになっているとは、聞き及んでおります。その影響でしょうか?」

「そうそう、それだよ! おまけに、色んな国に出入りしている商人たちによると、よその国の方が伸びしろがあるんだ」

 ほっとしたように補佐官を見て、ジュードは先を続けた。

 アリシアたちが暮らすハイルランドでは、歴史の早い段階から職人文化が発達してきた。それは、真面目で堅実な民の気質によるものや、厳しい自然環境で農耕が発達しづらく、手工業を生業と選ぶ者が多かったことに起因する。

 だから昔から、ハイルランド製の工芸品は高値で取り引きされ、それぞれの職人を抱える領主の税制を支えてきた。

「けれど、なまじ今までが成功していたばかりに、うちの国の生産・販売体制は数百年前から進化していません。こういっては何ですが、実に古臭い」

「つまり、一つ一つの商会が小規模で、受注できる仕事の量が限られる」

「そういうこと」

 ジュードは指をぱちんとならして、補佐官に微笑んだ。

「一方で海の向こうでは、ハイルランドに追いつけ追い越せっていうんで、領主や国が入り込んで、ばんばん自国の産業を売り込んでいる。エアルダールがいい例ですよ。あそこは、女帝の許可を得た巨大商会が、何でも売り込みに回っていますから」

 一昔前のように、ハイルランド製の商品が群を抜いて質が良かったのなら、それでも勝てた。むしろ、生産が限られるということは、かえって希少性を高めもした。

 だが、周辺国の技術が我が国に追いつき、質で見劣りしない商品を生産するようになった今となっては、ハイルランドは圧倒的に不利だ。同じ質、値段であれば、より多くの仕事を受ける体制が整っている他国の方が、今後伸びていくに違いないためである。

「と、ちょっと商人と話していれば、すぐにわかることです。なのに、この国の貴族ってやつは、貴族同士でしか仲良くしないから、それがわからないんですよ……」

 やれやれと首を振る若き当主は、どうやら目の前の二人が貴族(しかも、うち一人は王族)であることを、再び忘れている様子。困ったアリシアは、曖昧に頷くことしかできなかった。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ