挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
魔王の器 作者:月野文人

第四章 大陸大乱編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

216/216

受け継がれるもの

 シュッツアルテン皇国の都ミッテルブルクの城。城の奥の一室に人々が集まっていた。その中心にいるのはソフィーリア皇女。ベッドの背もたれに体を預けた格好だが、その顔色は病人のそれとは思えない健康そうなものだ。ベッドの横に椅子を置いてクラウディアは大好きな姉に学院で今日あった出来事を嬉しそうに話している。

「それでカムイくんとテレーザが教室で大喧嘩を始めてしまったの」

「まあ、そうなの? 懲りない二人ね」

 クラウディアの話に笑みを浮かべるソフィーリア皇女。会話を楽しんでいる様子を見てクラウディアの気持ちははずむ。

「そうなの。二人はいつも喧嘩ばかり。どうしてこんなに仲が悪いのかしら?」

「それはカムイの奴がいつも無礼な口の利き方をするからです」

 クラウディアの疑問に本人であるテレーザが答えてきた。

「無礼なのはそっちだ。クラウディア様に対する無礼を咎められるのはまだ分かる。どうしてお前への口の利き方で文句を言われなくてはならない?」

 そのテレーザの答えに文句を言ってきたのはカムイだ。

「文句を言うのが当たり前だろ!」

「俺は当たり前なんて思っていない」

「女性に対してはもっと優しくするべきだ!」

「そんなの当然だ。だから俺はいつも女性には優しくしている」

 テレーザが大声で文句を言ってきてもカムイは澄ました顔で答えている。その態度だけ見ていると、どうしてテレーザが怒っているのか分からない様子だ。当然そんなはずはない。

「どこがだ!? 私は優しくされた覚えはない!」」

「俺が優しくするのは女性だけだ」

「私は女性だ!」

「……嘘だろ?」

 驚いた表情を見せるカムイだが、当然これはテレーザをからかう為の演技だ。

「テメエ! ふざけるな!」

 それにまんまと乗ってテレーザはさらに声を荒げる。

「テメエ……これが女性の使う言葉でしょうか? クラウディア様はどう思います?」

「えっ……? そ、そうだね。あまり使わないね」

 カムイに急に問いを向けられて戸惑うクラウディア。深く考えることなく普通の答えを返した。

「ほら見ろ。クラウディア様もお前は女性ではないと言っている」

 そのクラウディアの言葉を湾曲させてさらにテレーザをからかうカムイ。

「ク、クラウディア様?」

「ち、違うよ! 私はそんなこと言っていないよ!」

「クラウディア様はお優しい。でも時には本人にはっきりと事実を伝えることも上に立つ者の勤めですよ」

 さらにカムイはクラウディアまで巻き込んでくる。 

「そんなこと言われても……」

「仕方がない。お優しいクラウディア様に代わって俺が本人に告げましょう。テレーザ、お前は今日から男だ。そう振るまえ」

「出来るか!」

「クラウディア様のご命令だぞ!」

「そ、そんな命令は無効だ! 私は女だ!」

 無効以前にクラウディアはそんなことを命じていない。

「主の命令を受け入れないとは。よし、では第三者の意見を聞いてみよう。ソフィーリア皇女はテレーザは女性らしいと思いますか?」

 今度はソフィーリア皇女まで巻き込もうとするカムイ。

「……カムイくん。お願いだから私まで巻き込まないで」

 さすがにソフィーリア皇女はそれを受け入れなかった。

「そうですか……じゃあ……」

 ソフィーリア皇女が駄目であればと周囲に視線を巡らすカムイ。巻き込まれてはたまらないと周りの人たちはその視線から慌てて目を逸らしている。

「もう良いわ。充分にこの話は楽しんだから」

「そうですか? じゃあ、今日のところはこれくらいで勘弁してやるか」

「何だと!?」

 カムイの物言いにまたテレーザが怒りを露わにする。

「テレーザも落ち着いて。しかし貴方たちって……逆に仲が良いのかしら?」

「はあっ?」「ええっ?」

 ソフィーリア皇女の言葉に驚きの声をあげるカムイとテレーザ。

「だって今の話だとテレーザはカムイくんに優しくして貰えないのが不満なのでしょう?」

「そ、そんなことは……」

「女性として扱って欲しいって……嫌だ。もしかしてそういうことなの?」

 驚いた顔でテレーザを見つめるソフィーリア皇女。驚いているのは周囲も同じ。

「それは……」

 周囲の視線を集めたテレーザは恥ずかしそうに俯いてしまった。

「い、いやだ。テレーザ。冗談はもう良いよ。それに万一、テレーザがそんなこと思っていてもカムイくんが困ってしまうわ」

 テレーザの反応に動揺しているクラウディア。テレーザが何も言っていないのにそれを否定しようとする。

「俺は……別に困らないけど」

「えっ?」「嘘?」

「テレーザにもしその気があるなら、俺のところに来れば良い。俺はそれを受け入れる用意がある」

「……本当に? 本当に私はお前の側にいて良いのか?」

「もちろんだ」

「カムイ……」

 カムイに向かって歩を進めるテレーザ。そのテレーザの肩をカムイは優しく抱きしめた。

「じゃあ、行こうか」

「うん」

 そのまま部屋を出て行こうとする二人。

「だ、駄目だよ! テレーザは私の側にいないと駄目!」

 それを止めようとクラウディアが大声で叫ぶが、二人は全く気にすることなく出口に向かって歩いて行く。

「待って! 行くなら私も連れて行って!」

 止めることが出来ないなら自分も一緒に。そう思ったクラウディアだが体が動いてくれない。

「じゃあ、俺たちも帰るか」

「そうだな」

 カムイとテレーザが部屋を出て行くのを見て、アルトとルッツも帰ろうと動き出す。ディーフリートもセレネもそれに続く。

「待って……私も……私も連れて行って」

 クラウディアがお願いしても誰も振り向くこともしてくれない。追いかけようにも足が動かない。
 楽しい会話が続いていた部屋は一気に静寂に包まれた。

「……姉上?」

 クラウディアはずっと黙ったままのソフィーリア皇女に声を掛ける。ソフィーリア皇女からの返事はない。ベッドの上でぐったりしている。

「……姉上? 姉上!?」

 慌ててソフィーリア皇女の側に駆け寄るクラウディア。そのクラウディアの瞳に映ったのは真っ白のシーツの上に出来た真っ赤な染み。
 ソフィーリア皇女が口から血を吐いて死んでいる姿だった。

「……わ、私じゃない。こ、これは私じゃない」

 その姿を見て声を震わすクラウディア。

「た、助けを……助けを呼ばないと……」

 震えて思うように動かない足を何とか動かしてクラウディアは部屋の出口に向かう。

「あっ……」

 だが床にあった何かに躓いてクラウディアは倒れてしまう。何もないはずのその場所で何に躓いたのか。見てはいけないという心の声を感じながら、クラウディアは足先に視線を向けた。

「……い、いやぁあああああああああっ!!」

 そこに倒れていたのはオスカー。恨めしそうにクラウディアを見つめているオスカーの死体だった。

「た、助けて! 誰か助けて! 皆戻ってきて!」

 大声で叫びながら出口の扉に向かうクラウディア。廊下にいるはずのカムイたちを追って部屋を出ようとするが。

「……開けて。誰かここを開けて! 私を外に出して!」

 扉が開くことはなかった。
 背中に感じる気配が徐々に大きくなる。何故そんな風に感じるのか。背後にあるのはソフィーリア皇女とオスカーの死体だけであるのに。
 恐る恐る、本当は振り返りたくないのに、クラウディアは顔を背後に向ける。その瞳に映ったのは重なり合う兵士たちの死体。どの死体も恨めしそうにクラウディアを睨んでいる。

「……いや。いやだ。来ないで。私じゃない! 私のせいじゃない! だから私を責めないで!」

 死体の山から顔を背けるクラウディア。その耳に床の上を何かが引きずっているような音が聞こえてくる。

「い、いや。助けて! 誰かここを開けて! 私を外に出してぇえええええ!」

 どれだけクラウディアが大声で泣き叫ぼうと目の前の扉が開くことはなかった。

◇◇◇

 ディア王国の王都ウエストミッド。ディア王国など滅びたも同然なのだが戦後処理がまだ始まっていない現状ではそう呼ぶ以外にない。戦いを終えたノルトエンデの人々はそのウエストミッドを本拠地として戦後処理に当たっている。
 神族と、クラウディアとの戦いでは万の数の人々が亡くなった。通常の戦争ではあり得ない犠牲者だ。そんな中でニコライ皇帝が生き残ったのは今の状況では幸運。もっともそうなるようにダークとその配下の人たちが頑張ったからこそだ。
 ルースア帝国はまだ東大陸のかなりの部分を領土にしている。だが、それを治める皇族は誰もいない。全員がカムイに捕らえられているのだ。そうなればもう降伏するしか道はない。戦争の継続を宣言したとしてもニコライ皇帝には何も出来ない。野心と力を持つ臣下がルースア帝国を継ぐだけだ。ニコライ皇帝は降伏を受け入れ戦争は終結した。ただこれは形だけだ。
 ニコライ皇帝が降伏を宣言してもそれで戦いが終わるとは限らない。やはり誰かが東方大陸を治めようと野心を露わにする可能性は充分にある。大陸の戦乱がどのような形で治まるかは未だに流動的だ。
 これはカムイが負傷で長く動けなかったことも影響している。混乱を治め大陸制覇を成し遂げるであろうカムイの生死がどうなるか分からないような状況では、人々はその態度を明らかに出来ない。もしカムイが死ぬようなことになれば、また大陸は混沌とした状態になると人々は分かっているのだ。
 そのカムイの傷がようやく癒え、動けるようになった。ベッドを離れたカムイが真っ先に向かったのは城の最奥にある部屋。代々の皇帝の私室であった部屋でクラウディアが最後の部屋の主。それは今もそうだった。

「……これって生きているのか?」

 ベッドの上で寝ているクラウディアを見てカムイはアルトに問いかけた。クラウディアについてはある程度話は聞いている。ずっと食事を摂ることもなく眠ったままだと。それで生きていられるのが不思議だった。

「息はしている。心臓も動いている。それに時々、苦しそうにうめいたりもする」

「再生能力は?」

「まだ残っている。燃やし続ければ殺せるかもしれないが、それも試してみねえと分からねえ」

 クラウディアを生かしておくのは危険だ。だがどうすれば殺せるのか今のところは分かっていない。

「そうか……意識は一度も戻っていないのか?」

「ああ。ずっとこのままだ。飯も、水さえ飲んでいねえ。それでも生きている」

 このまま死んでくれることをアルトは願っている。同情はない。クラウディアは数え切れないほどの人々を殺しているのだ。

「……今も恨みを……いや、考えても分かるわけないか」

 今のクラウディアがどのような精神状態なのか。今も世界中の人々を殺そうとしているのか。考えても分かるはずがない。それが分かるとすれば。

「魔剣は?」

「全く反応しない。アウルもだ」

 クラウディアの体内に吸い込まれた魔剣カムイとそれと共にいるはずのアウルに状況を聞くこと。だが二人ともカムイに反応を返さない。

「……負けたのか」

「でもクラウディアもこんな状態だ」

「……俺たちには分からねえな」

「そうだ。どうなっているか俺たちには分からない。分かるのは勝ったとは決して言えないということだ」

 クラウディアの力は押さえられている。だが異常な回復力が消えていないことから完全に押さえられているわけでもない。殺す方法も見つけていない。

「クラウディアだけじゃねえ。神族にも」

「ああ。そうだな」

 ミハエルを討ち取ることは出来なかった。精神体であるミハエルを殺す、というより消滅させることはどれだけ地の世界で強くても容易ではない。魔族がその総力をあげて協力すれば可能だったのかもしれないが、そんな余裕は彼らにはなかった。魔族もまたその多くが神族、もしくはクラウディアに殺されているのだ。

「……次の戦いは来年か、それとも百年後か」

「次もまた姿を現すとは限らない。そこまで神族を追い詰める戦いが出来るのは……そもそも誰にそれが出来るのか……」

 神族はこれまでずっと陰から地の世界を操っていた。正面に立って戦うことなどしてこなかった。今回の様に正面から戦える機会が訪れるのは果たしていつのことか。

「はあ……まさか数百年、下手すれば千年先のことまで考えることになるとはな。考えたって答えなんて出ねえし」

「仕方がない。俺たちは知ってしまった。この世界が悪によって管理されていることを」

「……やれることをやるしかない、か。小さすぎる力だとしても」

「ああ、その通りだ」

 このまま大陸制覇を成し遂げてもそれで全てが終わるわけではない。その先も神族による管理は続いていくのだ。地に生きる人々が今回のことを忘れる頃にまた、それは始まるのだ。そしてそれを止めることはまず間違いなくカムイたちには出来ない。
 戦いは終わらないまま続いていく。それを思うとカムイたちの気持ちは沈むばかりだ。

「さあ、クラウディア様! お着替えの時間ですよ!」

 その暗い雰囲気を吹き飛ばす陽気な声が部屋に響く。テレーザの声だ。

「あれ? カムイも来てたのか?」

「ああ、心配になってな」

「心配はいらない。クラウディア様の面倒は私が見ているからな」

「テレーザ……」

 どんな思いでテレーザがクラウディアの面倒を見ているのかカムイには分からない。この件に関してはテレーザは何も話そうとしないのだ。

「さっさと出てけ。クラウディア様の裸を見ようとしてもそうはいかないからな」

「ば、馬鹿か? どうして俺がクラウディアの裸を見なければならない?」

「そんなこと言って。これで案外クラウディア様は胸が大きいんだぞ?」

「……それは知っている」

 少し躊躇いながらもカムイは素直に言葉にした。

「……何だって? カムイ! 貴様、まさか風呂場を覗いていたのか!?」

 カムイの言葉を聞いて古い話を持ち出してくるテレーザ。学院時代の合宿での話だ。

「いつの話だ!? 服を着ていたってそれくらい分かる!」

「……このむっつりスケベ。興味のない振りしてきちんと見ていたんだな」

「誰がむっつりスケベだ。文句があるならクラウディアに言え。胸が強調されるような服を着ているのが悪い」

「そんなの……言えるはずないだろ。もう良いから出てけよ。体を拭いてあげないと」

 カムイと昔みたいに言い合いをしてもクラウディアが困ることはない。二人の話など聞こえていない。聞こえていても反応してくれない。

「……テレーザ」

「何だ?」

「平気か?」

「……ああ、私は平気だ。クラウディア様とこうして一緒にいると昔を思い出す。昔の楽しかった日々をな」

「そうか……それなら良い」

 口に出した言葉がテレーザの気持ちの全てではない。それはカムイにも分かっているが何も言えることはなかった。これはテレーザとクラウディアの問題。カムイが口出すことではない。アルトと二人、部屋を出て行くカムイ。
 その背中を見送ったところでテレーザはクラウディアに向かって口を開く。

「さあ、体を拭きますよ。体を拭かれるのは気持ち良いですか? クラウディア様は恥ずかしいかもしれませんね。でもお願いですから私に任せて下さい」

 返事などくることはないと分かっていながらテレーザは普通にクラウディアに話しかける。クラウディアの世話をするようになってからずっとこうしている。

「ずっと私がお世話をします。もう一人にはしませんから。償いになるなんて思っていません。だって私は今幸せですから。その幸せを少しだけクラウディア様にも分けてあげるだけです。皆優しいですよ。クラウディア様にも優しくしてくれます。クラウディア様がずっと……ずっと望んでいた通り……だから……だから早く目を覚まして……」

 テレーザの瞳から涙が溢れる。分かっているのだ。クラウディアが目を覚ますことなどないと。
 それでもテレーザはこの言葉通り、ずっとクラウディアの世話をし続けることになる。年を取り寿命を迎えるその直前までクラウディアの側に居続けた。決して目覚めることのない、眠ってからずっと年を取ることのなかったクラウディアの世話を見続けた。
 テレーザが亡くなった後はある魔族が、その魔族が亡くなった後は別の者が。クラウディアの体が朽ち果て、多くの人々がその存在を忘れ去った後もずっと。

『魔剣が宿すは恨みの力、恐怖の力。悪を打ち払う唯一無二の力。魔剣を手にした者は覚悟せよ。魔剣の呪いが汝の身に降りかかることを。だがもし受け入れられし者が現れた時。地に住む人々よ。その下に集いて世界の闇を打ち払え。その人こそ救世主也』

 この新たな伝承の言葉と共に受け継がれることとなった。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

望まぬ不死の冒険者

辺境で万年銅級冒険者をしていた主人公、レント。彼は運悪く、迷宮の奥で強大な魔物に出会い、敗北し、そして気づくと骨人《スケルトン》になっていた。このままで街にすら//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全394部分)
  • 14863 user
  • 最終掲載日:2017/12/25 18:00
境界迷宮と異界の魔術師

 主人公テオドールが異母兄弟によって水路に突き落されて目を覚ました時、唐突に前世の記憶が蘇る。しかしその前世の記憶とは日本人、霧島景久の物であり、しかも「テオド//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1395部分)
  • 13959 user
  • 最終掲載日:2018/02/26 00:00
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全866部分)
  • 13058 user
  • 最終掲載日:2018/02/20 10:00
黒の召喚士 ~戦闘狂の成り上がり~

 記憶を無くした主人公が召喚術を駆使し、成り上がっていく異世界転生物語。主人公は名前をケルヴィンと変えて転生し、コツコツとレベルを上げ、スキルを会得し配下を増や//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全509部分)
  • 14889 user
  • 最終掲載日:2018/02/24 18:00
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全194部分)
  • 14889 user
  • 最終掲載日:2018/02/20 00:00
再召喚された勇者は一般人として生きていく?

異世界へと召喚され世界を平和に導いた勇者「ソータ=コノエ」当時中学三年生。 だが魔王を討伐した瞬間彼は送還魔法をかけられ、何もわからず地球へと戻されてしまった//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全409部分)
  • 13553 user
  • 最終掲載日:2018/02/25 11:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全405部分)
  • 17553 user
  • 最終掲載日:2018/02/19 23:00
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全444部分)
  • 15141 user
  • 最終掲載日:2018/02/03 01:00
二度目の人生を異世界で

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」 これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全393部分)
  • 15068 user
  • 最終掲載日:2018/02/19 12:00
魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 書籍化決定しました。GAノベル様から三巻まで発売中!  魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望では//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全218部分)
  • 16263 user
  • 最終掲載日:2018/02/23 18:43
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全267部分)
  • 13035 user
  • 最終掲載日:2018/02/23 00:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 15805 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
失格紋の最強賢者 ~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~

とある世界に魔法戦闘を極め、『賢者』とまで呼ばれた者がいた。 彼は最強の戦術を求め、世界に存在するあらゆる魔法、戦術を研究し尽くした。  そうして導き出された//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全177部分)
  • 15401 user
  • 最終掲載日:2018/02/22 03:06
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全127部分)
  • 16064 user
  • 最終掲載日:2018/02/03 03:49
蘇りの魔王

勇者に討たれ、その命を失ったはずの魔王ルルスリア=ノルド。 彼にはやり残したこと、解決できなかった問題がいくつもあったが、悪は滅びると言うお題目に従い、消滅した//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全272部分)
  • 13702 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 18:00
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 16922 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全179部分)
  • 14526 user
  • 最終掲載日:2018/02/01 04:25
LV999の村人

 この世界には、レベルという概念が存在する。  モンスター討伐を生業としている者達以外、そのほとんどがLV1から5の間程度でしかない。  また、誰もがモンス//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全363部分)
  • 13702 user
  • 最終掲載日:2018/02/26 00:08
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全221部分)
  • 13766 user
  • 最終掲載日:2017/11/30 20:07
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1653部分)
  • 15741 user
  • 最終掲載日:2018/02/25 18:00
金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全824部分)
  • 14540 user
  • 最終掲載日:2017/12/24 00:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全537部分)
  • 15497 user
  • 最終掲載日:2018/02/03 23:34
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全306部分)
  • 19466 user
  • 最終掲載日:2018/02/17 18:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲( web版 )

◆カドカワBOOKSより、書籍版12巻+EX巻、コミカライズ版6巻発売中! アニメ放送は2018年1月11日より放映開始です。【【【アニメ版の感想は活動報告の方//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全568部分)
  • 18562 user
  • 最終掲載日:2018/02/25 21:39
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 18160 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

地球の運命神と異世界ガルダルディアの主神が、ある日、賭け事をした。 運命神は賭けに負け、十の凡庸な魂を見繕い、異世界ガルダルディアの主神へ渡した。 その凡庸な魂//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全363部分)
  • 15517 user
  • 最終掲載日:2018/01/07 20:00
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全138部分)
  • 14921 user
  • 最終掲載日:2018/02/21 12:16
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 16755 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
↑ページトップへ