挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
オーバーロード:前編 作者:丸山くがね
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

85/98

諸国-3


 ガゼフ・ストロノーフは王城の透き通った高級ガラスの向こうの景色を、ただ黙って眺めていた。
 そこでは3台の馬車が王城を抜けて、走り出していくところだった。
 ゆっくりと走り出した、先行する馬車は非常に豪華な作りである。鍛え抜かれた毛並みの良い馬が4頭。横手には王家の紋章が打ち込まれており、細やかな作りの装飾が施されている。
 王家の力を誇示したそんな立派なものだ。

 ガゼフの不快げな視線は、その後ろを続く馬車に向かう。

 続く馬車は、数段劣るとしか言いようが無かった。確かに先行する馬車と同じぐらいの立派な馬が引いているが、その数は2頭。送れずについてくるために付けられた馬なのだろう。馬車の横手には何の紋章も刻まれてはいない。馬車自体の大きさも一回りは小さく、結果的に2台が並ぶとあまりのみすぼらしさがより一層目立つようだった。
 何のために並べているのかと問われたら、前を行く馬車の引き立て役のためとしか言えないようなものがそこにはあった。

 最後尾を走る馬車も、2番目の馬車と同じような作りだ。
 ただ、こちらの馬車は荷物などを積み上げているのが見える。前の2台とは違い、積荷運搬用の馬車なのだろう。そのためガゼフはそれほど不快げな視線は送っていない。

「――行きましたな」
「そのようですな」

 突然の背後からの男の声に、ガゼフは驚くことなく答える。その人物が近寄ってくるのは気配で分かっていたのだから。ただ、ガゼフは話しかけないでくれればという思いを持っていたのは事実だった。
 ガゼフは背中を見せたまま話すのは失礼に値するという思いで振り返る。ガゼフが平民上がりなのに対して、その人物は貴族の生まれであり、王国の中でも6人の大貴族に数えられる男なのだから。決して振り返りたくて振り替えるわけではない。

 振り返ったガゼフに目に入ったのは、長身痩躯と相まって蛇のような感じのする男だった。金髪をオールバックに固めているために、大きく額が出ている。顔色は光に当たっていない人間特有の不健康な白。

 レェブン候と呼ばれる人物である。
 王派閥の貴族でも最も力のある存在だ。王に直接仕えているガゼフからすると、決して機嫌を損ねてよい貴族ではない。
 しかしながらその蝙蝠とも言われる態度は、ガゼフからすると好きではなかった。両方の派閥を、利益を求めてさ迷う姿は。

「真ん中の馬車がアインズ・ウール・ゴウンという人物を乗せるための馬車ですね」
「そのようですな」
「……ガゼフ殿も行きたかったとか?」
「はい」
「どうしてですかな?」
「会ったことのある相手ですから」
「なるほど……」

 まだ話を続けるのかと、ガゼフは内心面倒に感じていた。好きでもない人物のため、簡単な受け答えしかしてないのに、そんなに話すことがあるのだろうか、と。
 遠くなった馬車の僅かにたなびく土煙に視線をやり、ガゼフは憎憎しげに思う。
 今回の馬車の出立時期が遅れたのも、この人物が色々と口を挟んだからだ。もしそんなことをしなければもっと早く王都を出ていただろう。
 もしかするとアインズという魔法使いを乗せるための馬車が貧相なのも、この男が一枚噛んでいるのかもしれない。そう思いながら、ガゼフは決して顔にはその感情は出さない。

「ガゼフ殿。1つ聞きたいのだが、ゴウンという魔法使いと戦った場合、勝てるかな?」
「……難しい質問ですが、魔法使いは距離を取るもの。距離を取られれば私では絶対に勝てないでしょうな。私よりは『蒼の薔薇』や『真紅の雫』なら勝てるのでは?」
「王国最強の冒険者集団ですかな? ……ふむ」
「彼らなら様々な手段を有してます。私のように武器を振るうだけの者とは違った戦い方をしてくれるでしょう。ただ……レェブン候には失礼ですが、勝つ勝てないを考える前に、味方に引き込むべき手段を考えるべきかと」

 レェブン候は苦笑いを浮かべた。

「全く、ガゼフ殿のおっしゃるとおりだ。しかしながら最悪の事態は考えなくてはならないからな」

 最悪の事態を引き起こそうと行動するものが多すぎる。
 ガゼフはそう言葉にしたい気持ちを押さえ込んだ。決して――仮かもしれないが、同じ派閥に所属する権力者に言ってよい言葉ではない。

「せめてアインズ殿が乗る馬車はあれより良いものに出来なかったので?」
「……無理だな。魔法使いの地位はさして高いわけではない。かの帝国のように国が全面的なバックアップを行って、支援しているわけではないのだ。地位に相応しくない馬車を送り出すことは不可能だ」
「ならば、途中の街で交換してしまうというのは?」
「面白い考えだが、それは難しいだろうな。一応、あれは王命で出した馬車だ。交換するということは王命に従わないということ。それに中に乗っている人間もな」
「どうしたので?」
「貴族派閥の息が掛かっている」

 最悪だ。
 ガゼフは言葉にはせずに、ただ、呻き声を上げてしまう。
 あの時の貴族達の愚かさは重々承知している。アインズという人物を単なる魔法使いとしか考えていない、そんな愚かさを。

「もう少し別の人選は無かったので?」
「……無理だ。あの時、ガゼフ殿に反対していた貴族を思い出して欲しいのだが、選任された儀典官はあれの血縁らしくてな。他の儀典官をねじ込もうと動いたのだが、少々難しかった」

 おやとガゼフは思う。
 どうもレェブン候はアインズという魔法使いを高く評価している気配がある。それとも王国の民を助けてくれたという恩を重視しているのか。

「結局は……ゴウン殿が温厚な人物であり、儀典官が空気を読んでくれることを期待するしかないのだが」
「アインズ殿は冷静なお方のように見えました。よほどのことが無ければ、問題は無いと信じたいものです」
「……そうかね? ならば私もそう信じたいものだ」あまり信じている表情ではないが、レェブン候はそう答えた。「では、ガゼフ殿。これで」
「お帰りなられるので?」
「ああ。そろそろ屋敷の方に戻ろうと思ってね。そのあとはあと少し王都ですべき仕事が終わったら、領地の方に戻るつもりだよ」
「そうですか。そろそろ収穫の時期にもなりますし、領内の仕事も山のごとくでしょう」
「全くだ。忙しい時期の始まりだ。収穫の時期のみならず、帝国の宣戦布告の時期なのだからな。念のために色々と準備はしなくてはならないだろ?」

 その皮肉めいた言葉に初めてカゼフは苦笑する。敵意に属するものが無い、そんな感情をこめたものを。

 帝国はこの時期になると小競り合いを仕掛けてくる。それが分かっている貴族は何らかの準備をして備えておくが、面倒に感じて行わない馬鹿な者もまた多い。平民を絞れば解決する問題だと。
 その点、レェブン候の派閥はしっかりとした準備を行っている。あまり好きでは無い人物だが、その優秀さは味方として肩を並べるのに満足できるものだ。

「では、レェブン候。またお会いしましょう」
「ではガゼフ殿。また会おう」





 レェブン候の執務室は広いように思われがちだが、実際はさほど広くはない。
 6大貴族に数えられ、王都でも指折りの屋敷に住むレェブン候からすれば小さいとしか言いようが無い広さだ。この部屋で幾つもの重要な決定がされていると知ったら、驚く人間が多いかもしれない。
 部屋の全部の壁には本棚が置かれ、その中には紙の書物や付箋を貼った羊皮紙などが綺麗に整頓されている。そのために部屋が小さく見えるのかというとそうではないのだ。確かに理由の1つにはなるだろうが。
 最も大きな理由は、目には見えないところにあった。
 レェブン候の屋敷はレンガの壁でできており、その上に漆喰が塗られるという貴族であれば極普通の構造となっている。では執務室はどうか。他の部屋と変わらないつくりではある。
 しかしその壁の奥。
 壁の内側には、銅板が部屋を包むように埋め込まれていたのだ。
 これは銅板など金属板で囲むと、魔法による探知を阻害する働きを持つためだ。占術による盗聴、監視、目標捜索などを。
 金属板で覆うというかなり金のかかる作業が必要なために、大きな部屋を執務室として持つことが出来ないのである。

 そんな魔法的な防御まで考えられた部屋にレェブン候は入り、重厚な執務机の向こうにある、唯一のイスにドカリと腰を下ろす。それは草臥れ果てた人間が行うような、そんな力無い座り方だった。
 それから顔を隠すように覆う。
 その姿は誰がどう見ても、王国でかなりの力を持つ大貴族の姿には思えないだろう。それよりは疲れ果てた単なる中年男性という方が正解だ。
 はらりと垂れてきた金髪を、無造作に掻き上げる。
 それからイスの背もたれに寄りかかると、顔を歪める。そして怒鳴った。

「どいつもこいつも馬鹿ばかりか!」

 本当にどいつも現状を理解していない。いや、理解していてこの有様を容認しているとするなら、とんだ謀略家だ。

 王国の現状はかなり追い詰められている。
 帝国の頻繁な示威行為の所為で、食料の問題などゆっくりと様々な問題が沈殿しつつあるのだ。大きな破綻が無いような気がするが、それは村々に目をやって無いからだ。
 帝国は騎士という専業戦士を保有しているが、王国にはそんなものはいない。そのため、帝国の侵略となると、平民達を集めて兵士を作らなければならない。その結果、村々には働き手がいなくなるという時期が生まれる。
 そんな帝国が狙うのは当然、収穫の時期だ。
 収穫の時期に一ヶ月も男手がなくなるというのは非常に問題なのは言うまでも無い。ならば平民をかき集めなければ良いという考えもあるだろう。しかしながら専業戦士からなる、練度武装共に長けた、帝国の騎士の前には、数倍の兵を集めなくては容易く打ち負けるのだ。
 実際一度、あまり集めなかった所為で大きく敗北したことがあった。そのときは一気に王国の力が衰えたものだ。今はなんとか回復したが、それは数字上のことだとレェブン候は充分に把握していた。

 それだというのに――

「屑は裏切りを! アホは権力闘争を! 馬鹿は不和を撒き散らす!」

 6大貴族の1人であるブルムラシュー候は裏切り行為を行い、帝国に情報を売り渡している。貴族達は王派閥と貴族派閥に分かれて権力闘争。王子たちは王の後の地位に互いに狙いあう。

「さらにはアインズ・ウール・ゴウンとか言う魔法使い……もっと丁重な対応をすべきだろう! カーミラという国堕としの弟子と戦えるだろう人物だぞ!」

 執務机をバンバンとレェブン候は叩く。その憤懣のはけ口として。

 レェブン候がアインズ・ウール・ゴウンという魔法使いの元に、使者を乗せた馬車を送るのを遅らせた理由はある情報を手に入れたためだ。それはエ・ランテルでの情報である。

 国堕としという伝説の化け物がいる。それはかつてかの13英雄に滅ぼされた存在だ。
 伝説のとおりであれば、一国を容易く滅ぼせる力を持つとされる化け物中の化け物。そんな存在の本当に弟子であった場合、カーミラの戦闘力も桁が違うこととなるだろう。実際、カーミラというヴァンパイアが非常に強い可能性は充分にあると、エ・ランテルの冒険者ギルドの内密の見解で出ているのだから。
 では、そのカーミラを追う事の出来る、アインズという魔法使いの力は一体いかほどのものか。

 手の者が秘密裏に手に入れたそんな情報を《メッセージ/伝言》で聞き、レェブン候はアインズ・ウール・ゴウンがどれほどの人物か、大体は把握したのだ。
 決して侮って良い相手ではない。
 だからこそ、エ・ランテルからの使者が来るまで、王が現状の対応を考え直すまで、時間を稼ごうとしたのだ。

 アインズ・ウール・ゴウンを最大の敬意を持って招くために。

 しかしそれは上手くいかなかった。
 まずはエ・ランテルから使者が到着するのが遅すぎるためだ。これは王派閥に所属する都市長に対する厭味だろう。街道にある貴族派閥の都市ごとで、使者が時間を奪われていると推測が立つ。

 どいつもこいつも下らないことをして。
 レェブン候は不機嫌に表情を歪める。

「何が重要なのか、少しでも考える頭を持つ奴はいないのか!」

 いやいるのだが、そういうのは大体がレェブン候の派閥に所属してしまっている。本来は他の6大貴族にそれぐらい優秀な人間がいてもおかしくは無いのだが――

「どいつもこいつも出がらしが!」

 レェブン候は吼える。
 色の付いた水ばりの脳みそしか持たない貴族達に対して。

「しかし――どうする? 考えろ、私」

 荒い息を整えつつ、レェブン候は頭を悩ませる。
 これから続くであろう、王国の受難。そして王国を維持運営していく手段を。
 とりあえずは謎の魔法使いに対する方法だ。


 レェブン候が内密に得た情報を直接流しても良かったが、王の周りには貴族派閥の手の者が潜り込んでいるのは確実であり、レェブン候としても思う存分動くことが出来なかった。
 レェブン候は王派閥でありながら、貴族派閥とも繋がっていると噂されることがある。これはある意味事実だ。

 現在、王国は2つの派閥に分かれてはいるが、両者の橋渡しとなって様々な政策のことで話し合い、一時的でも協力を要請する貴族が必要だった。そうでもしなければ真っ二つのまま、いつまでも揉めるだろう。さらには王が毎回強権を発動することとなるだろうから、色々な意味で不満が貴族で起こり、結果、王国の力は削がれる。
 それらを避けるために、レェブン候は内密に行動するのだ。人は己と同じような人間を信頼し、逆の人間を警戒する。欲望に塗れた貴族達を信頼させるのは、無欲な人間ではなく、強欲な――己の欲望を明確に表に出す人間だ。
 だからこそレェブン候は望まぬ欲を見せ付けるのだ。
 それに彼ほど橋渡しに向いた人物はいない。貴族は家の歴史や血、大きさを重要視する傾向が強い。そのため6大貴族の彼だからこそ、我慢して話を聞いてやろうという貴族派閥の者は多かった。

 そのためにレェブン候は自らの利益が出るという立場で、貴族派閥の人間と交渉を行う。
 それは傍目かすれば、欲望という血を求めて飛び交う蝙蝠のような姿にも思えるだろう。

 レェブン候だってそんな恥知らずな真似はしたくない。
 特に愚かな貴族どもが自らをそういう人間だと見なし、汚らしい話を持ってくる時には。
 しかし、貴族派閥の意見だからイヤだとか、王派閥の意見だからイヤだとか。子供のようなことを考える貴族どもを相手にするためには、常識のあることを言ってられないのだ。この王国の現状を良く知れば。
 そのためレェブン候は歯軋りをしながら、蝙蝠のごとき様をする。

 そんな彼だからこそ王派閥に所属しておきながらも、完全なる王の協力者として行動できないのだ。レェブン候にはっきりとした利益が入るという行為以外で動けば、次から貴族派閥のものに信じてもらえなくなる可能性がある。そうなれば橋渡しをする者がいなくなって王国が完全に割れる可能性は充分にあった。
 なぜならそういった謀略も、帝国や法国から受けているのだ。


「王都まで来たもらったら、最大限の歓迎を行うように手段を取るしかないか。王にもお願いして……そうなると王都にいる間の館の準備もしないといけないし……」

 非常に後手に回る手だが、現在ではレェブン候が取れる手段は恐ろしく無い。
 レェブン候は深いため息をつく。

 なんでこんなに面倒なことをやらねばならないのか。別にレェブン候は大貴族ではあるが、宮廷内での仕事を割り当てられているわけではない。それなのに……。

 レェブン候でも全てを捨ててしまいたくなる時もある。どうしてどいつこいつも現状をしっかり見ないで、くだらないことをやっているんだと。砂で城を作っているというのに、周りでは子供が暴れているのだ。
 そんな状況では、破滅願望に襲われても仕方が無いだろう。

 しかし、そんな彼が頑張れるもの当然理由がある。

 コンコンという扉を叩く音がする。
 その音の出所は低い。一瞬だけレェブン候がレェブン候じゃないような顔をした。即座に取り繕ったレェブン候は声を上げる。

「入りなさい」

 その声を待ちわびていたように、扉が勢い良く開く。
 そして最初に子供が姿を見せた。

 まだまだ幼い少年だ。
 可愛らしく無邪気な少年の頬は、白い肌のため、ピンク色に綺麗に紅潮していた。
 年齢にして5歳ほどだろうか。少年はたったったと部屋を走り、レェブン候の膝まで来る。

「部屋の中で走るなんてはしたないですよ」

 その少年を追いかけるように、女性の声がした。少年の後ろに立っていた女性だ。
 顔立ちは綺麗なのだが、何処と無く暗い雰囲気を持つ女性だ。幸の薄そうなという言葉が非常に似合っている。服装も質こそは良いのだが、少し暗めの色を使ったドレスだ。
 軽くレェブン候に頭を下げると、かすかな微笑を見せた。

 レェブン候もまたかすかに――少しばかりの照れを持って――笑った。
 妻が笑うようになったのはいつの日だったか。ふと、レェブン候はかつてを思い出す。


 レェブン候は今よりも若かった頃、才覚に溢れる者が持つだろう野望を抱いていた時期があった。その野望とは王位。
 王位略奪という不敬なる夢だ。
 若く才覚に自信を持っていたレェブン候は、これほど自らの生涯の目標として、相応しいものは無いだろうと思ったのだ。そしてそれに向かって黙々と行動を開始した。勢力を増大し、富を集め、コネを増やし、政敵を蹴落とし――。
 妻を迎えたのだってその一環にしか過ぎない。妻なんか、婚姻関係というものが高く売れるなら誰だろうと構わなかったのだ。どのような女が来ようとも問題は無かった。結局、美人ではあるが薄暗い女が来たのだが、レェブン候が問題としていたのは、女の実家とのコネのほうだったのだから。
 夫婦生活は普通であった。
 いや、普通というのはレェブン候の勝手なイメージである。目の前の妻と結婚した時にも、1つの道具として充分に気を払ってはいたが、愛というものは一切無かったのだから。

 そんなレェブン候が変わったのはたった1つの出来事。

 レェブン候の目が自らの膝元に来た、我が子へと移る。

 最初、わが子が生まれたと知ったとき、道具が1つ増えた程度のものしか感じなかった。しかし、この生まれたばかりの子が自らの指を握った時。レェブン候の何かが壊れたのだ。
 ぶにゃぶにゃとした人というよりは猿にも似たわが子。決して可愛いとかそんな感情が生まれたのではない。その指に伝わるほのかな暖かさ。それを感じた時に、なんというか馬鹿馬鹿しくなったのだ。 
 王位略奪なんてゴミのように感じたのだ。
 野望に燃えた男は、いつの間にか死んでしまったのだ。
 そして出産後の妻に礼を言ったときの、彼女の表情は今なおレェブン候の中では――決して口には出さないが――大爆笑のネタである。あの誰こいつという表情は。


 無論最初のうちは跡取りを産んだことに対する一時的な変化にしか、レェブン候の妻は思っていなかった。しかし、それからのレェブン候の異常なまでの変化は、本当に狂ったかとまで彼女に思わせたのだ。
 しかしながら、今までの夫と変化した後の夫。どちらが良いかといわれれば、妻である身としては後者を選んだだろう。ちょっと時折扱いに困ることがあるが。

 膝によじ登ろうとしていた自らの子供を、レェブン候は両手で持ち上げる。
 子供は楽しげな笑い声を上げ、レェブン候の膝の上に収まった。服越しに子供特有の高い体温が伝わる。

 今のレェブン候の目的はたった1つ。
『我が子に完璧な状態で自らの領地を譲る』。そんな父親としてありがちなものへと変わったのだ。
 レェブン候は膝の上に乗せた、我が子を優しく見つめると、問いかけた。

「どうしたんでちゅか? リーたん? ちゅっちゅ」

 これが唇を尖らせてちゅっちゅとか言っている大貴族の姿である。
 それを見て子供がきゃっきゃと笑い声を上げた。

「――あなた。赤ちゃん言葉を使うのは、子供の言語能力を高めるのによくはありません」
「下らん。お前の言っている事は根拠の無い噂でしかない」

 とは言いながらも、自らの子供の教育に悪いのはいかんとレェブン候は内心で思う。
 自らの子供ならば、確実に才能は持っているはず、いや持っていなくても全然構わないのだが、親がそれを伸ばしてやるのは当然。親が子供に悪影響を与えるのは不味いだろう、と。
 しかし愛情込めた言い方だけは譲れない。

「ねぇ、リーたん? どうしたのかな?」

 僅かに困ったような表情をする妻を視界の外に追い出し、重ねてレェブン候は問いかける。

「えへへへ、えっとね」

 内緒話をするように、自らの子供が口に紅葉のような手を当てる。その姿を見て、デレっとレェブン候の目尻が緩んだ。
 王国の6大貴族の1人と言われた男のものとは思えないものがあった。

「なんだろ? パパに教えてくれるんですか? うわー、なんだろう?」
「きょうのおしょくじがね」
「うんうん!」
「ぱぱのすきなものなんだよ」
「うわー! パパうれしいなぁ~! ……何が夜に出るんだ?」
「はい。ガブラ魚のムニエルです」
「そうか。――どうしたんですか?! リーたん?!」

 レェブン候はぶすっとした顔のわが子に気づき、慌てて尋ねる。

「ぼくがおしえたかったの!」

 レェブン候の後ろに雷光が走ったようだった。そんな驚愕の表情を浮かべる。

「そうでちゅ……んん。そうだね~、パパが悪かったね、ごめんねリーたん。……何故、教えるんだ」

 眉を顰めたレェブン候の視線を受け、妻は処置無しと顔を手で覆う。

「リーたん。じゃぁパパに教えてくれるかなぁ?」

 ぷんと機嫌を損ねた子供はそっぽを向く。それに対して、レェブン候は激しくショックを受けた表情をした。今にも死を選びそうなそんな絶望に満ち満ちた表情を。

「ごめんね、リーたん。パパ、ばかだからわすれちゃったよー。だからね、おしえて?」

 チラチラッとレェブン候を伺う我が子にもう一押しと判断。

「パパにおしえてくれないの? パパないちゃうかも」
「えー。えっとね、パパの好きなお魚さん」
「そっか! パパ。うれしいなぁ!」

 レェブン候は自らの子供のピンク色の頬に、キスを繰り返す。それがくすぐったいのか、子供は無邪気な笑い声を上げた。

「よーし。じゃぁ、おしょくじにしようか!」
「――まだ調理は終わってないようです」
「……そうか」

 盛り上がった気分に水をぶっ掛けられて、レェブン候は不満げな表情をする。調理人に急ぐように言うのは簡単だが、ちゃんとした準備や手順、そして決まった時間で動いているのだ。我が侭でそのリズムを狂わせれば、調理人のベストの料理が作られないだろう。
 だからこそ、レェブン候は不満に思いながらも、命令をしたりはしない。我が子にはいつでも最も美味しいものを食べさせてやりたいから。

「さぁ、お父様はお仕事の最中です。行きますよ」
「はーい」

 元気良く声を上げる自らの子供に、レェブン候は寂しさを隠しきれない。

「待ちなさい。仕事はもう終わりだ」
「本当ですか?」
「うむ。安心しろ、仕事の方は本当にもう終わっている」
「……本当ですか? 明日に回せるからとか考えられてませんか?」
「…………」

 じっと妻に白い目で見つめられながらも、レェブン候は膝の上の我が子を下ろそうとはしない。それどころか、ぎゅっと抱きしめる有様だ。

「……もともと手は行き詰ったところだ。今急いで何かをしなくてはならないということもない」

 これは言い訳ではない。
 アインズ・ウール・ゴウンの件だって、数日は空き時間があるし、王と話し合わなくてはならないこともあるだろう。そう考えれば即座にレェブン候は動かなくてはならない、早急な案件は現在はない。
 それを見て取ったのか。妻は数度頷いた。

「畏まりました。しかし……大変そうですね」
「全くだ。もう少し、こう、動くのではなく、共に考えてくれる人物がいると嬉しいのだがな」
「私の弟では?」
「彼は君の実家の方の領内で手一杯だろう? こちらに来て仕事を押し付けるわけにいかんよ。他に君の知っている者で任せられるものはいないかね?」

 数度繰り返した質問を妻にし、そして同じ答えが返ってくる。レェブン候と同レベルで仕事をこなせる者はいないという。
 膝の上に乗せた子供が、そんなレェブン候に良いアイデアがあると口を開く。

「パパ、ぼくがね。パパのおしごといっしょにがんばる」
「うわー。リーたんありがとう! もう大好き!」

 何度も繰り返し、レェブン候は可愛いことをいう我が子の頬にキスをする。
 そんな至福のときにあっても、本当に誰かいないものか。そんな思いを消すことは出来なかったが。




 この数日後、ラナーという人物と深い協力関係を持つことになるのだが、それはまた後の話である。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ