挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
オーバーロード:前編 作者:丸山くがね
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

77/98

外伝:皆もおいでよ『デミウルゴス牧場』


 ローブル王国。
 リ・エスティーゼ王国の南西方角にある国であり、領土的には半分ほどの王国である。位置的な面ではスレイン法国に近いともいえるが、法国との貿易関係はほぼ途絶えている。というのもスレイン法国とローブル王国の間にある、ローブル王国全土を上回る広大な丘陵地帯――アベリオン丘陵と大森林――エイヴァーシャー大森林のためである。
 特にその妨げとなっている広大なアベリオン丘陵には多くの――ゴブリンやオークに代表される亜人種が無数の部族を作り、小競り合いを起こす、そんな場所のためだ。
 ローブル王国全土を取り囲むように存在する要塞線は、その亜人種の侵攻を阻止するために作り出されたものだ。しかしながら現在はゴブリンやオークを纏め上げるような存在がいないために、その要塞線が使われることも無いのだが。

 そんな広大なアベリオン丘陵には無数の亜人種の部族がある。そんな亜人たち――特にオークたちの住居となるのは天幕だ。これはオークたちが一箇所に落ち着いて生活する種族ではないことを証明するものである。

 曲がり牙<クルックド・タスク>部族に属する天幕の1つ。
 どの部族を見渡してもこれほど大きなものは無いだろう。おおよそ高さ10メートルにもなるそれは、支柱に持ち運びが困難なほど大きな木を使っている。
 そして同じクルックド・タスク部族の他の天幕にこれほど立派なものは無い。逆にみすぼらしいほどだ。
 その天幕は誰かが持ち込んだもの。即座にそう判断できる作りのよさである。

 そんな天幕の中央。そこにはイスがあった。
 白い骨を無数に付けて、イスの形を無理矢理取ったようなものだ。しかしながらその使用目的は一目瞭然である。どれほどの骨を集めて作り出したか分からないほどの巨大さ――およそ背もたれの部分で6メートルは超えていよう。そして無数に並べられる頭蓋骨の、空虚な眼窟のおぞましさ。
 それは――玉座である。

 しかしながらそれほどおぞましい一品でありながら、どのような芸術家が作り上げたのか。見る者の心に美しさを感じさせるものがあった。遠くから見れば、装飾の施された純白の玉座が瞳には映っただろう。

 そんな玉座だが、そこに座るものは誰もいない。まるで本来ならそこに座るものがいるのに、席を離れているために開けられている――そんな感じだ。
 ただし、その玉座の横に立つものはいる。

 ハンサム――その言葉こそが、そこに立つ彼の顔立ちを指し示すのに最も適した言葉だ。
 かすかにつり上がった眼が多少減点かもしれないが、すらっと伸びた鼻梁、色が薄くなったような薄い唇。そしてそこに浮かんだ柔らかな親しみを込めた微笑が、見る者に安心感を与える。

 非常に人に似通った容姿だが、決定的に人間と違うことがある。
 それは身長は2メートルほどもあり、肌は光沢のある赤。こめかみの辺りから鋭い、ヤギを思わせる角が頭頂部に向けて伸びており、背中から生えた漆黒の巨大な翼が彼が人ではないことを表していた。

 そしてそんな彼の前に複数の影が跪いていた。それはオークのものではない。
 悪魔。
 それがそこに立つものたちを端的に述べた言葉だろう。

「さて、定例会を始めようか」

 非常に優しげな言葉。心の奥底まで滑り込むような柔らかく、聞き心地の良い深みのある声が響く。
 そして彼はまるで誰かが座っているかのように玉座に一礼。それにあわせ跪く影達も深く、非常に丁寧に頭を下げる。まるで頭の下げ方が足りなければ何事かが起こると思っているような、非常に丁寧なものだ。

「まずはトーチャー」
「はい、デミウルゴス様」

 彼――デミウルゴスの声に反応したのは影の1つである。それは体にぴったりとした黒い皮の前掛けをした悪魔だ。全身は白というよりも乳白色。そしてそんな色の皮膚を――仮に紫色の血が流れているとするなら――血管が全身を張りめぐっているのが浮かび上がっている。
 頭部は黒い皮の、顔に一部の隙もなくぴったりとしたマスクをしており、眼は見えるのか、そしてどこから呼吸をしているのか、また声はどこから出しているのか不明だ。そして非常に腕が長い。立てば身長は2メートルはあるだろうが、腕は伸ばせば膝は超えるだろう。
 腰にはベルトをしておりそこには今だ血に濡れた、無数の作業道具が並んでいる。
 そんな悪魔こそ、トーチャーである。

「羊皮紙は順調に集まっております」
「素晴らしい」

 優しくデミウルゴスは手を広げる。

「トーチャーの集めている羊皮紙は非常に素晴らしい。アインズ様もお喜びだよ」
「ありがとうございます」
「羊たちは元気かね?」
「はい。剥ぎ取ると同時にすぐに治癒の魔法をかけますので、次の日には再び剥ぎ取れるようになっております」

 トーチャーは役目柄、簡単な治癒魔法をかけることができる悪魔である。そう、簡単に死なせないために。

「そうかね。羊たちの泣き声は心地良いからしばらく聞いていたいものなのだがね」
「ならばしばらく治癒の魔法をかけないで放置しておきますか?」
「いやいや、やめておこう。幼いほうがより良い羊皮紙が取れるのだ。幼いと即座に治癒魔法をかけないと死んでしまうかもしれないからね」
「畏まりました」
「そうだとも、博愛というものはとても大切なものだ。羊たちも大切にしてあげないとね」
「はっ」

 頭を下げたトーチャーからデミウルゴスは視線を動かす。次に話を聞きたい悪魔は――と視線を動かしたとき、1人の悪魔が頭を上げ、デミウルゴスに何かを問いたげな表情を浮かべているのに気づく。
 それに対し、許可するようにデミウルゴスは頷いた。

「……羊皮紙の件ですが、アインズ様には知らせないのでよろしいのですか?」

 その悪魔はアインズに『アベリオンタール』と羊の種類を教えた女悪魔だ。
 無論、羊の名前はそう伝えるようにデミウルゴスの命令を受けてやったことだが、あとで勝手にやったと切り捨てられるのは恐ろしいという感情が口を開かせる。

「気にすることは無いんだよ? アインズ様は代用品となる羊皮紙を得ることを重視してらっしゃった。事実、消費アイテムの代用品の発見は本当に重要な問題だ」

 天幕内の片隅に置かれたなめされたばかりの幾枚もの羊皮紙に、楽しげな視線をデミウルゴスは送る。あれは羊の親に協力させて剥がせたものだ。あのときの表情を思い出すだけで笑顔がこぼれそうになる。

「アインズ様は意外につまらない生き物にも慈悲を向けるだけの寛大さを持つ方だが、本当に何が重要なのかも理解される方だ。必ず黙認されるだろう。しかし気分はよろしくないだろうという判断で、偽りを述べたに過ぎない。君が心配する必要は無いとも」

 それからデミウルゴスは自らの前で頭をたれる全ての悪魔を見下ろし、言葉を告げた。

「ナザリック大地下墳墓――ひいてはアインズ・ウール・ゴウン様は至高の聖域たる存在。そのお方がスクロールの在庫が無い。そんなつまらない不安を持たなくてはいけないなんて、部下からすれば非常に悲しいことではないかね?」
「――そう。もし仮に他の生き物からそれに匹敵するだけの羊皮紙が取れるようなら、今の牧場はやめればいいのだよ? まぁ、その場合は廃棄処分が妥当だと思うがね。そうそう。主人が本当に何を欲していらっしゃるか。それを考え、行動するのが最も賢いシモベだ。わかったかね?」
「畏まりました」

 女悪魔が代表し、皆の意見を述べる。それに満足したようにデミウルゴスは優しく頷いた。

「さて、次はサキュバス。君だ。どんな良い話を聞かせてくれるのか楽しみだよ」
「――はい」

 声を上げたのは人間にも似た女性だ。
 背中から伸びた巨大な黒い翼に包まれた、肉感的な肉体はほぼ全裸であり、ちっぽけな金属板が重要な箇所を隠している。妖艶な美というものがその顔立ちや体躯から匂い出し、空気をピンク色に染めているようだった。
 しかしながら非常に美しいだろう表情は、緊張のあまりに凍りついたように動かない。

「順調に異種交配実験は進んでいます。ですが、残念ながら直ぐには結果は出ない実験ですので、いま少しお時間をいただければと」
「無論だとも。いくらでも時間は上げようとも。新たなる生命の誕生は喜ばしいことだ。それを追及する行為もまた神聖だ」

 まさに神官が自らの信じる神の教えを述べるような、慈悲と博愛のようなものに満ち満ちた表情を浮かべるデミウルゴス。
 安堵したようなサキュバスに声が掛かる。

「しかし――上手くいってないという噂を聞いたのだがね?」
「――!」

 サキュバスの肩がこわばり、全身が瘧が起こったように震えだす。サキュバスの横に控えた他の種類の悪魔が、微妙な動きを持って少しづつ離れようとする。これから起こるかもしれない何かを恐れて。

「どうかね、サキュバス。順調に進んでいるのかな?」
「は! じゅ、順調とは言い切れないものが……」
「うん、いけない子だ。そうだ、私の像に愛を捧げてみるかね?」

 デミウルゴスは微笑む。本当に優しい笑顔だ。そして一歩だけ足を、サキュバスに向かって進める。今だ、サキュバスとの距離はかなり離れている。しかしながらあと一歩で目の前に到達するような雰囲気が醸し出していた。
 前任者の行き着いた先を知っているサキュバスは必死に言葉をつむぐ。

「オ、オークたちの協力が上手く行きませんので! ですが、魅了の魔法をかけることによって無理矢理に進めています! デミウルゴス様の要望に答えられるような結果は必ず出るかと!」
「美的センスというのは種族によって違うからね」

 オークやゴブリン等の美的センスは人間のものと大きく違う。オークからすれば人間の美人は、醜悪極まりない存在だ。そのために異種交配というのはゲテモノの類になる。
 だからこそ、デミウルゴスは楽しいのだが。
 デミウルゴスの喜びは苦痛で上がる悲鳴だ。精神的な苦痛よりは、単純な肉体の苦痛で上がる方が好きだ。だからといって精神的なもので上がるものも嫌いではない。

「ならば、人間の方にかければ良いのではないかい?」
「は、はい、現在、一応、父親になる側にかけております」
「それだけ聞くと順調のように聞こえるのだがね?」
「……人間側が精神的に脆く。自傷行為に出たり等、色々と問題になりまして……」

 自傷行為どころか自殺するものもいないわけではない。そして残念ながら蘇生の魔法を使える存在は悪魔ではいない。そのために数が減ってしまう結果になってしまう。
 それを避けるにはナザリックの協力を得なければならないだろうが、難しいだろう。

「そのため、常時魔法によって知力を下げてしまう方が良いかと」
「……私は魅了から覚めた人間が上げる悲鳴はとても好きだよ?」
「畏まりました」

 ならば夜の監視も強める必要がある。サキュバスはそう判断する。しかしどのように考えても、与えられた部下でなんとかやりくりしようとすると、どこかで破綻が生じてしまう。
 サキュバスは覚悟を決めてデミウルゴスに口を開く。

「今の状態ですと、少々厳しいものがあります。ですので部下を増やしていただければと思います」

 緊迫した空気が天幕に満ち、デミウルゴスの笑顔が強まる。サキュバスはぞっとした顔でデミウルゴスの顔を凝視した。
 デミウルゴスは常時笑顔だ。そしてえげつないことを口にするときほど、その笑顔は強まる。

「……なるほど。まぁ、面白くなれば構わないとも。了解したよ、サキュバス。君の部下を増やそう」

 微笑むデミウルゴス。
 だからこそ怖いのだ。
 命が助かったサキュバスは額に浮かんだ脂汗を手でぬぐう。

「そうそう。この前捕まえたミノタウルスとか面白そうだと思うがね」
「はい! 素晴らしい考えかと。時機を見て計画に取り込んでみようと思っております」

 満足したようにデミウルゴスは微笑んだ。

「アインズ様には感謝をしなくては。ナザリックではこんな楽しいことはできないからね。ローブル王国にピクニックに行くときが楽しみだよ。死んでしまった羊の替えも必要だしね」デミウルゴスは微笑んだ「自分の作った牧場が大きくなっていくというのは本当に嬉しいことだね」

 そして玉座に誰かが座るように、綺麗で深い礼をする。それは王に仕える貴族のような、品の良いものだった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ